テレワーク時代のオフィス改革 ~行動科学で再定義するオフィス空間の創り方~ 講演収録動画を翔栄クリエイトのウェブサイトにて11月30日(月)まで限定公開!

時代ごとに変化するニーズを本質から理解し、それに応える事業を多角的に展開する株式会社翔栄クリエイト(本社:東京都新宿区 代表取締役:宇佐神 慎 以下、当社)は、「テレワーク時代のオフィス改革~行動科学で再定義するオフィス空間の創り方~」の講演動画を当社のウェブサイトにて、11月30日(月)まで限定公開いたします。本動画は当社が企画協力した、東洋経済新報社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:駒橋憲一)が2020年10月20日(木)に主催したオンラインセミナーを収録したもので、当社のビジネスクリエイション事業部 事業部長 河口 英二氏が登壇いたしました。

            ページURL:https://syouei.net/seminar/sem-toyokeizai.html

■本動画の内容
新型コロナウィルスによる影響が長期化する中、企業の多くはテレワークを導入、もしくは導入を検討している一方で、オフィスのあり方が問われています。本動画では、テレワーク時代のオフィスがどうあるべきか、また企業の成長にオフィスがどのような役割を果たしていくことができるか、行動経済学の視点と事例を交えつつ、具体的な課題解決方法についてご紹介していきます。

基調講演では、河口氏が空間を使って社員に意識・無意識に影響を与え、企業が業績を上げられるような「空間」づくりを、行動科学に基づいて、オフィスの専門家の視点よりお話ししています。オフィスの存在意義が問われている一方で、社員同士が情報や行動を共有する意味でオフィスの重要性が高まっていくことが考えられる中で、オフィス空間の作り方についてご紹介します。

続くパネルディスカッションでは、基調講演の内容を受け、「テレワーク時代のオフィス空間の創り方」について、行動経済学の第一人者である、「元明治大学教授 友野典男氏」、企業経営者の視点から「株式会社リクルートエグゼクティブエージェント代表取締役社長 波戸内啓介氏」も加わり、3名で議論いたします。基調講演の内容を受け、行動経済学の見地での解説や、経営者として共感頂いた点など、それぞれの視点からの議論に注目です。
 

■ご視聴いただいた方対象のアンケート結果
第1部の基調講演「テレワーク時代に求められるオフィスのあり方とは」をご覧になった感想をお聞かせください。

n116名
※ 10月20日に開催された東洋経済オンラインが主催した無料オンラインセミナー参加者の内、アンケート回答者の集計データ

■動画概要


配信期間   :2020年11月30日(月)まで
動画構成   :基調講演(50分)
        パネルディスカッション(43分)
主催     :東洋経済新報社
企画協力   :株式会社翔栄クリエイト


※本動画は、10月20日(木)に東洋経済オンラインにて配信されたオンラインセミナーの収録動画になります。

■動画視聴方法
視聴方法  :下記のURLにアクセスいただき、視聴申し込みフォームの必要事項(会社名、部署、役職など)をご
      入力ください。入力内容を送信後、動画視聴用のURLをご登録いただきましたメールアドレス宛にお
      送り致します。
                 ※協力企業の競合企業の方のご視聴はお断りする場合がございます、あらかじめご了承ください。
URL   :https://syouei.net/seminar/sem-toyokeizai.html

当日ご視聴いただけなかった方は、ぜひこの機会に見逃し配信をご活用ください。

■講演者プロフィール


株式会社翔栄クリエイト
執行役員 ビジネスクリエイション事業部 事業部長 河口 英二 氏

「行動科学に基づく空間創り」を行うビジネスクリエイション事業部の事業部長として、自身もプロジェクトに携わり、多数企業の業績向上支援となる空間を手がける。
数々のセミナーにも登壇。講演数は400回を超える。
 


株式会社 リクルートエグゼクティブエージェント
代表取締役社長 波戸内 啓介 氏

1989年リクルート入社。数々の営業記録を残し、2006年にリクルート関西支社長に就任。2010年には『R25』を発行するメディア・シェイカーズ代表取締役に就任。2011年リクルートエグゼクティブエージェント代表取締役社長に就任、現職。

 

元明治大学情報コミュニケーション学部
教授 友野 典男 氏

早稲田大学商学部卒,同大学院経済学研究科修了。
明治大学情報コミュニケーション学部教授を経て,現在,同大学院情報コミュニケーション研究科講師。専門は行動経済学。主要著訳書『行動経済学-経済は『感情』で動いている」(光文社),『感情と勘定の経済学』(潮出版社),『ダニエル・カーネマン心理と経済を語る』(楽工社)。

■翔栄クリエイト ビジネスクリエイション事業について
「空間」を活用することで、企業の業績向上を「お手伝い」しています。

翔栄クリエイトの空間デザインは「働く空間において、社員一人ひとりの意識・無意識に影響を与えることで企業の業績向上を目指す」ことをミッションとしています。
我々はオフィス・商業施設・学校などのあらゆる「働く場」をつくるにあたって、経営者の想いや経営方針・経営課題を徹底的にお聞きして、社員や組織に求める「働く空間」の役割を把握します。そしてその課題解決や目標達成のために、社員一人ひとりの行動を変え、社風(会社)を変え、業績向上につなげる、このステップを逆算して「働くための空間のデザイン」を提案しております。経営者が理想とする会社が見えているのに実現できず、機会損失を招いている企業が多い中、行動経済学、心理学、脳科学の専門家の見地からも理にかない”人の行動”を大切に考えた、経営者の理想に近づけるための空間ソリューションを提供しております。

【会社概要】
会社:株式会社翔栄クリエイト
代表:代表取締役 宇佐神 慎(うさみ まこと)
本社:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-8-1 新宿ビルディング1階
URL:https://syouei-corp.net/
TEL:03-6894-2211
設立:1997年8月
事業:○環境を守るための事業(クリーンエネルギー事業部)
   ・クリーンエネルギー事業:地球温暖化を防ぐ再生可能エネルギーの設計・施工
   ・建築設備工事事業:異常気象に対応可能な建築設備設計・施工
   ・海外事業:クリーンエネルギーの海外展開
   ○健康を保つための事業(ライフクリエイション事業部)
     ・アグリ事業:固定種、在来種、無農薬・無化学肥料の自然栽培農業
   ・ビセットプラザ事業:安心安全にこだわった食の知識と情報発信、店舗運営
   ・ビセットフィット事業:食事×運動のパーソナルジム「Be-set fit」の運営
   ・ウエルネス事業:水素関連製品および災害対策製品の企画・開発・販売
   ・デンタル事業:3Dデジタル見えないワイヤー矯正システム「ビセットライン」
   ○経済を支えるための事業(ビジネスクリエイション事業部)
     ・クリエイティブ事業:業績を上げるオフィスデザイン・施工
   ・ブランディング事業:IT導入補助金を活用したWebビジネス促進支援・Web研修「Web担」

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社翔栄クリエイト >
  3. テレワーク時代のオフィス改革 ~行動科学で再定義するオフィス空間の創り方~ 講演収録動画を翔栄クリエイトのウェブサイトにて11月30日(月)まで限定公開!