アジアを中心に8カ国10都市に拠点を持つ「CyberAgent Capital」、3号ファンド組成のお知らせ

1年間の投資・支援実績をまとめたインフォグラフィックを公開

株式会社サイバーエージェント(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 藤田晋、東証一部上場: 証券コード4751)の連結子会社で、投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業をアジアを中心に8カ国10都市に展開する株式会社サイバーエージェント・キャピタル(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 近藤裕文 以下、CAC)は、CA Startups Internet Fund 3号投資事業有限責任組合(以下、CASIF3号)を組成いたしました。また、併せて2020年4月から1年間の投資、支援実績をまとめたインフォグラフィックを公開いたします。

 

 

  • 3号ファンド設立の背景

これまで「Change the World, From Asia」のビジョンを掲げ、アジアを中心に8カ国10都市の拠点で創業初期のスタートアップへ投資を実行してまいりました。過去の投資先には、日本ではクラウドワークスやスペースマーケット、ビザスク、kaizen platform、Retty。海外拠点では、インドネシアのTokopedia、中国のFangduoduo、ベトナムのTiki、Clever ad、韓国のKakao Corpなど様々な有力なスタートアップがあります。そして、現在も、note、hey、タイミー、subsclifeなど有望な投資先が成長を遂げています。私達CyberAgent Capitalは、今後も引き続き有望なスタートアップへの投資を実行していくため、当社にとって第3号となる新ファンドを総額60億円で設立いたしました。
 

  • “CyberAgent Capital” について

CyberAgent Capitalは、2006年の設立以来、アジアを中心に8カ国10都市に拠点を持ち、創業初期のスタートアップへの投資を行ってきたグローバル・イノベーションを牽引するメガベンチャーの共創キャピタルです。投資ステージは、シード・アーリーに特化、投資領域は多岐に渡って投資を実行しており、これまでに日本を含めアジアを中心に350社以上のスタートアップへの投資を実行し、50社をIPOでの(M&Aによるエグジットは含めない)エグジットに導いてまいりました。
 

  • 投資先スタートアップ支援について
「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンの実現を目指し、「インターネット広告事業」「メディア事業」「ゲーム事業」「スタートアップ事業」を主軸に、様々な事業を展開しているサイバーエージェントの共創キャピタルであるCACでは、サイバーエージェントのエコシステム、8カ国10都市にあるCAC海外拠点のグローバルエコシステムを最大限に活用し、スタートアップの成長支援にも力を入れています。

1.グロースチームによる成長支援

グロースチームは、投資先スタートアップの成長支援を目的に昨年7月に設立した投資先支援チームです。開発や組織、広報PRなどのグループノウハウを提供し、投資後のハンズオンサポートを多角的に行っております。

※関連プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000056783.html
 

 


<グロースチーム 技術支援室 支援概要>

技術の枕詞に“開発“や”技術“、”エンジニア“のつくことを、サイバーエージェントグループの知見を活かし、幅広くサポートします。出資時に開発チームがない場合は、どのように開発エンジニアを巻き込んでいくか、採用していくかなど、体制構築を企業様と併走しサポートしていきます。必要に合わせ、組織・AI・インフラ・セキュリティなど専門分野については、外部の技術エキスパートパートナーネットワークも活用し、投資先のバリューアップを実行しています。ラウンドや規模によって支援の形は様々ですが、技術×〇〇を幅広くサポートしております。

<グロースチーム 広報支援室 支援概要>

投資先の広報PRに関わる支援を、サイバーエージェントグループの知見を活かして幅広くサポートしています。ラウンドや規模によって支援の形は様々ですが、広報PR業務に関連するサポートや広報PR勉強会の開催のほか、投資先の広報担当者の方々や広報業務を兼務している経営者の方々を集めた広報コミュニティ「CAC PR Community Hub」のコミュニティ運営など、投資先のバリューアップを広報PRに関連する多方面からサポートしております。

2.グループノウハウ共有

これまで数々のインターネットビジネスを生んできたサイバーエージェントグループの事業・組織構築、事業計画、経営戦略、マーケティングなど、事業の成功に直結するノウハウの提供をしています。

3.エキスパート

グロースチームとは別に、社内外のノウハウを提供するエキスパートからのサポートも提供しています。R&D、グロースハック、エンジニアリング、技術法務、組織戦略などの各テーマについてそれぞれの知見を持ったエキスパートが支援にあたっています。

4.海外展開支援

8カ国10都市にあるグローバルな拠点、CACネットワークを活かし、投資先スタートアップの海外進出を多角的にサポートしております。

5.Monthly Pitch

「Monthly Pitch」は、創業期の起業家が資金調達に割く時間を最小限に少しでも長く事業に集中出来るよう、起業家と投資家(著名VC・エンジェル)が出会える場として、毎月開催しているピッチイベントです。スタートアップは選抜制、VC・エンジェルは完全招待制で開催しております。2016年12月を第1回とし、国内では第47回の開催を経て累計353社にご登壇いただき、資金調達イベントでは国内最大規模の登壇者数となっております。
 

 

 

 

 







※Monthly Pitch HP
https://monthly-pitch.com/

また、今年はMonthly Pitch5周年を記念して、シード投資家と起業家、ここだけの裏話【Monthly Pitch特別企画】を実施。

シード期から志を共にするような場合、十数年に及ぶこともある「起業家と投資家」の関係。事業における最愛のパートナーたちはどのようにして出会い、成長し、そしてその後の関係はどのようなものになるのか。シード投資を長年に渡って手がけ、多くの起業家と投資家が出会える場を創出してきたMonthly Pitchを運営してきたCACが、この「投資家と起業家」の関係に注目し、連載を開始いたしました。

毎月開催される「Monthly Pitch」にこれまで参加してくれた創業者とキャピタリストのお二人をお招きし、出会いのきっかけや乗り越えたハードル、関係構築のポイントなど、ここだけでしか聞けない裏話を語っていただいています。

※シード投資家と起業家、ここだけの裏話【Monthly Pitch特別企画】詳細
https://www.cyberagentcapital.com/news_event/monthlypitch_interview_pj/
 
  • CyberAgent Capitalの1年を振り返るインフォグラフィクス(2020.4〜2021.3)

2021年4月、CyberAgent Capitalは創立15周年を迎えました。 この度、日頃の皆さまからのご支援とご愛顧に感謝し、2020年1年間(2020年4月〜2021年の3月)の投資、支援の取り組み実績をまとめた1年間のインフォグラフィックを公開いたします。

引き続き、多くの次世代を担う急成長イノベーション企業の創出を志す皆さんと共に、「Change the World, From Asia」のビジョンの元、新産業創出の共創、支援をしてまいりたいと思っています。 そして今回は、そんなCACや私達の取り組みについて、より多くの人達にもっと知っていただく機会として私達の1年間の活動を纏めました。 是非、どうぞご覧ください。

インフォグラフィック詳細はこちら
https://www.cyberagentcapital.com/insight/infographic_2020-2021/
 

 

 

 


CyberAgent Capitalの取り組み
CAC投資先経営者へのアルムナイインタビュー特集を連載。

No.1:2019年上場を最初に決意ーースペースマーケットが乗り越えた5つの壁

https://www.cyberagentcapital.com/insight/spacemarket/
No.2:ベトナム版Amazonを目指す e コマースの旗手「Tiki」——創業から8年を経て見定める新たな挑戦
https://www.cyberagentcapital.com/insight/tiki/
No.3:組織づくりで得た「何があっても人を信じるな」の真意ーータイミー小川嶺氏・スタートアップの組織論
https://www.cyberagentcapital.com/insight/timee/
No4.:シードラウンドには意味があるーービザスク、IPOまでの道のり
https://www.cyberagentcapital.com/insight/visasq/
No.5:世界で使われることにこだわったHiNativeーーLang-8の喜洋洋氏、1,500万MAU獲得までの道のり
https://www.cyberagentcapital.com/insight/lang8/
No.6:創業から15年、MBO・IPO・他業種参入を経てなお成長を続ける Fringe81 のサバイバル術
https://www.cyberagentcapital.com/insight/fringe81/
No.7:日本のサブスクブームの立役者、「subsclife」が狙う家具ビジネスを通じた社会の変革と貢献
https://www.cyberagentcapital.com/insight/subsclife/

Monthly Pitch(2020.4-2021.3)取り組みリリース

ーMonthly Pitchオンライン開催開始 リリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000056783.html
ー登壇スタートアップ企業300社突破 リリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000056783.html
ーグローバル版「Monthly Pitch Asia」開催 リリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000056783.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000056783.html
 

  • 代表、取締役からのコメント

代表取締役 近藤裕文コメント

サイバーエージェント・キャピタルは「Change the World, From Asia」のビジョンの元、アジアを代表する革新的なインターネット企業創出に貢献すべく2006年から8ヵ国でスタートアップ投資を行ってきました。
これまで築いた国内外の投資実績を元にこの度CASIF3号を組成でき、引き続きグローバルにチャレンジするシード・アーリー期の起業家に出会えることが大変嬉しいです。
私たちチームCACはグローバルネットワークを活かしたMonthly Pitchのアジア展開、サイバーエージェントの事業・ノウハウを活かしたグロースチームの設立など常にチャレンジすることで、起業家と共に世界にイノベーションをもたらすことに貢献して参ります。



取締役 中国法人代表 北川 伸明コメント

日本を始めとするアジア各国でスタートアップ投資を過去10年以上に渡り行ってきましたが、CASIF3号を今回新たに設立することで、引き続きアジアから世界を目指す起業家の方々とご一緒できる機会を持てることをとても嬉しく思っています。サイバーエージェントグループが持つ強みと、これまで積み上げてきたアジアでの投資実績、そして、グロースチーム設立に代表されるような新たな取り組みを元に、起業家の方々によりユニークな貢献ができるベンチャーキャピタルになるべく、チームCAC一丸となって、これからも日々努力していく所存です。

 

  • 株式会社サイバーエージェント・キャピタル概要


社名 :株式会社サイバーエージェント・キャピタル
代表者 :代表取締役社長 近藤 裕文
所在地 :〒150-0042 東京都渋谷区宇田川40-1
事務所 :北京オフィス 北京市朝阳区东三环北路38号院泰康金融大厦2333室
上海オフィス 上海市静安区南京西路1601号越洋国际广场38楼
深センオフィス 深セン市南山区深南大道9680号大冲商务中心1栋1号楼(A)座711A
台北オフィス 110 台北市信義區忠孝東路五段68號29樓
ソウルオフィス BOOYOUNG TAEPYEONG B/D 19FL, 55, SEJONG-DAERO, JUNG-GU, SEOUL, KOREA(04513)
ホーチミンオフィス Up Office, Bach Khoa University, 268 Ly Thuong Kiet, Ward 14, District 10, HCMC
ジャカルタオフィス Panin Tower 15th Floor, Senayan City,Jl. Asia Afrika Lot. 19 , Jakarta Pusat 10270
バンコクオフィス 19 Soi Ekkamai 4, Sukumvit 63 Rd. Prakanong Nua, Wattana Bangkok, Thailand 10110
設立 :2006年4月3日
企業HP :https://cyberagentcapital.com/

【本プレスリリースに関する問合せ】

サイバーエージェント・キャピタル 広報室担当:下平 江莉
E-MAIL: cac_public@ext.cyberagent.co.jp
 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サイバーエージェント・キャピタル >
  3. アジアを中心に8カ国10都市に拠点を持つ「CyberAgent Capital」、3号ファンド組成のお知らせ