仕事をしながら旅をする、非日常を体験できるワーケーションを山口県がサポート8月3日「山口県テレワーク・ワーケーション総合案内サイト」オープン!

やまぐちワーケーション総合案内施設「YY! GATEWAY」も山口宇部空港内に開設

山口県は、豊かな歴史や四季折々の豊かな自然に恵まれている地の利を生かし、リフレッシュしながら、充実したワーケーションを実現する「山口型ワーケーション」を推進しています。8月3日(火)に、「山口県テレワーク・ワーケーション総合案内サイト」と、山口宇部空港内に、やまぐちワーケーション総合案内施設「YY! GATEWAY」をオープンし、山口県の魅力を体験できるワーケーション実施に向けたサポート体制の充実を図っていきます。

コロナ禍を契機に、東京都23区の就業者のテレワーク実施率が53.5%※1になるなど、場所や時間にとらわれない新しい働き方が普及し、都市部においては、地方移住への関心が高まっています。山口県では、こうした動きを捉えて、「山口型ワーケーション」を提案し、山口県の持つ、産業・歴史・自然・地域等の資源を生かす取り組みを進めています。

村岡嗣政知事は8月3日に山口宇部空港で行われたプレゼンテーションの中で、「生産性の向上やイノベーションの創出につながる、企業目線に立ったプログラムを提供する『山口型ワーケーション』を推進していく」と述べています。

山口型ワーケーションでは、非日常体験や観光等を組み合わせたプランをはじめ、業務の合間の気分転換に、山口県内で起業した方との交流や、山口県内企業を視察する交流プランなど、個々の働き方のニーズに合わせたプランを提供していきます。

都市部の企業等に勤務されている方が地方に移住しながらテレワークを活用して都会と同じように働く「転職なき移住」を実現していくことで、山口県への新たな人の流れの創出・拡大を図ります。「山口県テレワーク・ワーケーション総合案内サイト」 https://yamaguchi-workation.com
※1:内閣府「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」(令和3年6月4日)

「やまぐちワーケーション総合案内施設」情報

やまぐちワーケーション総合案内施設「YY!GATEWAY」は、山口県のワーケーション推進の拠点として活用。施設内は、㈱スノーピークビジネスソリューションズ゙のCamping Office「osoto」を使用し、ワーケーションに向けて、利用者の気分を高揚させる心ときめく開放的な空間を創出。

 

 

  • 名称
    やまぐちワーケーション総合案内施設 「YY!GATEWAY」(ワイワイ! ゲートウェイ)
  • 場所
    〒755-0001 山口県宇部市沖宇部625番地 山口宇部空港 国内線ターミナルビル2階
  • 利用日
    週6日営業(休業日:毎週月曜日及び年末年始)
  • 利用時間
    9:00~18:00
  • 利用料金
    無料
  • 施設の特徴
    ・コンシェルジュ2名を配置。ワーケーションに関する情報案内や、受付・相談対応などを行い、利用者ニーズに応じたプランなどのコーディネートを実施
    ・コワーキングスペース機能を有し、空港到着後・出発前のリモートワークが可能
    ・個別ブースによる作業スペースがあり、会議やセミナー等の実施も可能
  • 施設に関するお問い合わせ
    やまぐちワーケーション総合案内施設「YY!GATEWAY」
    Mail: yamaguchi-workation@ymfg.ym-zop.co.jp
    TEL: 0836-33-6678  

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 山口県 >
  3. 仕事をしながら旅をする、非日常を体験できるワーケーションを山口県がサポート8月3日「山口県テレワーク・ワーケーション総合案内サイト」オープン!