プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

ドンバテック株式会社
会社概要

生成AIがスポーツ業界とどのように結びつくか

KickGPT:日本AIの国際化への道を探る

ドンバテック株式会社

2024年5月30日、現在東京在住の中国系アメリカ人企業家の白強によって日本で発起されたKickGPTプロジェクトが、オランダのアムステルダムにあるヨハン・クライフ・アリーナで開催されたSoccerex世界サッカービジネス大会で初めて発表されました。これは業界で初めてスポーツ業界に完全に焦点を当てた生成AI技術プロジェクトです。

ChatGPTは2022年11月末にOpenAIによって発表され、世界中でAIブームを引き起こしました。AIは人類の第二の産業革命として称賛されており、法律、カスタマーサービス、ソフトウェア、製造業など様々な業界で劇的な変化をもたらしています。しかし、スポーツ業界での生成AIの広範な利用はまだ比較的少ないのが現状です。主な理由の一つは、スポーツ自体がコンテンツ業界であり、生成AIによる最大の変革はコンテンツの生成にありますが、現時点ではAI生成のコンテンツがスポーツコンテンツを代替することはできないからです。


では、サッカー業界はAIと結びつくことができるのでしょうか?サッカー専用のChatGPTを持つことができるのでしょうか?サッカーChatGPTは何ができるのでしょうか?選手を選ぶことができるでしょうか?コーチが決定を下すのを助けることができるでしょうか?試合の結果を予測することができるでしょうか?サッカー業界のAIに対する期待とAIの実際の能力には乖離があるのでしょうか?

5月30日、日本の東京に本社を置くAI企業が、オランダのアムステルダムで開催されたSoccerex世界サッカー会議で、このようなプロジェクト、サッカー業界専用のChatGPT「KickGPT」を正式に発表しました。



Soccerexは世界最大のサッカービジネス展示会であり、アメリカとヨーロッパで定期的に開催されています。KickGPTはSoccerexの公式パートナーです。

今年のSoccerex Europeはヨハン・クライフ・アリーナで開催されました。クライフ・アリーナは1996年以来、オランダの伝統的な強豪クラブ、アヤックスの本拠地です。アヤックスはまた、オランダのサッカー伝説であるウェスリー・スナイデルの最初のプロクラブでもあります。元アヤックスの10番プレーヤーとして、このスタジアムはスナイデルのプロサッカーキャリアの出発点であり、オランダ代表としての旅を終えた場所でもあります。今、このサッカーの聖地はスナイデルにとって新たな出発点となります。スナイデルと中国系アメリカ人企業家の白強が共同で起業したビジネスの延長として。




白強は1990年代中期以来、アメリカと中国でインターネットとAI分野で連続起業しており、初期の成功したAI企業の共同創業者の一人です。白強はアメリカと中国で後に上場した3つのスタートアップを共同創業しました。現在、白強は東京に常駐し、東京でKickGPTプロジェクトを立ち上げました。これは、東京が最もリベラルでAIに対する支援的な環境を提供しており、世界中の才能ある人材を引き付けるからです。

白強は、生成AIで作成されたスナイデルのデジタルアバターと共に、KickGPTを世界のサッカー界に紹介しました。生成AIとAI IPを通じて、KickGPTはサッカー業界の変革と革新を促進し、新たな収益機会をもたらします。



### サッカー業界専用のChatGPT

KickGPTとは何か簡単にご紹介いただけますか

KickGPTとは何か?司会者の言葉を借りれば、KickGPTはChatGPTですが、サッカー業界専用のChatGPTです。実際には、生成AI技術に基づく統合体と考えています。

この統合体とは、一方でIBM Professional ServicesのようなAI技術サービスを提供し、サッカー業界にサービスを提供することです。もう一方で、CAAとGetty Imagesの統合体のように、クラブ、選手、コーチなどのAI IPを契約し、創造し、管理します。顧客がメッシのAI IPのようなAI IPを必要とする場合、私たちに依頼し、私たちはそれを顧客に許可します。現在、サッカー業界は生成AIに対する理解と経験が不足しており、AI業界もサッカー業界のノウハウが非常に不足しています。そのため、KickGPTはこのような統合体として、AI IPを管理し、AI技術サービスを提供します。

### 伝統的なAIとの違い

しかし、サッカー業界は以前からAIを使用していると聞いていますが、現在のAIと以前から使用されているAIにはどのような違いがありますか?**

現在私たちが言っているAIは、生成AIを指しています。

過去のAIは検出型AIであり、検出が可能でした。次に予測型AIがあり、特定の方向で予測を行いました。しかし、生成AIは汎用的であり、一度モデルが訓練されると、特定の目的のために訓練する必要がなく、様々な方向に使用できます。

