【セラシオへの事業売却、そして協業の可能性を探る】セラシオジャパン最高協業責任者、M&A担当者と直接話せるAmazonストア事業売却オンライン相談会

開催日時:2021年9月28日(火) 15:00~16:30

PR戦略立案、Amazonストアの運用代行、クリエイティブまで一手に担う「エンゲージメント・イノベーター」のアウル株式会社(代表:北村 俊二、本社:東京都港区、以下アウル)は、2018年の創業からわずか2年で米国のユニコーン企業※となったThrasio(セラシオ)の日本法人、セラシオ合同会社(代表:二宮 一央、本社:東京都中央区、以下セラシオ社)と共に、事業の事業売却を検討しているEC事業者向けのオンライン相談会を、2021年9月28日(火)15時より開催します。
当日の第一部では、セラシオ社最高協業責任者・小澤 良介氏よりセラシオ社の特徴や他社との違いを始めとし、具体的な事業売却フローや協業の可能性について、さらに事業売却した後の事例を紹介。更に、M&A日本企業担当・土井田 渉氏より事業売却を検討しやすい基準や審査ポイントなど、事業売却を検討している、または今後選択肢として視野に入れている事業者に向けて具体的に解説します。第二部では、小澤氏・土井田氏両名と参加者の対話形式での質疑応答を行います。

 

※ 創業10年以内で企業価値が10億ドルを超える未上場企業のこと
特設サイトURL:https://www.aur.co.jp/news/news17/
※お申込み期間:2021年9月17日(金)~9月27日(月)PM 5:00/先着15名

 
  • 本相談会開催の背景
創業からわずか2年で企業価値が1,000億円を超え、資金調達額は2,000億円を達成してユニコーン企業となったセラシオは、アジア市場の先駆けとして日本を拠点にビジネスを展開すべく、2021年3月に日本法人としてセラシオ合同会社を設立。日本国内での事業拡大をさらに進めるために、事業売却を検討している事業者の疑問解消や問題解決を促進できるよう、対話形式での「相談会」を開催するに至りました。
 
  • 本相談会の概要
■相談会名:EC事業者向け Amazonストア事業売却オンライン相談会
■開催日時:2021年9月28日(火) 15:00~16:30(14:30受付開始)
■会場:Zoomによるオンライン配信
    ※申込みをいただいた方に別途ご視聴方法をご案内いたします。
■定員/受講料:先着15名/無料
■当日プログラム ※プログラムは予告なく変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。
【第一部】 約60分
 1-セラシオ社の特徴、セラシオ社による事業売却メリット
 2-事業売却を検討しやすい事業者の特徴
 3-事業売却の手法について(株式譲渡と事業譲渡の違いとメリット・デメリット)
 4-事業売却のシミュレーション(審査のフローや入金シミュレーション)
 5-事業売却後のライフワーク事例
 6-事業売却に向けての第一歩
 7-アウルによる一次審査について
【第二部】 約30分
 質疑応答(セラシオ社小澤氏・土井田氏/アウル柴田)
 
  • 登壇者の紹介

セラシオ合同会社 最高協業責任者 小澤 良介(おざわ りょうすけ)氏

1978年生まれ。明治大学在学中に起業し、内装やインテリア事業を手がける。2004年にリグナ株式会社を創業し、インテリア家具を扱うECサイト「リグナ」をオープン。当時インテリア業界にほとんど浸透していなかったECマーケットに切り込み、新風を巻き起こした。2020年10月に、リグナのさらなる成長を図るため、東証一部上場企業「綿半グループ」に同社の全株式を売却。著書に「100%「好き!」を仕事にする人生」「なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?」「LIFE STYLE DESIGN」がある。

■EC事業者相談会開催にあたって(コメント)
今回は皆様との大変貴重な機会をいただき感謝いたします。私も昨年、18年間創業から経営してきた会社の売却を経験しました。創業者の気持ちを深く理解しながら、売却というフェーズを経て次のステージへと進まれる皆様のサポートを精一杯させて頂きたいと考えております。些細なことでも是非ご相談いただければ幸いです。
 

