現代美術館「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」の新館が7月1日(金)グランドオープン!

草間彌生、宮島達男、森万里子、村上隆、奈良美智、名和晃平、杉本博司ら日本を代表する現代アートを展示‼

NHN JAPAN株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:安 賢植、以下NHN JAPAN)は、2017年大分県由布市湯布院町に開館した現代美術館「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」の新館を2022年7月1日(金)にグランドオープンします。

展示エリアを約2倍に拡大し、新しい作家・作品を迎え、日本を代表する現代アーティスト草間彌生、宮島達男、森万里子、村上隆、奈良美智、名和晃平、杉本博司らの作品を展示します。より多くの現代アート作品を空間ごと楽しんでいただける規模の大きな美術館として「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」は生まれ変わります。


拡大エリアの建築は、本館と同じく東京オリンピックのメインスタジアムとなった国立競技場の設計でも知られる隈研吾が担当。黒を基調とした外観、豊かな自然を映す水を取り込んだ設計は増築箇所にも生かされています。

外壁を大きく逆勾配とすることで、空へと伸びていく建物の先端は敷地により多くの空間を生み出す外壁を大きく逆勾配とすることで、空へと伸びていく建物の先端は敷地により多くの空間を生み出す

1階にはギャラリーが3室、2階オープンギャラリーには野外展示が2作品追加されます。新たな展示に名を連ねるのは、草間彌生、宮島達男、森万里子、名和晃平といった日本の現代アート界の最先端で活躍する面々です。さらに、村上隆、杉本博司作品は一部展示替えを行い、リピーターのお客様にも新たな楽しみをご提供します。

建物の隅々まで視線を這わせると、光や水、風を取り込んだ建築を感じられる建物の隅々まで視線を這わせると、光や水、風を取り込んだ建築を感じられる


「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」本館は、開館当時から大分県内で初の隈研吾建築として注目を集め、由布院の集落に溶け込む「ムラ」というコンセプトのもとに、黒を基調としながらも木の質感を感じる焼杉の外壁が自然と調和すると共に確かな存在感を醸し出しています。美術館の顔となるロゴデザインは、隈研吾とのタッグも多く、無印良品のアートディレクションなどで知られる原研哉が担当しました。

©Satoshi Ikuma 焼杉を使った外壁が建物自体に立体感を生み出している©Satoshi Ikuma 焼杉を使った外壁が建物自体に立体感を生み出している

本館1階の既存ギャラリー内、水盤を隔てガラス越しに向かい合う2室に草間彌生の「かぼちゃ」や「インフィニティ・ネット」など20数作品に及ぶ平面作品を展示します。眼前に由布岳を望む2階のオープンギャラリーには奈良美智の「Your Dog」に加え、森万里子、名和晃平の立体作品を展示します。

新館1階に展示する宮島達男の立体作品と併せて本館2階のオープンギャラリーの3つの立体作品は、由布院という様々な人が訪れ賑わいを持ちながらも自然豊かな土地に合わせ制作されました。豊かな自然の中で作品と向き合う時間は、ここでしか味わえない特別な体験を生み出します。

 

上・本館1階 水盤越しに向かい合う2つのギャラリー(2017年撮影)/下・2階 オープンギャラリー(2019年撮影)              下は© Yoshitomo Nara 2017上・本館1階 水盤越しに向かい合う2つのギャラリー(2017年撮影)/下・2階 オープンギャラリー(2019年撮影)              下は© Yoshitomo Nara 2017

 


■簡易宿所「COMICO ART HOUSE YUFUIN」について


2021年10月にオープンした美術館に隣接する簡易宿所「COMICO ART HOUSE YUFUIN」は、1棟貸しで露天風呂、庭付きのプライベート別邸として、温泉地・由布院を訪れる皆様に特別な時間と癒しを提供しています。

