battonの有効レシピ(マクロ)数が2000個を達成!

RPAのbattonで仕事をシェアへ

株式会社batton(所在地:東京都港区、代表取締役社長:川人)のRPAツール『batton』のユーザー拡大に伴い、様々なレシピ(マクロ)が誕生した。
RPAで作成するシナリオやマクロのことはレシピと呼ばれており、その総数が今回2000個に達成したとのこと。
「自部門でRPAを扱えている会社は全体のわずか2割だけ」という事実をご存知だろうか。

ここ数年で流行を見せたRPAだが、実際は…
  • 操作を覚えるのが大変
  • 業務整理をしなくてはならない
  • シナリオをつくらなくてはならない
という理由で、IT部門にその運用が丸投げされたり、ITベンダーに高い金額を支払って中身を作り込んでもらったりすることが多いのだという。
かつて一時的に盛り上がったRPAも幻滅期とされていた(2019年ガートナー調べ)。

しかしその幻滅期の波は底を打ち、現在はまた盛り上がりを見せかけている。

とはいえ、新しいRPAも登場する中で、大手RPA (Uiath 、WinActor、Automation Anywhere等)も含め導入を検討するとなると、どのRPAを選ぶべきかの判断が難しくなってきている。
そんな中、株式会社battonはRPAツール『batton』を「レシピ(マクロ)を他者と簡単に共有できる世界初のRPA」として販売してきた。

RPAツール『batton』では、オンプレミス型でレシピを作成することができ、また作成されたレシピはクラウド上で管理することが可能。そのため、デバイス間でのレシピの受け渡しが簡単に行える。
これにより、CS(カスタマーサクセス)とのやり取りや、RPAの実装・編集をより素早く行うことができるというのが、battonの優位性だ。

RPAを通して、他者と仕事や作業をシェアすることで、ユーザーはより重要な業務に集中できる。今回は、battonは「他者とシェアできる仕事や作業」であるレシピの増減を計測し、すべてのログを精査し、またその有効性を確認した。


2019年8月から本格的にRPAツール『batton』の稼働が開始し、約1年半ほどの期間で作成された有効レシピ数は2000個。
今後、battonはこの有効なレシピを、クライアントへの提案の幅の拡大や使用頻度を高めるような取り組み、新規クライアントへのアプローチなどに活用する狙い。
また、今まで蓄積されたレシピはもちろん、これから新たに作成されたレシピに関しても定期的に有効性を確認し、有効レシピ数の増加を図るとともに、プロダクトの改善やCS(カスタマーサクセス)の向上を考えているという。

【製品概要】
https://lp.batton.cloud/

【会社概要】
会社名:株式会社batton
代表者:代表取締役社長 川人寛徳
TEL:03-4346-4166
URL:https://lp.batton.cloud/
E-Mail:info@batton.co.jp
事業内容:人工知能搭載型RPA「batton」の開発、販売
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社batton >
  3. battonの有効レシピ(マクロ)数が2000個を達成!