セラシオ合同会社 M&A日本企業担当  土井田 渉(どいた わたる)氏
1988年生まれ。東京大学法学部卒業後、三井物産に入社し森林資源事業への投資案件に従事した他、ヘルスケア業界での新規事業開発や米ベンチャー企業の日本進出を支援。マサチューセッツ工科大学にてMBA取得。
セラシオ社では、事業売却に際するデューデリジェンス実務を担当。

 

アウル株式会社 執行役員  柴田 大輔(しばた だいすけ)
1983年生まれ。雑誌の広告営業や編集ライティングの経験を活かし、「より編集の力を軸にデジタル領域で世の中にインパクトを与えられる仕事ができないか」と検討するなかでアウル株式会社に出会い、2012年に入社。ECサイト運営のコンサルタントとしてプラットフォームの力だけに頼らず、アウルが得意とするPR・SNSマーケティングを駆使して様々な事業会社様のECサイトの売上アップに貢献している。日本パブリックリレーションズ協会が主催する PRアワードにて2017年に「FISHERMAN CALL」で金賞を受賞。
 

■Thrasio(セラシオ)とは
Thrasio(セラシオ)は、米Amazon.com Inc(アマゾン・ドット・コム)に出店する中小企業と協業し事業成長を促し、グローバル化させることでグループ拡大を推進していく米ユニコーン企業です。2018年の創業からわずか2年でユニコーン企業※となり、2020年12月以降に調達した資金は13億5,000万ドル(約1,460億円)に達しています。
この度、日本で本格的に事業を始動するにあたり、日本法人のセラシオ社は、「ハッピーリタイア・ハッピーリスタート」の理念のもと、AmazonのEC 事業社と協業を進めて 
            いく考えです。
 
  • 参加お申込み方法
以下のお申込みフォームより、必要情報を入力し、お申込みをお願いいたします。
●URL:https://www.aur.co.jp/news/news17/
●お申込み期間:2021年9月17日(金)~9月27日(月)PM 5:00
 ※お申込みをいただいた方には後日、参加URLをお送りいたします。
 ※お問い合せはセミナー事務局<thrasio-ml@aur.co.jp>までお願いいたします。

<お申込みにあたってのご注意事項>
・主催者および登壇者の都合により構成・内容の一部が変更となる場合があります。
・自然災害、感染症、講師の急病等の不可抗力により、主催社判断で開催を中止することがあります。
 中止を決定した場合は、お申込み時にご記入いただいたメールにてご連絡します。
・事前のお申込み情報と参加者様が異なる場合は、ご参加をお断りする場合がございますので、
 あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
・セミナーテーマと関係ない事業者様、目的不明の事業者・同業者様に関してはご参加をお断りいたします。
・セミナー内容の撮影、録画、録音などの記録および公開は固く禁止させていただきます。
 
  • 会社紹介

会社名      :アウル株式会社(AUR Inc.)
所在地      :東京都港区赤坂2-8-5 若林ビル2F
代表         :代表取締役 兼 CEO 北村 俊二
設立日      :2006年1月23日
資本金      :10,000,000円
業務内容   :PR事業・ライブ配信事業・デジタルマーケティング事業
従業員数   :60名
取得資格   :プライバシーマーク(登録番号 第17001107(05)号)
Webサイト:https://www.aur.co.jp/

【一般企業・団体様からのお問い合わせ先】
アウル株式会社 セミナー事務局
TEL:03-5545-3888 MAIL:thrasio-ml@aur.co.jp
WEBサイト: https://www.aur.co.jp/news/news17/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アウル株式会社 >
  3. 【セラシオへの事業売却、そして協業の可能性を探る】セラシオジャパン最高協業責任者、M&A担当者と直接話せるAmazonストア事業売却オンライン相談会