「ミホンイチ形式による新店舗形態」/展示会ブースデザイナーが新しい店舗形式を模索。

3月18日/金沢駅前「FORUS」5階に新店舗「MIHON-ICHI」オープン

「展示会ブースデザイナーが考える新型店舗とは?」
3月18日に金沢駅前にある金沢フォーラスにて、新店舗「MIHON-ICHI」がオープンします。SUPER PENGUIN株式会社(東京都品川区・代表取締役/展示会デザイナー竹村尚久)はその店舗形式の企画から設計・オープンまで携わりました。今回の新店舗「MIHON-ICHI」は今後の店舗の在り方を模索するために、「展示会ブース」の考え方を取り込んだ、「ミホンイチ形式」という手法を採用しています。実は今回の店舗設計を担うスーパーペンギン、店舗設計はほとんど未経験。そんなペンギンが今回提案したいのが、店舗設計と展示会業界の融合。展示会ブースを構築するノウハウが、現在の店舗の状況の打開策として大きな可能性を持っているのではないかと考えています。

展示会デザイナーの視点で作られた新概念の店舗、「MIHON-ICHI KANAZAWA」3月18日オープン展示会デザイナーの視点で作られた新概念の店舗、「MIHON-ICHI KANAZAWA」3月18日オープン

■「展示会ブース」の特徴とは?

〇「わずか1日でブースを作り上げ、2時間で撤去を完了する」力

店舗に関わる人にとって、ギフトショーなどの「展示会(ビッグサイトなどで行われる大型商談会)」は仕入れを行う場所として多くの人が知っている場所。たくさんの店舗が並ぶ印象のこの展示会での出展者ブースは、実質1日で建ててしまい、3日間の会期の後、約2時間で撤去する、というもの。そのために、店舗とは作業する職人が違います。また、3日間という限られた会期のため、ブースの設計に当たって、ブース設計者にはわずか3日間で「結果」を出さなければいけない、という使命があります。スーパーペンギンはこれまで、その展示会において、独自の設計手法「PENGUIN-METHOD」によって、周囲のどのブースよりも集客の結果を出し、様々な出展企業の展示会出展に貢献してきました。
 

展示会のブースは実質1日でブースを構築。展示会のブースは実質1日でブースを構築。


〇2021年10月の「石川県ブース」が今回の新店舗「MIHON-ICHI」の元

今回の「MIHON-ICHI」、そのきっかけは昨年10月に開催された「ギフトショー」での「石川県ブース」です。会場内でもっとも集客のあったブースとしてひと際注目を浴びていました。そしてその展示会ブースを引き継ぐ形で今回金沢フォーラス5階に新規オープンをする経緯となりました。このギフトショーにおける石川県ブースはスーパーペンギンがブース設計・出展者支援を行ったもの。前述のブース設計の考え方、「PENGUIN-METHOD」によって、戦略的にブース構築を行っています。

2021年10月に開催されたギフトショーでの石川県ブース2021年10月に開催されたギフトショーでの石川県ブース

この石川県ブースがきっかけで今回の店舗にこの石川県ブースがきっかけで今回の店舗に

ブース内に設置した什器を今回の店舗では再利用ブース内に設置した什器を今回の店舗では再利用

石川県ブースは、会場内で最も来場者が集まったブースとなりました石川県ブースは、会場内で最も来場者が集まったブースとなりました


■「MIHON-ICHI」とは、どんな店舗なのか?
今回、金沢フォーラスでの店舗展開に当たって、現在の空きテナント/空きスペースの増加等の社会情勢を踏まえ、「新しい店舗の在り方」は考えられないかを模索しました。その形式を今回「ミホンイチ形式」として設定し、店舗名も「MIHON-ICHI」という名前を考案しました。この言葉は、従来の定番商品だけでなく、日本全国にいる様々なものづくり関係者/クリエイターに焦点を当てる機会をより多く設けるという意思も含まれています。扱っている商品も、今後様々なチャレンジ商品を予定していますが、店舗そのものも今後の店舗の新しい在り方を模索していく形となっています。
 

〇今回の什器は、ギフトショーで用いられたものの再利用
  • もともとギフトショーにおけるブースがきっかけになっていることから、ギフトショーにおける展示台を再利用することとしました。店舗内、壁際にある什器は当時のものをそのまま使用しています。それ以外の什器も従来の店舗のようにしっかりと作り込むことはせず、簡素に製作しています。一方で店舗のロゴなどはグラフィックデザイナーに依頼し、一定以上のクオリティーを持たせることで、店舗全体での見映えを整えています。

〇金沢をはじめ、日本全国の良いもの、チャレンジ商品を扱っていく場
  • 「MIHON-ICHI」という言葉の通り、今回の店舗の在り方として「見本市」をモチーフにしています。それは「何かいいものがある」というワクワク感、掘り出し物があるという期待。そのことから、世の中にある定番だけでなく、これから世に出していこうとする駆け出しクリエイターの商品まで従来の概念にとらわれずに扱っている場としています。オープン当初は地元石川県のものを中心として設置。今後全国に波及し、日本全国の様々なチャレンジ商品を扱っていく予定となっています。


「MIHON-ICHI」とは、どんな店舗なのか?