土棟(定員4名様)、竹棟(定員2名様)それぞれ1棟貸し、露天風呂、庭付き土棟(定員4名様)、竹棟(定員2名様)それぞれ1棟貸し、露天風呂、庭付き

一新した「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」は、初めて訪れる方にも、リピーターの方にも今まで以上の感動を味わっていただけるような美術館を目指します。湯布院という小さいながらも他にはない魅力を持った温泉保養地で、豊かな自然と共にアートとゆっくり向き合う時間を過ごしていただけます。

■「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」について

NHNグループの中核となる事業の一つであるエンターテインメント・プラットフォームの「comico」では、スマートフォンに最適化したオンラインコミックを提供しています。「comico」から人気作家が数多く誕生しているように、NHN JAPANは、人と人をつなぎ、芸術を生み出すクリエイターを創出してきました。
また、この「ゆふいん」という土地は、「由布院」と「湯布院」ふたつの漢字表記を持っています。

「由布岳」に象徴されるように、元来この土地は「由布」という名前を持っていました。のちに市町村合併により湯平町と統合し、その漢字を一字取って「湯布院」と名付けられました。そのような歴史から「由布院」と「湯布院」のふたつの名前が混在しているのです。

当館では、元々の「ゆふ」という場所に「入る(IN)」という意味も込め「YUFUIN」と、あえてローマ字表記での美術館名としました。小さな町の名前ひとつにもこのような歴史があります。当館がその歴史の系譜に加われることに感謝し、ゆふいんの魅力の一翼を担えることを喜ばしく思います。

 NHN JAPANが提唱している「豊かな社会の実現に向けた取り組み」の一環として生まれた「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」が、芸術を生み出すクリエイターにとってはコミュニケーションのプラットフォームとして、訪れる方々にとっては高水準の芸術を共有できる文化の場になることを目指します。

上・由布岳の麓を覆う朝霧  下・ギャラリー間は四季を感じる外廊を通って移動する上・由布岳の麓を覆う朝霧  下・ギャラリー間は四季を感じる外廊を通って移動する

■建築概要

施設:美術館
敷地面積:2386.44㎡  建築面積:1181.78㎡  延床面積:1378.38㎡
構造:鉄骨一部RC造 2階建て

設計・監理  株式会社隈研吾建築都市設計事務所
施工 (一期工事)株式会社佐伯建設   (二期工事)森田建設株式会社

■建築家

隈 研吾(くま けんご)

1954年生まれ。建築家、隈研吾建築都市設計事務所主宰、東京大学特別教授・名誉教授。
「国立競技場」、パリ「サン・ドニ駅」、「V&A ミュージアム ダンディー」など、国内外での大規模プロジェクトに携わる。おもな近作にローザンヌ「スイス連邦工科大学」、「中国美術学院杭州民芸博物館」、「角川武蔵野ミュージアム」、「早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)」など。
主な受賞歴は、全米建築家協会ベネディクタス賞、日本建築学会賞、村野賞、仏エネルギー・パフォーマンス建築賞。

■ロゴデザイン

原 研哉(はら けんや)

1958年生まれ。デザイナー。日本デザインセンター代表取締役社長。武蔵野美術大学教授。デザインを社会に蓄えられた普遍的な知恵ととらえ、コミュニケーションを基軸とした多様なデザイン計画の立案と実践を行っている。2002年より無印良品のアートディレクターを務める他、松屋銀座、蔦屋書店、GINZA SIX、MIKIMOTO、ヤマト運輸のVIデザインなど活動の領域は多岐に渡る。2019年にはウェブサイト「低空飛行」を立ち上げ、個人の視点から高解像度な日本紹介を開始。観光分野に新たなアプローチを試みている。

© Mitsumasa Fujitsuka 焼杉の壁にレイアウトされたエントランスロゴ© Mitsumasa Fujitsuka 焼杉の壁にレイアウトされたエントランスロゴ

■展示アーティスト

草間 彌生(くさま やよい)