まずサッカー業界は、この違いを理解する必要があります。

### AIはヘッドコーチを代替するのか

**——現在、サッカー業界の多くの人々は、AIがヘッドコーチの決定を代替し、オーナーが選手を選ぶのを助けることができるのではないかと考えていますが?**

実際、これは現在のAIの最大の利点ではありません。これを行うことはできますし、分析を提供することもできます。当然、AIを十分に信頼するならば、AIに決定を任せることも可能です。しかし、本当にそのようにしたいと思いますか?AIにそのような決定を任せたいと思いますか?その分野で十分に正確なモデルを作成するためには、サッカーに特化した訓練が必要であり、さらにクラブに特化したモデルの訓練が必要です。そのため、これが現在生成AIの得意とするところではありません。

私たちは、生成AIが現在最も得意とするのはコンテンツの生成であると考えています。コンテンツの生成を中心に据えることが、サッカーにとってのチャンスです。

将来、生成AIは間違いなくより普及するでしょう。将来的には、各クラブにモデルがあり、各選手にモデルがあり、各トレーニングアカデミーにモデルがあるでしょう。しかし現時点では、コンテンツ生成が生成AIの主要な利点です。



### サッカーの新たな収益機会

コンテンツ生成がAIの主要な利点である場合、コンテンツ生成はサッカー業界にどのような影響を与えるでしょうか?また、どのような革新をもたらすでしょうか?**

生成AIを通じて、予測不可能な大量のコンテンツを生成できます。テキスト、音声、画像、ビデオからインテリジェントな対話応答まで、これらのコンテンツは爆発的なマーケティング機会とファンのエンゲージメント機会を生み出します。

生成AIは新しい種類の派生商品を作り出すことができ、これらはサッカー業界の収益を大幅に増加させます。生成AIの応用は、サッカー業界に大きな収益増加と新しいビジネスモデルをもたらし、業界全体を前進させるでしょう。



### AI IPの許可


しかし、生成AIを利用して新しいコンテンツを生成することは、現在多くの企業や個人がすでに行っています。許可のない行為を防ぐためにはどうすればよいでしょうか?

私たちは、コンテンツがAIによって生成されたかどうかを検出するAI技術を持っています。AI生成のコンテンツが見つかった場合、それを私たちのデータベースと比較して許可されているかどうかを確認します。さらに、人気のあるバーチャルコンテンツが許可されているかどうかを積極的に技術手段を用いて検出します。許可されていないコンテンツに対しては、その拡散を防ぐために措置を講じます。これらの対策により、私たちの知的財産を効果的に保護し、生成されたすべてのコンテンツが許可を得ていることを確保し、商業的利益を守ります。


### サッカー業界全体の向上


新しいコンテンツの生成以外に、生成AIはどのような方法でサッカー業界を向上させることができますか?

もちろん、他にも方法があります。

まず、現在議論の多いVARシステムですが、生成AIを採用することで人的エラーを減少させることができるはずです。

次に、クラブ、エージェンシー、ファン、選手の日常業務や生活において、生成AIを使用することで効率が大幅に向上し、コストが削減されます。これらは生成AIが非常に得意とする分野です。

実際、私たちはすでにマンチェスターシティのようなクラブがこの方法で生成AIを活用し始めていることを知っています。これらの方法を通じて、生成AIはサッカー業界全体の運営レベルと全体効率を大幅に向上させるでしょう。

### 日本のAI発展の可能性


——日本もAIの発展に努力していますが、シリコンバレーと比較して技術的に遅れを取っています。KickGPTは日本のAI発展にどのような可能性をもたらしますか?


確かに、シリコンバレーや中国と比較して、日本のAI技術は遅れを取っています。アメリカの技術を追いかけるだけでは非常に困難です。しかし、日本には独自の強みがあります。日本文化は世界中の人々を引き付け、多くの人々が日本文化を楽しみに来ています。このような状況下で、私たちは独自の道を歩む必要があります。現在、AIには技術が不足しているわけではありません。多くの賢く有能な人々や素晴らしいスタートアップ企業が努力しています。実際に不足しているのは、特定の業界とAIを真に結び付けて、劇的な変化を生み出すことです。これについては、世界中でまだ誰も特に優れた成果を上げていません。これが日本の機会であり、KickGPTを日本に本社を置く理由です。日本に本社を置いているとはいえ、私たちのチームと影響力は世界中に広がっており、日本のAIが独自の道を歩むための先導役となるでしょう。


未来はすでに始まっており、KickGPTは世界のサッカー業界におけるこのAI革命をリードしています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
ネットサービススポーツ
関連リンク
https://kickgpt.ai/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

ドンバテック株式会社

4フォロワー

RSS
URL
http://dongba-tec.jp/#/
業種
商業(卸売業、小売業)
本社所在地
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢南町19-35
電話番号
-
代表者名
バイチャン
上場
未上場
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード