株式会社APTO、AI学習(アノテーション)データ作成支援を展開するアディッシュ株式会社と業務連携開始

クラウド上でデータ収集・登録、AI開発、運用・評価ができる「harBest」シリーズを提供する株式会社APTOとアノテーション支援サービスを提供するアディッシュ株式会社が業務連携を開始

株式会社APTO(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高品良、藤井翔吾、以下「APTO」)は、アディッシュ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:江戸浩樹、証券コード:7093、以下「アディッシュ」)と業務連携しました。APTOが提供するデータ収集・登録、AIモデル開発、運用・評価ができる「harBest」シリーズとアディッシュのアノテーション支援ノウハウを組み合わせることで、品質管理を行いながら素早く効率的にアノテーション作業を行うことが可能となります。

アディッシュ_APTOロゴアディッシュ_APTOロゴ


■業務連携の背景
AI技術の多様化が進み、多様な利用シーンが見られ始めるようになりました。

その中で、AIの教師データとなるアノテーション(データのタグ付け)データ作成は非常に多くの人の介入が必要となるケースが多く、AI開発のコストが上がることでビジネスに大きな影響を与えています。
APTOはサブスクリプションサービスとして品質の自動評価を行いながら複数人で効率的にアノテーション作業が行えるプラットフォーム「harBest for Data」、AI専門家でなくてもAI開発がノーコードで可能なプラットフォーム「harBest for MLOps」、AI導入によるビジネス効果を評価することができる「harBest for Manage」を提供しています。

これらをご利用いただくことで、ビジネスに与えるコストインパクト、品質、速度などの課題を解決いたします。
今回の業務連携で、アディッシュが2020年から開始したアノテーション支援業務で培ったノウハウと人的リソースの有効活用し「harBest」シリーズを用いたアノテーション支援業務を行うことで品質管理を行いながらボリュームのある内容でも素早く効率的にアノテーション支援業務を行なうことが可能になりました。

<製品の概要>
・「harBest for Data」:学習データ収集・作成の大変さを解決する
マンパワーが必要なアノテーション作業の効率化・品質の自動評価を実現することで、学習データ収集・作成の大変さから解放されます。

・「harBest for MLOps」:AI開発の専門スキル不足を解消する
ノーコードでAI開発が可能になるため、AI専門スキルは不要です。AI専門家でなくてもカンタンにAI開発をすることが出来ます。

・「harBest for Manage」:AIビジネス効果を把握出来る
AIビジネスの効果をリアルタイムに可視化出来ます。
AI精度を上げる・ビジネスプロセスを改善するなど、素早く検討できる環境を提供します。

■関連URL
・データ収集・作成、運用・評価まで実現することが可能なプラットフォーム「harBest」シリーズ(URL: https://harbest.io

■株式会社APTOについて
株式会社APTOは、AI開発で苦労する学習データの収集・作成を最適化でき、ノーコードでAI開発・運用、ビジネス評価まで実現することが可能なプラットフォーム「harBest」シリーズを提供しています。
<Mission>
AI活用を誰でも手軽に、より身近に実現できるようにする
<Vision>
ビジネスインパクトのあるAIを誰でも簡単に実現できること

■会社概要
会社名:株式会社APTO
所在地:東京都渋谷区神南1-5-14 三船ビル4F 403号室
設立:2020年1月
業種内容:
・AI構築プラットフォーム提供事業
・AIコンサルティング事業
Webサイト:https://www.apto.co.jp/

会社名:アディッシュ株式会社
所在地:東京都品川区西五反田1-21-8 ヒューリック五反田山手通ビル8階
設立:2014年10月1日
業種内容:戦略的カスタマーサポート、投稿/リスクモニタリング・誹謗中傷対策・アノテーション代行、ネットいじめ対策、チャットボットの開発運用、国内外のSNS運用代行事業
Webサイト:https://www.adish.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. APTO Inc. >
  3. 株式会社APTO、AI学習(アノテーション)データ作成支援を展開するアディッシュ株式会社と業務連携開始