【銀座 蔦屋書店】七夕の季節に盆栽・水石・風鈴など季節を満喫できる風物詩を集めた「夏を感じ、星を想う」フェアを2020年7⽉1⽇(水)〜GINZA ATRIUMにて開催。

青々とした姿の美しい竹や樹齢250年の真柏の盆栽。濡れることで変わる表情が楽しい水石。音色の涼しい風鈴。

銀座 蔦屋書店(東京都中央区)では、GINZA ATRIUMにて、2020年7月1日より、七夕の季節を満喫できる日本の風物詩を集めた「夏を感じ、星を想う」フェアを2020年7⽉1⽇(水)〜9日(木)まで開催します。

 
  • GINZA ATRIUM「夏を感じ、星を想う」
銀座 蔦屋書店では、本を介してアートと⽇本⽂化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案しております。日本人は古来より、折々の季節を自然を通して楽しむことを大事にしてきました。今回は、この季節にふさわしい「七夕」をテーマにした「夏を感じ、星を想う」フェアをご提案させていただきます。「盆栽」「水石」「風鈴」など、夏の涼やかな風情を感じる風物詩を集め、日本の夏を感じられる展示・販売会となっております。

七月七日、七夕。天の川と織姫彦星の伝説。旧暦では月のはじめにあたり、きれいな星空が広がる季節でしたが、現代ではまだ梅雨明け前。雨になってしまうことも多いこの日々ですが、緑は恵みの雨を浴びて勢いを増していきます。 
まっすぐに天にむかう竹。そして、瑞々しい青葉とシルエットが美しい柏や、濡れることで表情の移り変わる水石、風を涼しい音色で聞かせてくれる風鈴。たまには地上の喧騒を忘れ、盛りをむかえる夏にひたり、七夕の日は夜空を見上げる。ひととき、星に想いをはせてはいかがでしょうか?


 

  • ブランド紹介
雨竹庵(うちくあん)

銀座において、洗練された盆栽文化を発信するギャラリー。掌に乗るミニ盆栽から数百年の歳月を生きぬいた古典名木までを取り揃えています。一人一人の顔が違うのと同じように盆栽も各々の個性があります。確かな目利きによって、お客様のライフスタイルに合わせた盆栽を提案するブランドです。 

篠原風鈴本舗(しのはらふうりんほんぽ)

江戸川区にある江戸風鈴製造工場。大正4年に創業してから100余年、江戸時代と変わらない製法で風鈴を作り続けています。昭和40年頃、二代目篠原儀治は先代から受け継いだガラス風鈴を、江戸時代から同じ製法で作られているという理由から「江戸風鈴」と名付けました。一個一個を手作りしていますので、同じ形・同じ柄でもそれぞれ異なる音がします。

 
  • イベント情報
イベント名:「夏を感じ、星を想う」
会期: 2020年7⽉1⽇(水)〜2020年7⽉9⽇(木)
時間: 営業時間は店舗HPをご確認ください。
会場: 銀座 蔦屋書店内 GINZA ATRIUM
主催: 銀座 蔦屋書店
⼊場:無料
電話 :03-3575-7755
URL:https://store.tsite.jp/ginza/event/humanities/14646-1023550630.html

 

感染予防についてhttps://store.tsite.jp/ginza/news/shop/13809-1034180403.html
 

  • 店舗情報


銀座 蔦屋書店


住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
電話番号: 03-3575-7755
営業時間:ホームページにてご確認ください。
ホームページ:https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook:https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks
Twitter:https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram:https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CCCアートラボ株式会社 >
  3. 【銀座 蔦屋書店】七夕の季節に盆栽・水石・風鈴など季節を満喫できる風物詩を集めた「夏を感じ、星を想う」フェアを2020年7⽉1⽇(水)〜GINZA ATRIUMにて開催。