ダイトウボウ株式会社(東証1部上場)が新中期経営計画を公表

【コロナ後の新しい経営スタイル】を公表

 ダイトウボウの新中期経営計画では、ニューノーマル下における市場変化への対応を見据え、事業ポートフォリオを見直し、より収益性・将来性の高い業務へのシフトを強める考えです。
 収益の柱である商業施設事業に経営資源の傾斜配分を継続するとともに、コロナ禍で市況回復に遅れがみられる一部アパレルOEM市場や旧来型の低機能な寝具の製造販売を縮小し、働く女性などをターゲットとしたジェンダーフリーなアパレルOEMや高機能のヘルスケア製品販売へのシフトを一段と推し進めます。
 その際、SDGsに準拠したテーマでの事業展開に注力するとともに、ESG(環境・社会・ガバナンス)などの概念もしっかり意識して取り組みます。
 こうした、事業推進においては、当社事業相互の垣根を取り払いオールダイトウボウとしてベストなソリューションを顧客に提供することや、自社ECサイトなど非対面のチャネル活用などにより、ニューノーマル下での新たなビジネスチャンスをしっかり捉えていく考えです。
 詳細は添付資料「中期経営計画ブレークスルー2024~PROGRESS IN THE NEW NORMAL~」をぜひご覧ください。

 

以下抜粋です。
詳細は、最下段のURLをご参照ください。
 

https://prtimes.jp/a/?f=d67473-20210518-5471.pdf

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダイトウボウ >
  3. ダイトウボウ株式会社(東証1部上場)が新中期経営計画を公表