新型コロナウイルスは運動部活動変革の契機となるか 部活動に関する話題の著書を執筆した気鋭の研究者2人の講義と対談をライブ配信

スポーツアカデミー2020 第2回開催。中澤篤史氏(早稲田大学 准教授)と内田良氏(名古屋大学 准教授)による対談。

「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利以下、SSF)では、有識者によるシリーズ制公開講座「スポーツアカデミー」を開催しております。本年度は2 シリーズ制となっており、前半のシリーズでは、「今こそ考える新しいスポーツのかたち」をテーマに据えております。

第2回では、部活動の歴史や国内外の事例を研究し続ける中澤篤史氏と、学校リスクの観点から教育に向き合う内田良氏を講師に招き、すでに変革が叫ばれていた運動部活動がコロナ禍の影響でどう変わるのか、また、どう変われるのか考えていきます。

オンライン形式での開催なので、どこからでもご参加いただけます。このたびは1 回完結、ライブ配信で、前半45 分間は講義、後半45 分間はトークセッションおよび質疑応答と、充実したプログラムになっております。どなたでもご参加いただけますので、ご希望の方はぜひお申込みください。

▼スポーツアカデミー2020 第2回
https://www.ssf.or.jp/dotank/academy/2020/02.html

 

 

  • スポーツアカデミー2020 第2 回「新型コロナウイルスをきっかけに運動部活動は変わるのか?」
【配信日時】
2020年10 月9 日(金)19:30~21:00
※ 相互に顔や名前が見えないZoom ウェビナーで行います
※ 講義の後、20:15 からはトークセッションおよび質疑応答となります。

【申込方法】
Peatix にてお申し込みください。
https://sport-academy-11.peatix.com/

【講師】

中澤 篤史 氏:早稲田大学准教授、『そろそろ、部活のこれからを話しませんか未来のための部活講義』著者。
 

内田 良 氏 :名古屋大学准教授、『ブラック部活動』著者。

【会費】 1,000 円

※Zoom(ウェビナー)について
参加者が相互にお名前やお顔を見ることはできませんので、プライバシーは確保されます。
(質問するときのみ、音声が他の参加者に共有されます。)
質問せずに、視聴のみでも、もちろんOKです。ぜひお気軽にご参加ください。
 
  • 報道関係者の方
取材のお申込みは、info@ssf.or.jp 宛まで下記内容を確認の上、ご連絡ください。
・件名:スポーツアカデミー2020 第2回 取材申込
・ご芳名/貴社名/部署名/TEL
※ご取材の場合は費用はかかりません。
 
  • スポーツアカデミー


スポーツ振興くじで行われている助成事業です。
「Sport for Everyone」社会のありかたを考える、シリーズ制の学びの場「スポーツアカデミー」。 2020年度は、新シリーズ「今こそ考える新しいスポーツのかたち」からスタート。すべてオンラインでの開催となります。

 

  • 【笹川スポーツ財団】
公益財団法人 笹川スポーツ財団は、「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進するスポーツ分野専門のシンクタンクです。国、自治体のスポーツ政策に対する提言策定や、スポーツに関する研究調査、データの収集・分析・発信を行い、「誰でも・どこでも・いつまでも」スポーツに親しむことができる社会づくりを目指しています。

■公益財団法人 笹川スポーツ財団について
名称  : 公益財団法人 笹川スポーツ財団
代表者 : 理事長 渡邉 一利
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階
設立  : 1991年3月
目的  : スポーツ・フォー・エブリワンの推進
事業内容: ・生涯スポーツ振興のための研究調査
・生涯スポーツ振興のための研究支援
・生涯スポーツ振興機関との連携事業
・生涯スポーツ振興のための広報活動
URL   : http://www.ssf.or.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 笹川スポーツ財団 >
  3. 新型コロナウイルスは運動部活動変革の契機となるか 部活動に関する話題の著書を執筆した気鋭の研究者2人の講義と対談をライブ配信