食用バラ農家「ROSE LABO」がコロナ禍のフラワーロス削減のために開発した『ローズバリアスプレー』に詰め替え用が登場!2月22日(月)より公式オンラインストアにて発売

本体容器の再利用を促し、ゴミを減らす活動「ゼロウェイスト」。このプロジェクトは、SDGsの指標のひとつ「12.つくる責任 つかう責任」に貢献しています。

ROSE LABO(ローズラボ)株式会社(以下ROSE LABO)は、埼玉県深谷市で農薬不使用の食用バラを栽培し、そのバラを原料とした加工食品と化粧品を開発・販売している農家です。ビタミンA・ビタミンC・ポリフェノール・食物繊維などの成分が検出されている"食べられるバラ"を通して、世界中の人々に美しいライフスタイルを提案しています。ROSE LABO(本社:埼玉県深谷市 代表取締役社長:田中綾華)は、2020年7月、手指の消毒もできるバラの香りのマスクスプレー『ローズバリアスプレー』を発売しました。発売以来多くの方にご愛用いただき累計販売数が2万本を突破。そしてこの度『ローズバリアスプレー 詰め替え用』を2月22日(月)より公式オンラインストアにて発売いたします。

 
  • 『ローズバリアスプレー』の開発ストーリー

写真:出荷先を失った収穫直後の食用バラ

2020年、コロナ禍における飲食店営業自粛の影響で、ROSE LABOのなかで最も需要の高い母の日のイベントが全てキャンセルとなってしまいました。日に日に増えるキャンセル対応をしながら、出荷先を失った新鮮な食用バラを見て、廃棄を考えました。バラ農家である私たちは、コロナ禍において苦しい状況が続きましたが、お客様をはじめ、市役所など多くの方に支えていただきました。そんななか、感染予防対策をしながらも親身になってくれた市役所職員の皆さまを見て「この食用バラで社会のためになる商品を作ろう」と考え、冷凍庫に入りきらない新鮮な食用バラを「ローズウォーター」と「ローズエキス」に加工。それを原料にした『ローズバリアスプレー』(20mL 税別1,500円)を2020年7月に発売いたしました。

『ローズバリアスプレー』は、コロナ禍で出荷先を失った新鮮な食用バラから作られた、手指の消毒もできるマスクスプレーです。敏感肌の方も手に取りやすい、天然由来成分100%。さわやかなバラの香りで息苦しいマスクをリフレッシュします。

発売以降、コロナ禍のフラワーロス削減で生まれた製品として新聞10社、テレビ8件でご紹介いただき『ローズバリアスプレー』の累計販売数が2万本を突破(2021年2月現在)。

そしてこの度、本体容器の再利用を促すために『ローズバリアスプレー 詰め替え用』を発売いたします。日頃よりご愛用いただいている皆さまへ、本体容器を捨てずに再利用をお願いする活動を積極的に行い、今後もSDGsの「12.つくる責任 つかう責任」に貢献する取り組みを行って参ります。

 
  • 「ローズバリアスプレー」の3つのこだわり

1. 手指の消毒ができるサトウキビ由来のエタノールを60vol%配合
サトウキビ由来のエタノールが60vol%含まれているため、消毒用エタノールの代替品として手指消毒に使用することができます。

2. 天然由来成分100%のスキンケア処方
アルコールが苦手な方にもお使いいただけるように、天然由来の成分だけで作りました。美容保湿成分配合なので、お肌を保護し乾燥を防ぎます。

3. リラックスできる爽やかな香り
『ローズバリアスプレー』の爽やかな香りは、ROSE LABOオリジナルブレンド。みずみずしい植物の香りが特徴で、華やかなローズやラベンダーをベースに、時折さわやかなハーブが香ってきます。さりげない香りが、日常を華やかに彩ります。

 
  • 「ローズバリアスプレー 詰め替え用」概要

■価格
1,500円(税別)、1,750円(税込)
■容量
50mL(20mLの本体ボトルに詰め替えた場合、約2.5本分)
​■天然由来成分
100%
■フリー成分
石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、紫外線吸収剤、タール系色素、合成香料不使用 以上すべて不使用
■特徴成分
ハイブリッドローズ花水(ローズウォーター)、ハイブリッドローズ花エキス(ローズエキス)、ラベンダー油、ベルガモット果実油、ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム)
■発売日
2月22日(月)10:00よりROSE LABO公式オンラインストアにて発売開始

 
  • 手指の消毒にも使える、バラの香りのマスクスプレー

■マスクに
表側から約10cmほど離して1〜2プッシュし、マスクを乾かすように20回ほど振ってご着用ください。
 

■手指に
ポンプをゆっくり押し、適量をお取りください。約15秒間、両手にまんべんなく塗り広げてください。
布製の衣類や寝具などにもご使用いただけます。

 

 

 
  • ROSE LABOについて

ROSE LABOは、埼玉県深谷市にて農薬不使用の”食べられるバラ”の栽培、そのバラを原料とした加工食品と化粧品の開発・販売をしています。「"食べられるバラ"で美しく、健康に、幸せに」をコンセプトに、オリジナルブランドで加工食品(5種)と化粧品(16種)を展開しています。

公式オンラインストア:https://www.roselabo.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/roselabo.japan
公式Twitter:https://twitter.com/roselabo_jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/roselabo.japan

 
  • 会社概要
■会社名:ROSE LABO株式会社(ローズラボカブシキガイシャ)
■本社所在:埼玉県深谷市大谷
■設立日:2015年9月7日
■事業内容:食用バラの栽培、商品開発、販売、講演、農業コンサルティング
■会社HP:https://www.roselabo.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ROSE LABO株式会社 >
  3. 食用バラ農家「ROSE LABO」がコロナ禍のフラワーロス削減のために開発した『ローズバリアスプレー』に詰め替え用が登場!2月22日(月)より公式オンラインストアにて発売