地域再発見プロジェクト進行中!「秋田のもの」を開催します

 

 JR東日本グループが地域再発見プロジェクトの一環として、地域の魅力を発信する「のもの」では、秋田県にスポットをあてた「秋田のもの」を開催します。
●JR上野駅・秋葉原駅の地産品ショップ「のもの」では、“「食」で感じる秋田”をテーマに、秋田の郷土料理や旬を感じる食材、懐かしさを感じるお菓子など、約140アイテムを取り揃えます。
●のもの居酒屋“かよひ路”では、10月14日(金)と11月4日(金)に、秋田県と連携し、秋田県総合食品研究センター醸造試験場と県酒造組合が開発した「AKITA雪国酵母」を使用したお酒を、ご来店のお客さまに振舞います。また、当日は秋田民俗行事“ナマハゲ”も登場しイベントを盛り上げます。
この機会にぜひ、秋田県の‘旬のもの、地のもの、縁のもの’をお楽しみ下さい。

【のものイメージ】
▼のもの上野店

▼のもの居酒屋“かよひ路”上野店 料理イメージ

▼秋田民俗行事ナマハゲ

【「秋田のもの」概要】                                          
 地産品ショップ「のもの」では、加工食品を中心とした商品を取り扱います。また、「のものキッチン」「のもの居酒屋“かよひ路”」等の飲食店では秋田の食材を用いたメニューや郷土料理等を提供します。

 

のもの公式ホームページ http://www.jreast.co.jp/nomono/
※「秋田のもの」については開催日(10月8日)より掲載します。

【「秋田のもの」詳細】

<地産品ショップ「のもの」上野店・秋葉原店>
・秋田県産の佃煮や珍味、加工食品を中心に揃え、秋田県の郷土食を発信、ご紹介します。
また、2016年6月に秋田県が主催した商談会にてマッチングした43アイテム、秋田銀行よりご紹介頂いた8アイテムを販売致します。
・期間中は、秋田県内事業者による店内プロモーションを予定しています。11月3日(木・祝)~6日(日)(株)白神屋(豚なんこつキーマカレー等)

◆のものCAFE(上野店)
・日本酒“太平山 純米吟醸 神月五百万石”を販売します。県産食材を使用したおつまみと共にお楽しみください。
・比内地鶏の卵を使用したカステラや栗駒高原の牛乳を使用したソフトクリームも販売いたします。

<のものキッチン秋葉原店・池袋東口店>
・比内地鶏やはたはた、いぶりがっこ、あきたこまち等、秋田県産の食材をふんだんに使用した定食メニューをご提供します。
・池袋東口店では、おつまみメニューとして、きりたんぽと秋田桃豚を組み合わせた“ぶたんぽ”や比内地鶏の卵を3個使用した鉄板オムレツ等もお楽しみ頂けます。

<のもの居酒屋“かよひ路”上野店>
・秋田のもの期間中、県産食材を使用した料理や地酒をご提供します。
・店内には“曲げわっぱ”や“桜皮細工”等、秋田県の伝統工芸品を展示します。

◆振舞い酒イベント
秋田県観光文化スポーツ部秋田うまいもの販売課と連携しイベントを開催します。
開催日時:10月14日(金)、11月4日(金)18時~20時
・2015年度に初めて造られた秋田県産AKITA雪国酵母を使用したお酒5種をお客さまへ振舞います。
・振舞い酒は、湯沢市で生まれ800年の歴史を持つ川連漆器の酒器にてご提供いたします。
・重要無形文化財に指定されている秋田民俗行事ナマハゲが登場します。  
  ※両日ともに無くなり次第終了となります。

▼AKITA雪国酵母


※上記内容や日程、販売商品は予告なく変更となる場合があります。
※写真はすべてイメージです。
 
  1. プレスリリース >
  2. 東日本旅客鉄道株式会社 >
  3. 地域再発見プロジェクト進行中!「秋田のもの」を開催します