テレワーク・リモートワーク総合研究所が、テレワークの「インターネット環境」に関するアンケート結果を公開!

6割以上が自宅のインターネット回線・Wi-Fi環境に対して不満!?

【テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)】
 https://teleremo.net/

株式会社LASSIC(ラシック)(本社: 鳥取県鳥取市、代表取締役社長: 若山幸司、以下「LASSIC」)が運営する、「場所に依存しない働き方」を推進・支援する情報を発信するWEBメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)」は、テレワークの「インターネット環境」に関するアンケート結果を公開しました。

■アンケートについて
急速に広まったテレワークという働き方。在宅勤務人口の増加とともに、オフィス勤務とテレワーク・リモートワークを使い分けるハイブリッドワークや、個人作業は在宅で……といった多様な働き方が生まれ始めています。

一方、在宅勤務でしばしば問題になるのが自宅のインターネット回線。環境によっては『Zoom』などのテレビ会議の最中にフリーズしたり、ファイルの送信中に切断してしまったり……。また、大きなファイルをやりとりする際に回線がふさがってしまうと、家族から「スマホで動画が観られない!」とクレームが来てしまったという声もあるようです。

今回は現在テレワークしている方を対象に「インターネット環境」について調査を行いました。

 Q.​利用中のインターネット回線はなんですか?(複数回答可)

  • 光回線+Wi-Fi 50.79%
今回のアンケートで、最も多かった回答がこちらです。家庭用の光回線は一軒家に向けたサービスはもちろんのこと『マンションタイプ』と呼ばれる集合住宅向けサービスも含め、家電量販店などで簡単に契約することができます。また、Wi-Fiを飛ばすためのルーターがセットになっている場合も多いことから今回の結果につながっていると思われます。

使い方によってはスマートフォンの通信量を節約できたり、タブレットやノートパソコンを接続して家庭内のどこからでもインターネットが利用できたりとメリットも多いため、在宅勤務を始める前から導入していたという方も多いのではないでしょうか。
 
  • 光回線+LANケーブル 22.75%
在宅勤務にかかわらず、すでにパソコンを所持している場合は家庭用に回線を引いていることが多いのではないでしょうか。前述したようにWi-Fi用のルーターがサービスに含まれていることがある一方、あえてLANケーブルをパソコンにつないで作業をするという方も多くいらっしゃいます。

LANケーブルをつなぐ場合、Wi-Fiと比較して行動範囲はどうしても狭くなってしまいますが「電波の混線が少ない」「データのやりとりが安定する」などといったメリットがあり、高速回線を安定的に利用したいという方から支持されているようです。
 
  • Wi-Fiルーター(ドコモ、au、ソフトバンク)9.84%、(その他)10.31%
在宅勤務になってインターネット回線が必要になったけれど、回線工事の日程調整や立ち合いが面倒……という声も聞かれます。その点、工事なしで使用できる手軽さからか、Wi-Fiルーターを使用している方も約2割にのぼりました。

携帯電話と同じキャリアのサービスを契約することで割引が受けられるなど、お得なプランが用意されているのも特徴ですが、1日に使用できるデータ量に制限がついている場合もあるため、業務上インターネット回線の利用頻度が高い方は注意が必要となりそうです。
 
  • ADSL(LAN、Wi-Fiあわせて)9.66%
ADSLとは光回線とは違い、電話回線を利用した高速インターネット回線のことを指します。前述の光回線や、Wi-Fiルーターをはじめとしたモバイル回線の普及により、存在を耳にすることは少なくなりましたが、光回線の届かない地域もあるのが実情です。そういった地域においては広いエリアで使えるADSLが重宝されていることもあるようです。
 
  • スマートフォン(4G) 9.94%
家庭にインターネット回線を引いていないパターンです。パソコンを使用せずにスマホアプリを用いて『Zoom』などでテレビ会議を行ったり、パソコンを使う場合も、スマートフォンやタブレットをルーターとして利用するテザリングという方法を用いて、4G回線に接続するという方法が該当します。

普段から使用している回線を使うため、最もお手軽な方法と言えますが、データ通信量が多くなってしまうと、通信制限までの容量(いわゆる「ギガ」)をあっという間に消費してしまう場合もあるようです。
 
  • スマートフォン(5G) 0.84%
いよいよサービスを開始した第5世代移動通信システム『5G』。モバイル通信用回線でありながら、家庭用の通信速度に迫る高速回線ということで、様々な可能性が期待されています。

5Gのサービスは始まったばかりのため、今回の調査では1%未満でしたが、数年後には割合が大きく変動している可能性もあるかもしれません。


そして今回は、インターネット環境への「不満点」についても調査を行いました。

 Q.インターネット回線やWi-Fi環境への不満点はなんですか?(複数回答可)

