Apptio、Microsoftと協業し、Apptioが持つテクノロジー投資についての可視化、最適化、意思決定支援ソリューションをマイクロソフトのクラウド上で提供することを発表(抄訳版)

Apptio(アプティオ)のSaaSソリューションは、Microsoft Dynamics 365およびPower BIと統合し、ITリーダー向けのインサイトとビジネス管理アプリケーションを提供

ベルビュー(ワシントン州)、2021年12月16日
TBMソリューションSaaSプロバイダーのApptio Inc.(アプティオ)は、本日、Microsoftと提携し、Apptio社のITファイナンス意思決定プラットフォームをマイクロソフトのクラウド上に展開し、企業のIT資産の移行と最適化を支援することを発表しました。
Lumentum社のSVP兼CIOであるラルフ・ルーラ氏は次のように述べています。
「クラウドの採用や多種多様なサービスと利用モデルは、企業のデジタルにかかる需要に対応するための柔軟性をもたらしました。しかし、その柔軟性は、請求書が届いた時に驚きにつながる可能性があります。」「MicrosoftとApptioのコラボレーションは、企業のリーダーに対し、利用状況の可視化と利用についてのコントロールを提供しながら、マイクロソフトのクラウド利用をサポートすることになります。」

財務、人事、サプライチェーン、マーケティングなど、企業のあらゆる機能には、プロセスの合理化とインサイトの提供を可能にするビジネス管理アプリケーションが既に存在しています。CIOのための、次世代のデータドリブンなアプリケーションを構築することは、ApptioとMicrosoftの両社にとって最優先事項です。

今回の協業により、Apptioは、マイクロソフトのクラウドに移行したお客様に、データを活用したリアルタイムな意思決定支援、投資最適化、説得力のあるインサイトの提供など、ITマネジメントに向けた最新のビジネス管理アプリケーションを提供します。 

Apptioは、Dynamics 365のパワーを活用して、HCM(Human Capital Management)、ERP(Enterprise Resource Planning)、その他の財務や業務のデータソースを、Apptioのコスト・プランニング・エンジンに取り込みます。また、Power BIから変換されたデータを自動的に抽出し、カスタマイズ可能な分析、インサイト、レポート作成、アプリケーション開発を可能にします。

Apptioが保持する豊富なテクノロジー支出に関連するデータは、Dynamics 365のビジネスマネジメントシステムを強化し、企業の規模に関わらず、テクノロジー投資の全体像を把握することを可能にします。

ApptioのCEO、サニー・グプタは次のように述べています。
「Microsoftは、Office 365、Azure、Dynamicsなどの企業向けクラウドサービスを提供しており、CIO、CFO、CDOにとって最も戦略的なパートナーの一つです。Microsoftと提携し、テクノロジーリーダー向けのApptioのビジネス管理アプリケーションと深く統合することで、お客様のテクノロジー投資の管理、計画、最適化を支援し、お客様のマイクロソフト・クラウド・プラットフォームへの移行を加速できることを嬉しく思います」
 
今回の戦略的提携により、Apptioはマイクロソフトのクラウドプラットフォームへのサポートを以下のように強化します。
  • オンプレミスからMicrosoft Azureへの移行を分析するために、強力なファイナンス面からの提言と洞察を提供します。
  • インフラやアプリケーションの総所有コスト(TCO)、最適化、意思決定を促進します。
  • Microsoft Azure、Microsoft 365、Dynamics 365などのプラットフォームへの支出を最適化します。
  • スプリント、フィーチャー、プロダクトについてのユニットエコノミクスを作成し、新しデジタル開発のP/L策定を可能にします。
  • Dynamics Financials、HR、プロジェクトデータと統合し、Microsoft Power BIプラットフォームにデータをエクスポートすることで、ITのためのインサイトファーストのアプリケーションを作成します。
  • Cloudability SaaSは、Microsoft Azureプラットフォーム上で動作します。
最初の市場展開では、パブリッククラウド環境のコスト管理と最適化を実現するApptio Cloudabilityを、Microsoft Azureの顧客に提供することに注力します。これには、企業が導入しているSaaSソリューションに対し、インテリジェントな発見、利用状況と支出管理を支援するソリューションであるCloudability SaaSも含まれます。Apptioのソリューションは、Microsoft AzureとMicrosoft 365をご利用のお客様に対して、比類のない可視性を提供し、意思決定を支援致します。

MicrosoftのグローバルISVパートナー担当バイスプレジデントであるCasey McGeeは次のように述べています。「お客様は、効率化、コスト削減、新しい方法での顧客の囲い込み、データに基づく洞察に基づいたより良い意思決定を行うために、クラウドベースのサービスやソリューションの導入を加速しています。」「ApptioのITファイナンス意思決定プラットフォームがマイクロソフトのクラウド上で利用できるようになったことで、ビジネスの変革を目指す様々な業界のお客様に大きなメリットを提供することができます」。

Apptioの各種SaaSソリューションは、Microsoft Azureのマーケットプレイスを通じて提供されます。両社は共同でマーケティングや販売活動を行っていきます。

Apptioの詳細については、こちらをご覧ください。https://www.apptio.com
 



 
Apptioについて
Apptioは、信頼できる実用的なインサイトを提供し、テクノロジー投資の意思決定をより良いビジネス成果に結びつけます。フォーチュン100社のうち60%以上の企業が、ITポートフォリオ全体およびそれ以外の支出を管理するためにApptioを信頼しており、イノベーションの実現に集中することができます。Apptioは、企業や技術に特化した膨大な支出や運用データを自動的に取り込み、インテリジェントに構造化します。  Apptioは、さまざまな分野のユーザーが、共同で、効率的に、自信を持って、投資の報告、分析、計画、管理を行うことを可能にします。日本語版の詳細はこちらをご覧ください。https://www.apptio.com/ja/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Apptio株式会社 >
  3. Apptio、Microsoftと協業し、Apptioが持つテクノロジー投資についての可視化、最適化、意思決定支援ソリューションをマイクロソフトのクラウド上で提供することを発表(抄訳版)