クレオ×日本気象協会 2021気象MDカレンダー(上期)/POSデータと気象を解析した食品スーパー向けのMDカレンダーを発表

株式会社クレオ(東京都千代田区、代表取締役社長 横井司)は12月10日、「クレオ×日本気象協会 2021年気象MDカレンダー(上期)」の提供を開始します。クレオは、生活者マーケティングをベースに、店舗・売場のマーケティングやプロモーションを提案しております。
「クレオ×日本気象協会 2021年気象MDカレンダー」は、クレオが発行する「生活行動カレンダー」の情報と、POSデータの週別動向に加え、日本気象協会が過去の気象データとPOSデータを解析した気象条件に伴うMD傾向を掲載。
それらを基に週別販促テーマに落とし込んでおり、52週のMD・チラシ・販売計画立案や売場での販促に活用できます。
今回の2021年上期版は、本部だけではなく、店舗でのご活用を想定した「月度販促・MD計画資料」と自社POSデータとの比較が可能な「POSデータ資料」の2部構成にて提供いたします。
また、月度販促・MD計画資料では、新型コロナウイルスの影響や東京五輪開催といった環境与件と気象影響を考慮した販促・MDテーマを提案しています。

<クレオ×日本気象協会 2021年気象MDカレンダーの概要>
近年、猛暑などの異常気象が頻発していることから、気象要因を踏まえたMD計画の重要性が増していることに着目。気象変動に対応した販促テーマ設定の基本フォーマットとしています。また、導入しやすい価格設定で計画立案をサポートすることもコンセプトとしています。PDF・Excelでの納品形式であり、自社の計画に即時活用が可能です。販売価格は上期分のセット価格(2021年3月~8月)で15万円(税抜き)。

POSデータは、「生鮮三品」「惣菜」「加工食品」を含めた食品スーパーでの取り扱い全商品を網羅したPOSデータを使用しています。

今後は、「クレオ×日本気象協会 2021年気象MDカレンダー(下期)」の提供に加え、事業者ごとのPOSデータを活用したカスタマイズプランの実施も検討しております。

=掲載コンテンツ=
●2021年カレンダー(上期)<歳時・記念日、生活行動、与件・時事トピックス>
●気象動向<当月の気象傾向、19年・全国人口重み付/最高気温・最低気温、15~19年平均・全国人口重み付/最高気温・最低気温>
●週別重点MD(POS分析)<売上金額上位品目、年間順位上位品目、売上貢献MD(気温影響を受けない金額上位品目)、売上伸長MD(気温影響を受けない順位上位品目)、昇温MD(気温上昇により伸長が見込まれる品目)、降温MD(気温低下により伸長が見込まれる品目)>
●週別販促テーマ/気温変動テーマ
 


■商品概要
商品名:「クレオ×日本気象協会 2021年気象MDカレンダー(上期)」
発売日:2020年12月10日
販売形態:PDF/Excel
販売価格:15万円(税抜き)

■会社概要
企業名:株式会社クレオ
所在地:東京都千代田区丸の内2-5-1丸の内二丁目ビル5F
代表:代表取締役社長 横井司
事業内容:マーケティング、広告・プロモーションのトータルエージェンシー
設立:1968年12月
資本金:8,284万円
TEL:03-4213-2223(代表)
https://kreo.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社クレオ マーケティング戦略開発部
マーケティング営業課
担当:中村・齋藤
TEL:03-4213-2244(直通)
FAX:03-4213-2276メール:marketing-ae@kreo.jp(問い合わせ専用)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クレオ >
  3. クレオ×日本気象協会 2021気象MDカレンダー(上期)/POSデータと気象を解析した食品スーパー向けのMDカレンダーを発表