展示会ブース構築に日頃携わっている当社は、「展示会ブース」の考えが今の社会情勢や今後の商空間において、活かすことができるのではないか、それが上手くいくと今の商空間が進化するための何らかの突破口になるのでは、と考えました。そして、以下の2つの要素を含むものをスーパーペンギンでは「ミホンイチ形式」と言っています。

「POP-UP以上実店舗未満」という形式で対応。「POP-UP以上実店舗未満」という形式で対応。

 

店内は、ギフトショーで使用した什器のか、最小限の設えで構成店内は、ギフトショーで使用した什器のか、最小限の設えで構成


[要素-1] 新しい店舗形式「POP-UP以上、実店舗未満」
これまでの商空間では、店舗設計者によってしっかりと作り込む「実店舗」と、什器等を簡単に並べて設置する「POP-UP」という2つの形式がありました。今回、展示会の考え方を活用して提案するのは「POP-UP以上、実店舗未満」という新形式。実店舗ほどの作り込みはしないが、POP-UPほどの簡単なものではない、という段階のもの。それを可能にするのが、展示会ブースの考え方、だとしています。この形式は、当社でも現在模索をしている段階ですが、今回の計画を踏まえ、下記2点がまずは必要なポイントと考えています。

ポイント-1/大事なことは「こだわり」と「割り切り」のバランス
  • これまでの「実店舗」では、細部までこだわって設計及び施工することがほとんどでした。本形式では、展示会ブースのように、「この程度で構わない」と言った割り切りと、こだわるべきはこだわる、という「こだわり」と「割り切り」のバランスが大事、と考えています。

ポイント-2/短期間での設営・撤退が可能
  • 短時間でブースをつくる展示会の考え方と同じように、店舗の構築、そして撤退時にも比較的短い時間で工事を行うことが大切と考えています。本計画においても、施工時間は合計「10時間」以内に店舗を抑えることを目標に計画を行いました。

[要素-2] チャレンジする商品を扱うこと
昨今の店舗には、どこに行っても同じ商品がある、という印象を感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、世の中には、よいものがまだまだ埋もれていると思います。本店舗では、より多くのクリエイターにチャンスの場を持ってもらいたい、という考えから、多種多様な商品を扱っていくことを目指しています。はじめは石川県内のものが中心ですが、今後は全国の様々な商品を扱っていくことを目指しています。

ポイント-01/様々なクリエイター(作り手)のチャレンジの場
  • これから世に出ていく商品も積極的に扱っていく場とし、定番商品を扱うだけでなく、様々な作り手と組んで、市場にチャレンジするの後押しを行います。

ポイント-02/メーカー名とクリエイター名をフォーカス
  •  店舗内の商品陳列に関しては、 クリエイター(作りて)名を可能な限り表記することを目指しています。


■今後の商空間の可能性
現在空きテナントや空きスペースに悩んでいる店舗関係者は多いのではないでしょうか。今回は、その解決方法の一つとして、「展示会」に解決の糸口があるのでは、ということについて提案したいと考えています。本形式は、まだまだ模索段階ではありますが、「短期間で施工する展示会専門の設営会社の力(展示会技術)」や3日間で結果を出す展示会の集客手法など、展示会ブースが持っている特徴を改めて見直し、それを商空間に取り入れることで、商空間の新しい可能性が広がるのでは、と考えています。今回のこの物件が最適な回答かはまだ分かりません。しかし、今回のこの物件の試行により、商空間における新しい切り口の模索が社会的に始まることを望んでいます。

■店舗概要
  • 店舗名: MIHON-ICHI KANAZAWA
  • 場所: 金沢フォーラス 5階
  • 運営: 株式会社OPA(千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1WBGマリブイースト22階)
  • 運営委託者: 株式会社ビッグサンタ (石川県金沢市東山3-3-35)
  • デザイン/プロデュース: SUPER PENGUIN株式会社/展示会デザイナー竹村尚久


■SUPER PENGUIN会社概要
  • 商号 : SUPER PENGUIN 株式会社 
  • 代表者 : 代表取締役 竹村 尚久 
  • 設立 : 2005 年 6 月 2 日
  • 所在地 : 〒141-0021 東京都品川区上大崎 3-10-50 SEED 花房山 405 
  • TEL:03-6417-4497
  • 事業内容: 展示会ブースデザイン、展示会集客セミナーの企画・開催
  • WEB: https://www.superpenguin.jp/
  • twitter:  https://twitter.com/naohisatakemura

スーパーペンギンは、日本の各産地の展示会出展をサポートする空間デザイン会社です。石川県や奈良県など様々な行政とタイアップし、集客や商品陳列を解説するセミナーを開催、独自ノウハウにより、展示場内でもっと集客のできるブースをデザインするなど成果を出す展示会支援手法で、全国の産業サポートを行っています。

参考動画(石川県ブースを基にしたPENGUIN-METHODの説明)
 

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スーパーペンギン >
  3. 「ミホンイチ形式による新店舗形態」/展示会ブースデザイナーが新しい店舗形式を模索。