6割以上の方が現在のインターネット環境に不満があるという結果となりました。
 
  • 回線速度が不安定(つながらない時がある) 32.9%
オフィスで使用している回線に比べ、家庭用のインターネット回線は不安定になりやすく、特にマンションタイプと呼ばれる集合住宅で共用の光回線をしている場合や、モバイルルーターなどを使用している場合などに発生することがあるようです。

テレリモ総研の調査では、約2割の方が回線速度の不安定さがテレワークのストレスの要因になっていると回答していることから、テレワークにおいてインターネット環境を整備することの重要性がうかがえます。
 
  • 回線速度が遅い 22.6%
上記と同じく、共用の光回線をしている場合や、モバイルルーターを使用している場合、地域の利用者が多すぎると、極端に回線速度が遅くなってしまう不具合が発生する事があるようです。そのような不具合が多発する場合は、一度プロバイダに相談してみてもいいかもしれません。
 
  • 回線料金が高い 12.35%
月に数千円でも、それが毎月となれば家計にも響いてきます。今までインターネットを導入していなかったご家庭の場合はなおさらではないでしょうか。とはいえ、在宅勤務の場合、インターネット環境の有無や安定性が業務効率に直結することもあり得ます。これから契約する場合、業務内容からインターネットの通信頻度を想定し、最適な接続方法や通信プランを比較検討して無駄なく快適なテレワーク生活を送りたいものです。
 
  • セキュリティが心配 14.58%

オフィスに比べて、家庭用のインターネット環境ではセキュリティが脆弱になってしまいがちです。知らない間に、大事なデータが盗まれてしまうかも……? 特に業務利用の場合は、アンチウィルスソフトや通信を暗号化し安全性を高めるVPNなどのセキュリティ対策は不可欠となりそうです。


プライベートで利用する分には快適だった自宅のインターネット環境が、業務利用においては何かしら不満を感じているという方が6割を超えることが分かった今回の調査。接続に不具合のある状況で仕事をするのはストレスをを感じやすいだけでなく、生産性にも影響が出てしまうかもしれません。昨今のコロナ禍を機に在宅勤務となった方も、以前から在宅勤務されている方も、ご自宅が安心安全に、そして快適にインターネット利用できる環境になっているかいま一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

テレリモ総研では、今後も継続して意識調査を行ってまいります。

※テレリモ総研サイト内でも調査結果を基にしたコラムを公開中です。
 https://teleremo.net/?p=34


■調査概要
調査期間:2020年9月1日~2020年9月4日
調査対象:全国20歳〜65歳のテレワーク/リモートワークを経験したことがあるワーキングパーソン男女1077名
調査方法:インターネット調査

■著作権について
本リリースは、自由に転載いただくことができます。
本リリースの著作権は株式会社LASSICに帰属しますが、以下の利用条件を満たす方には利用権を許諾します。

*利用条件
(1) 情報の出典元として株式会社LASSICの名前を明記してください。
(2) 出典元として以下のURLへのリンクを設置してください。https://www.lassic.co.jp
(3) 調査結果データの加工・改変は許可しておりません。
(4) 当社が相応しくないと判断した場合には、転載の許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。
(5) 掲載内容をもとに、独自のコンテンツとして編集・執筆いただくことができます。
 


テレリモ総研では、人々が場所によって仕事内容や職種、勤務条件を左右されることなく活躍できる世界を実現すべく、テレワーク・リモートワークが働き方の選択肢の一つとして一般化することを目指し、多様な働き方に注目した情報をお届けしてまいります。

以上 



■株式会社LASSIC(ラシック)について 
LASSICは2006年に鳥取県で創業し、『~鳥取発~ITで、地方創生』を経営理念に、ITを通じてポテンシャルや魅力に溢れた地方の活性化、地方創生の実現を目指している企業です。 

東京に一極集中しているIT業界の経済活動を地方に分散させる“地方輸出”の仕組みづくりや、ITとアイデアで地方自治体の課題解決を支援する地域イノベーション支援事業、人や組織の状態を見える化し改善を支援する感情解析技術の研究開発などに取り組んでいます。 

人々が心豊かに働ける環境を整えると同時に、社会に向けて新しい価値を発信し、日本全体の経済活動を盛り上げるべく、事業を推進しています。 
 

本 社: 〒680-0843 鳥取県鳥取市南吉方3-201-3 
代表者: 代表取締役社長 若山 幸司 
設 立: 2006 年 12 月 26 日 
資本金: 9,968万円 
事業内容: システムインテグレーション事業、Remogu(リモグ)事業(リモートワーク人材エージェント)、KnockMe!(ノックミー)、地域イノベーション支援事業、感情解析研究開発事業 
拠点: 鳥取(本社)、秋田、仙台、東京、大阪、姫路、那岐、米子、岡山、広島、福岡 
URL: https://www.lassic.co.jp 
Facebook: https://www.facebook.com/lassic.co.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LASSIC >
  3. テレワーク・リモートワーク総合研究所が、テレワークの「インターネット環境」に関するアンケート結果を公開!