ノギス連携で製造業のIoTを実現

・ノギス連携可能な電子帳票

株式会社マウンテンゴリラからリリースされた電子帳票システムカカナイでは、ノギスや天秤など各種測定機器と連携することを可能にします。このことで、測定値など帳票に入力する上で欠かせない数値を自動で入力し、手入力の手間を省くことが出来ます。ノギス連携のメリットとして、自動入力ができるだけでなく、データをミスなく正確な情報を反映させることや、入力された情報を2次活用でき、蓄積されたデータを有効活用することができます。

・ノギス連携の導入事例

鉄銅やステンレス、アルミ等の各種金属素材を販売されている中村商事株式会社様はカカナイを導入頂く以前、紙の帳票に手書き入力する中での「記載ミス」をなくしたいという課題ありました。こうした経緯からマイクメーターや電子ノギスとタブレットを連携させたカカナイを導入しました。仕様としては、マイクロメーターやノギスで計測された結果が自動的にデータとして蓄積できるものです。これによりIoTを可能にし、今まで手書きで入力していたものが、計測して送信ボタンを押す作業を繰り返すだけになりました。こうして、目盛りの見間違いや作業者の思い込みなどによるヒューマンエラーがゼロになり、正確な情報を記録できるようになりました。

・製造業のIoT化をカカナイで

株式会社マウンテンゴリラの電子帳票システムカカナイは、手ごろな価格で製造業のIoTやDXを導入することができます。カカナイのプランは、初期費用無料の月額2万円からご用意しており、費用面でお困りの企業様でもお考えいただける価格ではないでしょうか。この機会にぜひ製造業のIoT化に取り組んでみては如何でしょうか。

カカナイHP
https://kakanai.com/lp/?media=pt210324

カカナイ電話窓口
大阪:06-6657-5365
東京:03-4400-2470

カカナイ運営会社
株式会社マウンテンゴリラ
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Mountain Gorilla >
  3. ノギス連携で製造業のIoTを実現