BtoB企業担当者、44.3%が顧客・見込み客情報の管理に問題があると回答

~BtoB企業の顧客情報管理・活用の実態調査レポート結果~

データベースマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼COO:長竹 克仁、以下 ランドスケイプ)は、この度BtoB企業における顧客情報の管理状況や顧客情報を活用した顧客獲得などの実態を明らかにするため、顧客・見込み客情報の管理実態調査を行いました。


「顧客情報管理・活用」に関する問題意識の傾向
勤務先の顧客・見込み客情報の管理状況について、「非常に問題があると感じている」あるいは「問題があると感じている」と答えた人は合計で 44.3%となりました。つまり半数近くの人が、勤務先の顧客・見込み客情報の管理状況に何かしらの問題意識を持っていることが明らかとなりました。

逆に、「ほとんど問題がないと感じている」あるいは「全く問題がないと感じている」と答えた人は合計で 19.3%にとどまりました。

また、売上規模別にクロス集計をすると、売上規模が大きくなるにつれて、「非常に問題があると感じている」あるいは「問題があると感じている」と答えた人が増加傾向を示しました。
 

その他、本調査では下記について明らかしています。

•顧客情報の管理状況について、問題があると感じているか?
•顧客情報の管理に関する具体的な問題は何か?
•顧客情報を管理している手段・ツールは?
•Excel等を利用する上で発生している問題は?
•CRM/SFA等の活用状況に満足しているか?
•CRM/SFA等を活用することで期待している成果は?

<調査概要>
目的:BtoB企業における顧客情報の管理状況や顧客情報を活用した顧客獲得などの実態を明らかにすることで、各社の営業・マーケティング活動を強化・改善していくためのヒントやきっかけにしていただくこと。

調査対象:BtoB企業に勤務する営業・販売促進・広報・マーケティング関連の業務に従事している20~59歳の男女

調査期間:2019年5月

調査方法:インターネットリサーチ

回答者数:497名

 ※本調査の資料を、下記のWEBサイトにて配布しております。
  詳細はこちら:https://www.landscape.co.jp/marketing-blog/btob/4929.html

※本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、出典元に株式会社ランドスケイプを記載のうえご利用ください。

<ランドスケイプの概要>
会社名:株式会社ランドスケイプ
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目20-2 東京オペラシティ15階
代表者:代表取締役社長兼COO 長竹 克仁
設立:1990年9月10日
資本金:4億66百万円
事業内容:データベースマーケティングの支援事業
URL:https://www.landscape.co.jp/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ランドスケイプ >
  3. BtoB企業担当者、44.3%が顧客・見込み客情報の管理に問題があると回答