写真撮影で最もよく使うのは「スマートフォンのカメラ」で84.9%、10代女性では96.8%

~うまく撮影できなかったシーン上位は「夜景の撮影」「逆光での撮影」「夜景バックの人物撮影」~

MMDLabo株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:吉本浩司)はスマートフォンユーザーのカメラの利用動向並びにカメラの画質実態を知るため、2回の調査を実施。第1弾調査では、スマートフォンを利用している15歳から54歳までの男女2,659人を対象に「スマートフォンカメラの利用に関する調査」を実施致しました。第2弾では、スマートフォンカメラの画質比較調査を予定しています。
_________________________________________________
■    写真撮影で最もよく使うのは「スマートフォンのカメラ」で84.9%、10代女性では96.8%
■    スマートフォンカメラでよく撮影するのは「友達・家族・恋人との写真」「自然の風景写真」「料理写真」
■    スマートフォンの写真保存枚数は平均1,351枚、最も多かった10代女性では平均3,072枚
■    スマホ写真の共有方法は、チャットアプリが最も高く42.8%
■    スマホ写真、49.6%が写真を加工、10代女性では94.2%で加工経験有り
■    うまく撮影できなかったシーン上位は「夜景の撮影」「逆光での撮影」「夜景バックの人物撮影」
■    スマホカメラに求める機能「ズームしても画像が荒くならない機能」「暗い場所でもきれいに撮影できる機能」が60%を超える
_________________________________________________
■  写真撮影で最もよく使うのは「スマートフォンのカメラ」で84.9%、10代女性では96.8%


15歳~54歳のスマートフォンを利用している男女2,659人を対象に、写真撮影をするために最も利用しているデバイスを聞いたところ、スマートフォンカメラが最も多く84.9%、次いでコンパクトデジタルカメラが6.0%、デジタル一眼レフカメラが3.0%で続いた。性年代別に見ていくと、10代女性のスマートフォンカメラをメインで利用している率が最も多く、96.8%だった。


■  スマートフォンカメラでよく撮影するのは、「友達・家族・恋人との写真」「自然の風景写真」「料理写真」

スマートフォンカメラの利用者(n=2551)を対象に、スマートフォンカメラでよく撮影するシーンを複数回答(最大3つ)で聞いたところ、最も多かった撮影シーンは「友達・家族・恋人との写真」で50.5%、次いで「自然の風景写真」が45.8%、「料理写真」が33.0%で続いた。性別にみると、女性は「友達・家族・恋人との写真」が59.5%で最も多く、男性は「自然の風景写真」が最も多く52.0%だった。


■  スマートフォンの写真保存枚数は平均1,351枚、最も多かった10代女性では平均3,072枚

スマートフォンカメラ利用者(n=2469※未回答を除くスマートフォンカメラ利用者)を対象に、スマートフォン本体に保存されている写真の枚数をフリー数値(1~10,001枚※10,001枚以上は、10,001で回答)で聞いたところ、全体の平均保存枚数は1,351枚だった。次に性別で保存枚数をみると、男性が平均1,079枚に対し、女性は平均1,618枚と女性の方が多い結果となった。

さらに、性年代別にみていくと、最も保存枚数が多かったのは15-19歳女性で平均3,072枚、最も保存枚数が少なかったのは50-54歳男性で平均660枚だった。


■  スマホ写真の共有方法は、チャットアプリが最も高く42.8%

次にスマートフォンで撮影した写真の共有方法を複数回答聞いたところ、67.1%が何等かの形でスマートフォンで撮った写真を共有していた。特に10代の女性では、91.0%が共有していると回答した。
共有方法については、「LINEなどのチャットアプリ」が最も高く42.8%だった。10代のFacebookでの共有率は全年代で最も低く、男女ともに10%を切る結果となった。


■  スマホ写真、49.6%が写真を加工。10代女性では94.2%で加工経験有り

スマートフォンカメラ利用者(n=2551)、スマートフォンで撮影した写真について加工するかどうかを聞いたところ、49.6%が加工したことがあると回答した。10代の女性では、94.2%が加工したことがあると回答している。
加工方法については、「彩度・明暗・色などを調整する」が24.7%、「文字・スタンプ・フレームなど入れる」が17.1%、「フィルターをかける」が16.9%で上位だった。

■  うまく撮影できなかったシーン上位は「夜景の撮影」「逆光での撮影」「夜景バックの人物撮影」

スマートフォンカメラ利用者(n=2551)にスマートフォンカメラを利用していてうまく撮影できなかったシーンを複数回答(最大3つ)で聞いたところ、最もうまく撮影できないと回答されたのは「夜景の撮影」で41.2%、次いで「逆光での撮影」が32.6%、「夜景バックの人物撮影」が30.5%で続いた。

■  スマホカメラに求める機能「ズームしても画像が荒くならない機能」「暗い場所でもきれいに撮影できる機能」が60%を超える

スマートフォンカメラを重視していると回答した方※1(n=985)に、今後スマートフォンのカメラに求める機能を聞いたところ、「ズームをしても画像が荒くならない機能」が66.2%で最も高く、「暗い場所でもきれいに撮影できる機能」が64.0%、「ピントが正確に合う機能」が56.2%で求める機能の上位だった。
※1無料のダウンロードレポート参照

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後(https://mmdlabo.jp/)にダウンロードが可能です。

■調査概要
「スマートフォンカメラの利用に関する調査」
・ 調査期間:2016年6月13日~6月14日
・ 有効回答:2,659人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンを利用している15歳~54歳の男女
・ 設問数:13問

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MMDLabo株式会社 >
  3. 写真撮影で最もよく使うのは「スマートフォンのカメラ」で84.9%、10代女性では96.8%