【しまねNEWS LETTER 2022 6月号】新オープン・リニューアルオープン施設も多数!旅の再開は魅力的な夏の島根から始めてみませんか

本資料「NEWS LETTER 2022 6月号」では、この夏必見の島根県の魅力や最新情報をご紹介いたします。
■島根県立美術館が6月1日に再開館

目玉となるのは、国内外有数の規模を誇る「北斎コレクション」。常時30点程度の作品・資料を1ケ月ごとに入れ替えながら公開する予定です。世界に1点しかない貴重な作品や北斎の関連資料をご覧いただけます。
最初の企画展は「チームラボ  学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物たち」!

開館後最初の企画展は、世界中で1000万人以上を動員した「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」とチームラボのアート作品「花と共に生きる動物たちⅡ」です。大人から子どもまで楽しんでいただける展覧会になっています。会期は7月1日よりスタート。夏休みの思い出にもピッタリです。


■夏だからこそ楽しみたい!家族で行きたいオススメ最新スポット
3月にリニューアル!島根県立しまね海洋館 アクアス

シロイルカがいることでも知られる、島根県立しまね海洋館 アクアスが今年3月にリニューアルしました。館内ではプロジェクションマッピングによる映像と、シロイルカやクラゲをはじめとしたさまざまな生き物がコラボレーション。神々が集う地・島根ならではの演出にも注目です。
雲海が見られる絶景リゾートでキャンプ!「天空の宿おおなん いこいの村しまね」」

4月にオープンした「天空の宿おおなん いこいの村しまね」。雲海が見られる高原リゾートの敷地内でキャンプを楽しむことができます。テント設営や朝食サービスのほか、ホテルの絶景大浴場も利用できるので、初めてのキャンプにもオススメです。
■夏の海や大自然を満喫するならやっぱり隠岐!おき得乗車券でおトクに隠岐を旅しよう!
海や大自然を満喫するなら、隠岐はぴったりな場所。隠岐の最新のお宿と自然を満喫できるスポットをご紹介します。この時期には、おトクにフェリーを利用できる「おき得乗車券」( https://www.oki-toku.jp/)も発売中。隠岐の大自然で、羽を伸ばしませんか。

今年4月にオープン!Hito_Naka西町

大正時代に建てられた築105年の古民家をフルリノベーションした建物です。共有のダイニングキッチンがあり、近隣の商店街で仕入れた食材を料理できるなど、島の商店街の営みに触れながら滞在できるゲストハウスです。
  • 住所:島根県隠岐郡隠岐の島町西町八尾の2
  • TEL:0120-313-397
  • URL:https://okiplaza.com/

隠岐旅工舎 神秘の島“隠岐島”リトリートツアー

大自然や人との関わりや繋がりを体感できる、2泊3日のリトリートツアー。お宿「KUSUBURU-HOUSE」にて焚火を囲んで語らう体験やガイドによる自然観察をはじめ、ご当地食材を使ったお食事、島のアロマオイルを使ったトリートメント体験ができます。ココロもカラダも元気になれるプランです。
隠岐の自然に足をのばすなら、マイナスイオンに包まれた壇鏡の滝(だんきょうのたき)へ

「日本の滝百選・日本名水百選」に選ばれている隠岐の島町内の自然スポット。滝の落差は約40mあり、付近ではミストのような水しぶきを感じることができます。滝を裏側からも眺めることができるほか、滝に通ずる参道は、老杉が天をおおうように立ち並んでおり幻想的な場所です。
  • 住所:島根県隠岐郡隠岐の島町那久
  • TEL:08512-2-0787


■暑い夏はスイーツで癒しを。オープン間もない話題のスイーツ店へ
「体験」も楽しむ和カフェ「坂根屋ビストロ&カフェ あん」

今年4月に出雲にオープンしたカフェ「坂根屋カフェ あん」。フルーツや和菓子を温かいあんこにフォンデュしていただく「坂根屋特製あんこのあんフォンデュセット」をはじめ、自分好みにアレンジしてお召がりいただけるスイーツを提供しています。出雲を感じられるメニューが体験できる、新スタイルのカフェです。また、島根のお野菜や、お肉、魚を存分にお楽しみいただけるランチコースや、夜のコースも6月30日からスタートします。
KAKA・IZUMO

今年2月にオープンしたばかりの「KAKAIZUMO」。島根土産としても有名なお菓子を作る中浦食品が運営するスイーツ複合ショップです。店内では地元の素材にこだわって作られたジェラートも提供されています。カラフルなソーダとジェラートが合体した「ジェラートオンソーダ」は、お店の自信作。写真映えすること間違いなしです。
■日比谷しまね館情報


島根県の物産・観光・移住情報などが盛りだくさんのアンテナショップ。首都圏における島根県の新たな情報発信・活動拠点です。遠方への外出がしづらい今だからこそ、是非日比谷しまね館で島根県の魅力を堪能ください。
  • 〒100-0006
    東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ地下1階
  • 営業時間 11:00~20:00
  • 定休日 日比谷シャンテの休業日に準ずる
  • 公式HP:  https://www.shimanekan.jp/ 
■送料無料キャンペーン実施中
 日頃のご哀歓に感謝して、5,000円以上ご購入のお客様を対象に6月26日まで実施中

7月5日は「穴子の日」!~島根の大あなご丼がカフェメニューに登場~

全国有数のアナゴ漁獲高を誇る島根のアナゴを、どんぶりにど~んと乗せた「大あなご丼」がカフェメニューに初登場!7月5日(火)、「穴子の日」にちなんで、大あなご丼お披露目イベントを開催します!肉厚で柔らか、ジューシーな島根の大あなごの味を、日比谷しまね館でご賞味いただけます♪期間中、ご縁ステージ(館内特設ブース)でアナゴ商品の強化販売も実施します。大あなご丼の開発にご協力いただいた、島根県大田市の「(有)岡富商店」さんにお越しいただき、対面での商品販売も行います!
アナゴづくしの10日間、是非この機会に、島根のアナゴの魅力をご堪能ください♪
  •  【日時】2022年7月5日(火)~14日(木)
    ※(有)岡富商店の対面販売は7月5日、7月6日のみ11:00~18:00
  • 【場所】日比谷しまね館
    ※詳細は決まり次第、日比谷しまね館HP等で随時更新予定です。
      (日比谷しまね館HP:https://www.shimanekan.jp/
  • 新型コロナウイルス感染状況により内容が変更になる場合があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 島根県 商工労働部 観光振興課 >
  3. 【しまねNEWS LETTER 2022 6月号】新オープン・リニューアルオープン施設も多数!旅の再開は魅力的な夏の島根から始めてみませんか