1929年長野県生まれ。
幼少期より絵を描き始め、1957年渡米。ニューヨークで1973年まで制作活動を続ける。絵画だけに留まらず、ソフトスカルプチャー、環境彫刻の他、ボディ・ペインティングや演劇的なパフォーマンスを行う「ハプニング」を多数発表。愛と平和を訴えながら生み出される独創的な作品たちは多くの人を魅了している。世界で最も人気のあるアーティスト(イギリス『The Art Newspaper』紙/2014)、世界で最も影響力がある100人(アメリカ『TIME』誌/2016)に選ばれた。主な受賞歴は、朝日賞(2001)、文化功労者(2009)、文化勲章(2016)。2017年には「草間彌生美術館」(東京都)が開館した。

 

 

©YAYOI KUSAMA      画像転載不可©YAYOI KUSAMA      画像転載不可

Yayoi Kusama
Pumpkin[TOTW] , 2003
アクリル絵具、キャンバス91 × 116.7cm

宮島 達男(みやじま たつお)

1957年東京都生まれ。東北芸術工科大学副学長、京都芸術大学副学長を歴任。
「それは変化し続ける」「それはあらゆるものと関係を結ぶ」「それは永遠に続く」というコンセプトに基づき、1980年代半ばからLEDを用いて1から9までの数字が変化するデジタルカウンターを使ったインスタレーションや立体作品を中心に制作を行う。ヴェネツィア国際ビエンナーレ(1988)でのデジタルナンバーを使った作品で国際的な注目を集め、それ以来30か国250か所以上で作品を発表。主な受賞歴は、ジュネーブ大学コンペティション優勝(1997)、第5回日本現代美術振興賞(1998)、ロンドン芸術大学から名誉博士号授与(1998)、文部科学大臣芸術奨励賞(2020)。

Tatsuo Miyajima
Time Waterfall - panel #C , 2020
コンピューターグラフィック、LEDディスプレイ320.0 x 61.0cm

森 万里子(もり まりこ)

1967年東京都生まれ。
1990年代半ばより国際的に注目され世界各国の国際展に参加し、美術館での個展も多数開催。
主な個展に、入場者数50万人を記録し当年の展覧会入場者数で世界1位となった「Oneness」(ブラジル/CCBB/2011)、「Rebirth」(イギリス/ロイヤルアカデミー/2012)など。
近年は屋外への作品設置プロジェクトも手掛けており、「サンピラー」(沖縄県宮古島/2010)やリオオリンピックの公式文化プログラムの一つとして設置された「Ring: One with Nature(リング: 自然とひとつに)」(ブラジル リオデジャネイロ/2016)などがある。主な受賞歴は、第47回ヴェネツィア・ビエンナーレ優秀賞(1997)、第8回日本現代藝術奨励賞(2001)の他、ロンドン芸術大学より名誉フェロー授与(2014)。

Mariko Mori
Eternal I , 2019-2021
Aluminum, paint, and lacquer
399 x 323 x 362 cm

村上 隆(むらかみ たかし)

1962年東京都生まれ。有限会社カイカイキキ代表。
日本の伝統絵画と現代美術の起源をアニメ・マンガの視覚論を通して再構想する「スーパーフラット」論を提唱。Miss Ko²やDOB君など、おたく文化を反映したキャラクターを多く生み出し、低俗性の高い彫刻作品と西洋絵画にみられる透視図を対極とした超二次元的な絵画を発表している。
初の回顧展「©MURAKAMI」(2007-2009)は欧米4都市を巡回。その後も国内に留まらず世界中で個展を開催している。自身が企画した「スーパーフラット三部作」の最終章「リトルボーイ」展(ニューヨーク/2005)は、全米批評家連盟によるベストキュレーション賞に輝いた他、主な受賞歴は、ベスト展覧会(ニューヨークAICA/2006)、芸術選奨文部科学大臣賞(2016)。

Takashi Murakami
Kawaii! Vacances d’été: Above Us, the Azure Sky , 2016アクリル絵具、キャンバス、アルミニウムフレーム     100 × 300cm

奈良 美智(なら よしとも)

