インドのリチウムイオン電池市場は、2027年まで21.8%の成長が見込まれる

ASTUTE ANALYTICA社が2021年10月25日に発表した最新レポートによると、インドのリチウムイオン電池市場では、大規模な組み立てユニットが存在し、リチウムイオン電池の生産に必要な複数の港や鉱山が存在することから、南地域が支配的な地域となっています。

インドのリチウムイオン電池市場は、5分の1がスマートフォンで占められている家電製品の末端からの需要増加の影響を受けています。最近では、公害削減のために従来の自動車よりも電気自動車が好まれるようになってきており、リチウムイオン電池業界は増加し、信用を得ることが期待されています。複数のプレーヤーが新工場の設立や既存の設備の増強に取り組んでおり、業界ではサプライチェーン全体で投資するプレーヤーの数が急増しています。リチウムイオン電池のバリューチェーン 

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.astuteanalytica.com/request-sample/india-lithium-ion-battery-market

インドのリチウムイオン電池(LiB)市場は、2021年から2027年にかけて21.8%のCAGRで成長し、2027年には110億米ドル以上になると予測されています。


スマートフォンやノートパソコン、家庭用機器などの家電製品に強い関心を持つ中間所得層のライフスタイルや購買嗜好の変化は、インドにおけるリチウムイオン電池の需要を拡大させている大きな要因の一つです。また、急速な都市化、再生可能エネルギーの進歩、エネルギー安全保障が自動車市場に変革をもたらし、電気自動車(EV)の販売台数が増加しています。さらに、インドの電気自動車の国内産業を支えるために、研究開発部門が多くの投資を行っています。インド工科大学マドラス校には、新しい先進的なバッテリー技術に特化した研究開発センターがあります。インド政府は、急速に成長するインドの都市部において、電動モビリティへの急速な移行がもたらす経済的利益を最大化することを決意しています。このような要因が、インドのLiB市場の成長を支えています。逆に、インドのリチウム埋蔵量が限られているために輸入に頼っていることや、亜鉛電池やフロー電池などの他の先進技術との競争が、市場の成長をスムーズに進める妨げになる可能性があります。

市場には、LCO、LFP、NCA、NMC、LMOなど、さまざまな種類のリチウムイオン電池があります。しかし、リン酸鉄リチウム(LFP)は、安価で国内に豊富に存在するリン酸鉄などの金属で構成されているため、市場シェアを独占しています。リチウムコバルト酸化物(LCO)電池は、コバルトの価格低下により、最も高いCAGRで成長しています。この電池は、0-300mAHから60,000mAH以上まで、電池の種類や用途に応じてさまざまな出力容量があります。LiBの様々な用途の中でも、自動車用OEMが市場シェアを占めています。電池パックには、パウチ型、シリンダー型、プリズム型など様々な形態があり、パウチ型電池パックは、軍用、民生用、自動車用など様々な用途で使用されています。

地域別分析
インド市場の地域分析では、北インドのUttar Pradesh、Rajasthan、Delhi、Haryana、南インドのTamil Nadu、Kerala、Karnataka、Andhra Pradesh、東インドのWest Bengal、Bihar、Assam、西インドのGujarat、Maharashtra、Madhya Pradeshといった地域を調査しました。南部地域は、リチウムイオン電池の生産に必要な港や鉱山があることに加え、大規模な組立工場が存在するため、インドのリチウムイオン電池市場では圧倒的な存在感を示しています。

競合他社の分析
リチウムイオン電池市場のリーディングカンパニーである Amara Raja Batteries Limited (ARBL) は、スマートシティプログラムの一環として、Tirupati Municipal Corporation と共同で、電気自動車 (EV) の充電ステーションとバッテリー交換ステーションを Tirupati に設置しました。リチウムイオン電池市場でARLBと競合するタタ・ケミカルは、使用済みのリチウムイオン電池から正極活物質を商業的に回収する目的で、リチウムイオン電池リサイクルプラントを立ち上げました。その他、HBL Power Systems、Eon Electric Ltd.、Exide Industries Ltd.、Microtex Group、BHELなどが市場で活躍しています。

マーケット・セグメンテーション 
 

製品タイプ別 

  • リチウム・ニッケル・マグネシウム・コバルト(LI-NMC
  • フェロリン酸リチウム(LFP
  • リチウムコバルト酸化物(LCO
  • チタン酸リチウム酸化物(LTO
  • リチウムマンガン酸化物(LMO)
  • リチウム・ニッケル・コバルト・アルミニウム酸化物(NCA)
電源容量別
  • 0-3,000 mAH
  • 3,000-10,000 mAH
  • 10,000-60,000 mAH
  • 60,000 mAH以上
形態・デザイン別
  • ポーチ
  • シリンドリカル
  • 楕円形
  • プリズム
  • カスタムデザイン
アプリケーション別
  • コンシューマーエレクトロニクスOEM
    • スマートフォン
    • ノートパソコン
    • UPSシステム
    • スマートカメラ
    • スマートウォッチ
    • スマートグラス
    • スマートテキスタイル
    • その他
  • 自動車OEM
    • ハイブリッド電気自動車(HEV
    • バッテリー式電気自動車(BEV
    • その他(サービスステーション/ディーラー)
  • エネルギー貯蔵
    • 商業用
    • 産業用
    • 住宅
    • ユーティリティー
    • 産業用OEM
    • ミリタリー
    • 産業用機器
    • 医療機器
    • マリン
    • テレコミュニケーション
    • 鉱業
    • フォークリフト
    • その他
  • その他のOEM
  • アフターマーケット
国別
  • 北インド
  • 南インド
  • 西インド
  • 東インド
市場の成長に貢献しているいくつかの重要なプレーヤーがいます。

インドのリチウムイオン電池業界のローカルプレーヤー
  • インド宇宙研究機関(ISRO)
  • Amara Rajaグループ
  • Exide Industries Ltd.
  • Microtex Energy Pvt.Ltd.
  • タタ・ケミカル
  • Bharat Heavy Electricals Ltd. 
  • その他の有力企業
リチウムイオン電池業界のグローバルプレーヤー
  • BYD社 
  • LG Chem
  • パナソニック株式会社
  • サムスンSDI
  • (株)東芝
  • その他の有力プレイヤー

続きを読む:https://www.astuteanalytica.com/industry-report/india-lithium-ion-battery-market

私たちについて:
Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経験豊富なチームがあるからこそ可能なことです。私たちの優先順位は、お客様を最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高のパッケージを手に

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Astute Analytica >
  3. インドのリチウムイオン電池市場は、2027年まで21.8%の成長が見込まれる