サブスクプラットフォームのFANCLOVEがオンラインサロン向け活用を強化。会員とのコミュニケーション促進のためのコメント機能を実装

初期費用、月額費用無料から使えるサブスクプラットフォームのFANCLOVEは、オンラインサロン向け機能を強化してまいります。第1弾としてクラブ運営側の投稿に会員がコメントを書き込める機能を新たにリリースしました。

株式会社バケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋山 慎治)は、誰でも無料で簡単に自分のサブスクを作ることができるサブスクプラットフォーム『FANCLOVE(ファンクラブ) https://fanclove.jp 』のオンラインサロンとしての活用機能を強化。

その第1弾として、クラブの投稿に対して、ファンがコメントを残すことができる機能をリリースいたしました。
 



1.サブスクプラットフォーム「FANCLOVE(ファンクラブ)」とは

自分のサブスクが簡単に作れるサブスクプラットフォーム『FANCLOVE(ファンクラブ)』(URL: https://fanclove.jp )は、自分のサブスクサービス(月額会員制サービス)を簡単に作れるサービス。クレジットカード、銀行振込、キャリア決済(docomo)に対応し、2016年のサービススタート後、アーティストやYouTuber、習い事の教室、実店舗の利用者向けサービスなど、様々な業態で活用いただいております。

FANCLOVE(ファンクラブ) https://fanclove.jp

 

 

2.オンラインサロン機能拡充の意義について

現在、FANCLOVEでは、クラブ運営者側の運営上の負担軽減の目的で、クラブが発信した投稿に対して、会員からはコメントできない設計をしていました。
 

しかし、2019年3月のTwitterの鍵垢サロン機能のリリースに連動し、オンラインサロン目的での利用が増加しており、FANCLOVEサービス上においてもクラブと会員とのコミュニケーションのニーズが高まってきたと判断し、この度、オンラインサロンとして活用できる機能を開発することといたしました。

クラブ側が発信した内容に対して、会員がコメントで反応することができます。万が一、不適切なコメントがある場合は、クラブ側の判断で非表示にすることもでき、クラブ側は不適切な投稿をした会員に対してDMで個別にフォローするなど、健全なクラブ運営にご活用いただけます。

 

また、コメントを受け付けるかどうかは、投稿単位で選択いただけますので、これまでの使い方を継続することも可能です。



3.FANCLOVEのその他の機能について

自分のサブスクが簡単に作れるサブスクプラットフォーム「FANCLOVE(ファンクラブ)」では、誰でも簡単に月額課金型のサブスクサービスを作ることができます。

(1)最短1分でクラブを無料作成し、ファンを募ることができます
クラブと、ファンが参加するための課金プランを無料で簡単に作成可能。クラブを作ったら、FacebookやTwitterなどのSNSや店頭・チラシなどの媒体を活用し、ファンを募りましょう。

(2)ファンから会費(月額)が支払われます
登録したファンからは、毎月会費が支払われます。会費はFANCLOVEのシステム上で行われるので、余計な作業は必要ありません。

(3)ファンに特典を提供することができます
ファンには、入会メリットを提供していきましょう。特典の提供方法は、1.会員証を見せる 2.特典チケットを作成する の2通り。
特典チケットは、1回限り、1日1回、数量限定など、様々な提供形式に対応しています。

(4)ファンへの告知
タイムライン機能により、ファンに対して活動報告を簡単に行うことができます。この機能に対して、会員がコメントする機能が新しく追加されました。

ファンクラブを開くために必要となる初期費用や、継続して利用するために必要な月額費用は発生しません。必要な費用は売り上げに応じて支払う手数料(8%、キャリア決済の場合は20%)のみでご利用いただけます。


4.株式会社バケット 会社概要
(1)商号 : 株式会社バケット
(2)代表者 : 代表取締役社長 秋山 慎治
(3)所在地 : 〒108-0071 東京都港区白金台5丁目11番2号 Barbizon20 4階
(4)設立年月日 : 平成18年7月2日
(5)主な事業内容:インターネット販促支援事業、Webメディアの運営、Webサービスの運営 ほか
(6)URL :https://bucket.co.jp/


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社バケット
担当 : 秋山
TEL : 03-6277-4096
E-MAIL:toiawase@bucket.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バケット >
  3. サブスクプラットフォームのFANCLOVEがオンラインサロン向け活用を強化。会員とのコミュニケーション促進のためのコメント機能を実装