1959年青森県生まれ。
革新的な現代美術家で、個人や想像の自由を表現するため、子どもの抵抗や反抗の感情から静寂や平穏に至るまで幅広い感情を表現している。1988年から帰国までの12年間に及ぶドイツでの生活は彼の思考、テーマを明確にした。大衆音楽や幼少期の記憶、最近の出来事など様々なものからインスピレーションを受け、感情、孤独感、反抗心などを再解釈し、自伝的で幅広い文化的感性を注いで表現している。
主な受賞歴は、ニューヨーク国際センター賞受賞(2010)、芸術選奨文部科学大臣賞受賞(2013)。2017年には現代アートスペース「N’s YARD」(栃木県)がオープンした。

Yoshitomo Nara
Your Dog , 2017
塗装アルミニウム
297.2 x 218.4 x 375.9cm

名和 晃平(なわ こうへい)

1975年大阪府生まれ。彫刻家。Sandwich Inc.主宰。京都芸術大学教授。京都を拠点に活動。
2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。感覚に接続するインターフェイスとして彫刻の“表皮”に着目し、セル(細胞・粒)という概念を機軸として「PixCell」(2002~)を発表。彫刻の定義を柔軟に解釈し、鑑賞者に素材の物性がひらかれるような知覚体験を生み出してきた。
近年の主な活動として、彫刻作品「Throne」の特別展示(フランス/ルーヴル美術館/2018)、個展「Trans-figure」(アメリカ/ペース・ギャラリー パロアルト/2018)、個展「TORNSCAPE」(東京都/スカイザバスハウス/2021)がある。その他、ベルギーの振付家/ダンサーのダミアン・ジャレとの協働パフォーマンス作品「VESSEL」(2016~)、「Mist」(2022)、「Planet [wanderer]」(2021~)などがある。

Kohei Nawa
Ether (lava) , 2021
ステンレス、アルミ鋳造
480.0 x 67.0 x 67.0cm

杉本 博司(すぎもと ひろし)

1948年東京都生まれ。
活動分野は、写真、彫刻、インスタレーション、演劇、建築、造園、執筆、料理と多岐に渡る。彼は、歴史と存在の一過性を作品のテーマとしており、それは西洋と東洋との観念の狭間に橋渡しを試みる意図がある。そこでは、時間の性質、人間の知覚、意識の起源といったことが探求される。
2008年に建築設計事務所「新素材研究所」(東京都)、2009年に「公益財団法人小田原文化財団」(神奈川県)を設立。主な受賞歴は、毎日芸術賞(1988)、ハッセルブラッド国際写真賞(2001)、高松宮殿下記念世界文化賞絵画部門(2009)。秋の紫綬褒章(2010)、フランス芸術文化勲章オフィシエ叙勲(2013)、文化功労者(2017)。

Hiroshi Sugimoto
Caribbean Sea,Jamaica , 1980
ゼラチンシルバープリント
152.4 × 182.2cm

■INFORMATION

COMICO ART MUSEUM YUFUIN
URL                  http://camy.oita.jp
Instagram         https://www.instagram.com/comicoartmuseum1022/
開館時間            09:30 ~ 17:30
休館日             隔週水曜日
入館料              
一般                     ¥1700(オンライン予約時 ¥1500)
大学生                  ¥1200(オンライン予約時 ¥1000)
中・高校生            ¥1000(オンライン予約時 ¥800)
小学生                  ¥700(オンライン予約時 ¥500)
障がい者手帳提示 ¥1200(オンライン予約時 ¥1000)
子ども                  無料

※表示料金は全て消費税込です。
※当館は事前予約制です。オンラインでご予約の上ご来館ください。
※施設整備などにより休館日を変更する場合があります。詳細はホームページ内の予約カレンダーをご覧ください。

COMICO ART HOUSE YUFUIN
URL                  https://camy.oita.jp/cahy/
Instagram         https://www.instagram.com/comicoarthouse1022/

〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上2995番1
Tel        0977-76-8166
Fax       0977-76-8167

※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※コピーライト表記のない写真はすべて©NHN JAPAN Corp.
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NHN JAPAN 株式会社 >
  3. 現代美術館「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」の新館が7月1日(金)グランドオープン!