世界的経済誌「Forbes」が発表した「Forbes 30 Under 30 Asia 2022」において、今最も注目すべきアジア人として須知と八島が選出されました!

⾃⾛型ロープウェイ「Zippar」の設計・開発をするZip Infrastructure株式会社(本社:神奈川県秦野市、代表取締役:須知高匡)から、世界的経済誌「Forbes」が発表した「Forbes 30 Under 30 Asia 2022」において、今最も注目すべきアジア人として須知と八島が選出されました!

「Forbes 30 Under 30 Asia 2020」「Forbes 30 Under 30 Asia 2020」


「Forbes 30 Under 30 Asia」とは、Forbes(フォーブス)が年に一度、世界で活躍する30歳未満のアジア人30名を選出するという世界的にも権威のある賞です。今回は7回目にあたり、4,000人を超えるエントリーの中から10部門各30人が選ばれました。

 

 


Forbes 30 Under 30 Asia 2022 については詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.forbes.com/sites/ranawehbe/2022/05/25/meet-the-forbes-under-30-asia-class-of-2022/?sh=1e3868aa197a


Forbes 30 Under 30 Asia 2022-Zip Infrastructure については詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.forbes.com/profile/zip-infrastructure/?list=30under30-asia-industry-manufacturing-energy&sh=648e52bc52db

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Zip Infrastructure株式会社 >
  3. 世界的経済誌「Forbes」が発表した「Forbes 30 Under 30 Asia 2022」において、今最も注目すべきアジア人として須知と八島が選出されました!