こども専門写真館 スタジオアリス「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展その誕生から『思い出のマーニー』まで」に協賛いたします。

 株式会社スタジオアリス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:川村廣明)は、2016年4月23日(土)から6月19日(日)まで愛媛県美術館で開催される「スタジオジブリ・レイアウト展」に、子会社である株式会社JVIS(本社:東京都八王子市、代表取締役社長:細田隆太郎)とともに協賛いたします。
 

 

 

 「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展 その誕生から『思い出のマーニー』まで」は、アニメーションの魅力が詰まった「レイアウト」を読み解きながら、高畑・宮崎両監督の仕事を中心にスタジオジブリ作品の秘密に迫る内容となります。

 世界を代表する良質なアニメーション映画を世に送り続けているスタジオジブリ。その作品の設計図ともいえる重要な役割をもつ「レイアウト」を紹介し、多くの子どもたちの創造力をかき立て、魅了するであろう「スタジオジブリ・レイアウト展」の趣旨に賛同し、スタジオアリスグループは協賛を決定いたしました。
 また、本展の展示において、スタジオアリスの子会社である株式会社JVISは、展示物の出力を担当致します。

■高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展 その誕生から「思い出のマーニー」まで に関して

 高畑勲・宮崎駿両監督が築き上げてきた、世界を代表するアニメーション制作会社・スタジオジブリ。宮崎監督による「風の谷のナウシカ」(1984年)に始まり、2013年には「風立ちぬ」(宮崎監督)、「かぐや姫の物語」(高畑監督)と、それぞれの集大成というべき作品が完成しています。
 今回紹介される「レイアウト」は、一枚の紙に背景とキャラクターの位置関係、動きの指示、カメラワークや撮影処理など、そのカットで表現されるすべてが描かれた、映画における設計図にあたるものです。アニメーション制作におけるレイアウトは、作品の統一感を保つ上で重要な役割を果たしており、そこにはキャラクターの疾走感や躍動感、映画的な空間構成までもが表現され、作り手たちのイマジネーションにあふれています。
 本展は、スタジオジブリ・三鷹の森ジブリ美術館の全面協力のもと、宮崎駿監督直筆の「レイアウト」画を中心に約1,300点を一挙に展示、その魅力に迫ります。

 会期・時間 2016年4月23日(土)~6月19日(日) / 開館時間:9:40~18:00(入場は17:30まで)
(休館日:4月25日(月)、5月6日(金)、5月9日(月)、5月16日(月)、5月23日(月)、5月30日(月)、6月7日(火)、6月13日(月))

  開催場所   愛媛県美術館 企画展示室1・2、常設展示室1・2 / 愛媛県松山市堀之内
 主催    「スタジオジブリ・レイアウト展」実行委員会(愛媛県、南海放送)
  WEB    URL http://www.rnb.co.jp/layout
 



 株式会社スタジオアリス   http://www.studio-alice.co.jp
 スタジオアリスは「こども専門写真館」を中心に、全国47都道府県で写真スタジオを多角的に展開しています。お子様の笑顔を引き出すスタッフの育成、商品・衣装の開発、日本最大級のラボの設置、そして長年人気を誇る「ディズニーとのライセンス契約による撮影メニューの提供」など、笑顔の記念写真を残していただくための総合的なサービスを提供しています。今後も、グループ一丸となり、写真を通じて家族の大切な思い出づくりをお手伝いしてまいります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 スタジオアリス >
  3. こども専門写真館 スタジオアリス「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展その誕生から『思い出のマーニー』まで」に協賛いたします。