国内最大の Lightning Network コミュニティ「Diamond Hands」への協賛を開始

株式会社 bitFlyer Blockchain(本社:東京都港区、代表取締役:加納 裕三、以下「当社」)は、Lightning Network の国内最大コミュニティ「Diamond Hands」のスポンサーになりましたことをお知らせします。Lightning Network とは、ブロックチェーンの外で取引を行うオフチェーン取引によってビットコインの送付速度の向上や少額決済(マイクロペイメント)を実現する革新的な技術です。当社は「Diamond Hands」における活動を通じて、Lightning Network の研究を行うとともに、ビットコインのマイクロペイメントの普及に向けたコミュニティ活動を支援してまいります。

 

■協賛開始の背景
世界で初めてビットコインが法定通貨に採用された中米エルサルバドルにおいては、Lightning Network に対応したウォレットが国民へ配布され、ビットコインのマイクロペイメントが開始されました。ビットコインによる取引件数の増加を見据え、ビットコインのスケーラビリティ問題を解消する技術である Lightning Network への注目が一段と高まっており、Lightning Network に対応したノード数も増加傾向にあります。
当社は、以前より Lightning Network に関する世界的な動向に着目しており、このたび、Lightning Network コミュニティ「Diamond Hands」のスポンサーとなり、国内外の最新動向の情報収集や研究開発を支援することにしました。

Diamond Hands サイト:https://www.diamondhandsnode.com


■Lightning Network について
Lightning Network は、送付手数料の低減、送付時間の短縮、実質的なリアルタイム決済などを実現します。特に、ビットコインのマイクロペイメントが可能になることから、あらたなマーケットを開拓する可能性を秘めています。暗号資産取引所間におけるビットコインの迅速な送付にも対応可能です。


■Lightning Network に関する当社の今後の取組について
当社は Lightning Network の研究開発に投資いたします。セキュリティなどの技術検証のみならず、各種法令・規制面においても検討を重ね、将来的にはお客様にメリットがある形で Lightning Network をサービスとして提供することを目指します。bitFlyer の暗号資産取引所としての運営実績・知見・顧客基盤も最大限活用し、Lightning Network の国内最大コミュニティ「Diamond Hands」の活動を支援してまいります。
 

【株式会社 bitFlyer Blockchain について】
当社は「ブロックチェーンで世界を簡単に。」をミッションに掲げ、①クラウドサービスによるブロックチェーンの提供、②共同事業のプロデュース、③コンサルティングサービスの 3 つの事業を展開しています。暗号資産取引所の運営やブロックチェーンの研究開発で培ったノウハウを十分に活かしながらブロックチェーンの社会実装を推進してまいります。

コーポレートサイト:https://blockchain.bitflyer.com
「miyabi」ブランドサイト:https://blockchain.bitflyer.com/miyabi
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 bitFlyer Blockchain >
  3. 国内最大の Lightning Network コミュニティ「Diamond Hands」への協賛を開始