成田 – メキシコシティ間ANA直行便が2月15日(水)から就航

メキシコ観光業界のさらなる盛り上がりに期待

メキシコ観光局は2月15日に、全日本空輸(ANA)による、成田 – メキシコシティ間の直行便が就航したことを発表しました。今回の直行便就航は、メキシコ観光局の市場戦略の一環であり、この航空便ネットワークの拡大は、来墨者の増加、およびメキシコの観光業界の発展に大きく貢献します。毎日1本の運航を予定している直行便は、国内の航空会社では初の就航であり、年間60,000席以上の市場拡大を見込んでいます。
日本からの渡航者数はアジア市場の中でも最も多い97,850人と言われており(2016年)、今回のようなさらなるアクセス拡大は、メキシコの観光業界にとって非常に重要な成長のチャンスでもあります。中でも、日本人観光客は、世界遺産やビーチリゾートはもちろんのこと、美食やダイビングといった、より洗練された観光アトラクションを求める渡航者が増えています。

メキシコ観光局長のルルデス・ベローは、「この度の成田 – メキシコシティ直行便の就航をとても楽しみにしています。日本はメキシコの観光業界にとって重要なマーケットであり、日本からの航空便ネットワークのさらなる強化は、メキシコシティをはじめとした既存の主力観光地をさらに盛り上げるとともに、新たな観光地への来訪を広げるチャンスだと思っています」と語っています。

102席のエコノミークラス、21席のプレミアムエコノミークラス、そして46席のビジネスクラスを搭載したボーイング787-8の機体で運行される本便は、メキシコ渡航の選択肢を広げ、今まで以上にメキシコの魅力に触れる機会を増やすとともに、近年大きな成長を遂げているグアナファトやヌエボ・レオン、アグアスカリエンテスやハリスコ等に拠点を置く日系企業にも、より快適なソリューションの提供が可能になります。

日本からメキシコへの渡航者数は2013年より増加しており、2015年から2016年の成長率は13.9%を達成しています。今回のANA直行便のほかにも、既に成田-メキシコシティ間には週5便の直行便が就航しているうえ、米国、及びカナダ経由では25ものメキシコ主要都市へのアクセスが可能です。メキシコ観光局は、メキシコ観光業界の発展と航空便ネットワークのさらなる拡大を予定しており、2021年までに日本からの渡航者275,000人を目標として掲げています。

■世界中から注目を浴びるメキシコシティ
ニューヨーク・タイムズの「Best Places to Go in 2016」では、1位を獲得しており、コンデナスト・トラベラーの「Top 5 Travel Destinations of 2016 According to Google Searches」にもランクインしています。また、数々のレストランが「World’s 50 Best Restaurant」や「Latin America’s 50 Best Restaurants」などの世界的な賞を受賞しており、世界2位の速度を記録すると言われている、エルマノス・ロドリゲス・サーキットでは、今年で三年連続となるF1グランプリの開催を予定しています。

「メキシコシティや周辺都市のアトラクションや訪れた人に与える感動を誇りに思っています。この勢いをさらに盛り上げ、世界へさらに訴求したいと思っています」とベローは語っています。

■メキシコの観光資源
14,400キロメートルを超える海岸線と450もの有名ビーチなどの多数のリゾートのほか、マヤ文明をはじめとした現代文化にも根付いている3,000年を超える歴史や伝統、そしてそれによって生まれた47,000の考古学観光地と、111もの「プエブロ・マヒコ[i]」が存在します。

ユネスコ世界遺産の登録数では世界で6位にランクインしており、ラテンアメリカでは最多数を誇っています。なお、メキシコ料理は、2010年に初めてユネスコが世界無形文化遺産として登録した料理文化の一つになっています。 

メキシコには高級リゾートやゴルフ、ウエディング、ダイビングからビジネスまで、幅広い用途に合わせた観光資源があり、世界中の著名人が訪れる場所の一つです。175を超える世界クラスのゴルフコースの中には、グレッグ・ノーマンやタイガー・ウッズ、ジャック・ニクラウスなどの名だたるゴルファーがデザインしたものがあります。海外ウエディングでも近年注目されており、水中ウエディングから、伝統的なマヤ式の結婚式など、多彩な選択肢を提供しています。

ベローは、「生物多様性の保護も重要視しており、全世界の陸面積においては1%にも満たないものの、世界中の生物多様性の12%を占めています。メキシコ国内には176もの自然保護地域が存在しており、世界2位の自然生態系の数を誇ります」とコメントしています。

■本リリースのダウンロードはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d9016-20170216-6473.pdf

[i] プエブロ・マヒコ:象徴的な建造物、伝説や歴史を有しており、かつ現在も人々が住んでいる「魔法のように魅力的である」として国に選ばれる自治体のこと。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. メキシコ観光局
  3. 成田 – メキシコシティ間ANA直行便が2月15日(水)から就航