Datachain、JCBと決済領域におけるブロックチェーン間のインターオペラビリティに関する共同研究を開始

株式会社Datachain(本社:東京都港区、代表取締役:久田 哲史、以下、Datachain)は、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川一郎、以下、JCB)と決済領域における複数の異なるブロックチェーン間の相互接続・流通(インターオペラビリティ)の実現に向け、共同研究を開始しました。

DatachainとJCBでは、今回の共同研究を通して、デジタル通貨によるDVP(Delivery Versus Payment)決済やPVP(Payment Versus Payment)決済等の応用を見据え、決済領域におけるインターオペラビリティの在り方について整理するとともに、両社の資産やノウハウを融合することで、今後も革新的なサービスの創出を目指します。

JCBのプレスリリースはこちらからご確認頂けます。
https://prtimes.jp/a/?f=d11361-20210810-ef9f630f15449a0c02ce6e018cb1e0db.pdf


■ 背景
近年、ブロックチェーン基盤を用いたデジタル通貨検討の動きが各国で加速しています。日本国内でも、2021年4月に日本銀行が「中央銀行デジタル通貨に関する実証実験の開始」を発表しました。

世界各国では、デジタル通貨の検討と同時に、デジタル通貨に対応する決済基盤や決済ネットワークを構築するプロジェクトの動きも本格化し始めています。中国の国家ブロックチェーンプロジェクトである「BSN(Blockchain Service Network)(*1)」や、シンガポールの中央銀行主導のDLT(ブロックチェーン)による決済プロジェクト「Project Ubin (*2)」がその代表例です。

上述の各プロジェクトでは、複数のデジタル通貨基盤間や、デジタル通貨基盤とビジネス基盤間におけるインターオペラビリティ(相互運用)を実現する仕組みが構築されています。Datachainでは、これまでブロックチェーンのインターオペラビリティに関する研究開発及び実証実験を行ってきました。2021年5月には、Datachainが開発を主導してきたブロックチェーンインターオペラビリティプロジェクト「YUI」が、世界最大級のブロックチェーンOSSコミュニティ「Hyperledger」のLabsプロジェクトとして承認される等、世界的にも新規性のある取り組みを行っています。

▼ 「YUI」の詳細はこちら
https://github.com/hyperledger-labs/yui-docs

このようにデジタル通貨プロジェクトの推進において、ブロックチェーン間のインターオペラビリティの実現は重要なテーマとなっている中、Datachainは、決済基盤・決済ネットワークに知見を持つJCBと、決済領域におけるインターオペラビリティの実現に向け、共同研究を開始しました。

*1 BSN(Blockchain Service Network):中国政府が主導する国家ブロックチェーンプロジェクト。様々なシステムにおいてデジタル通貨決済を可能にする「ユニバーサルデジタル決済ネットワーク(UDPN)」の構築を目指している。
*2 Project Ubin:プロジェクト・ウビン。シンガポールの中央銀行(シンガポール金融管理局)が主導するDLT(ブロックチェーン)による決済プロジェクト。シンガポールドルのデジタル化、DvP決済等のブロックチェーンを活用した金融領域の課題解決に取り組む。


■ 共同研究における検討事項
今回の共同研究では、次のようなテーマを中心に扱う予定です。

  • エンタープライズの商用サービスに適したインターオペラビリティ方式の比較評価
  • BSNを始めとする、主要プロジェクトが検討・開発を進める基盤のインターオペラビリティ・システム構成・機能の分析
  • CosmosのIBC Protocol(*3)、Hyperledger Labsプロジェクト「YUI」、及びDatachain保有のソリューションの活用に関する詳細検討


 *3 IBC Protocol:Inter-blockchain communication Protocolの略称。Interchain FoundationおよびCosmosプロジェクトによって策定が進んでいる、ブロックチェーン同士の相互運用性を担保するための仕様標準。


■今後の両社の取り組み
DatachainとJCBでは、今回の共同研究を通して、デジタル通貨によるDVP決済やPVP決済等の応用を見据え、決済領域におけるインターオペラビリティの在り方を整理するとともに、両社の資産やノウハウを融合することで、今後も革新的なサービスの創出を目指します。
 

■ 株式会社Datachainについて
社名  :株式会社Datachain
事業概要:ブロックチェーン技術に関連する企画・開発
設立    :2018年3月
所在地 :東京都港区六本木四丁目1番4号
代表者 :代表取締役 久田 哲史
URL     :https://ja.datachain.jp/

* 株式会社Datachainは、株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚 英樹、東証JASDAQ:4499)の子会社です。
* 本資料に記載されている会社名、商品名、サービス名は、各社の商標又は登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Datachain >
  3. Datachain、JCBと決済領域におけるブロックチェーン間のインターオペラビリティに関する共同研究を開始