グローバル資産運用 THEO [テオ] 1周年記念1年間のインフォグラフィックと社員19名のTHEOの運用を公開!

この1年で2万人以上が、の新しいお金の付き合い方を申し込み

独自のアルゴリズムに基づき、一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供する、国内No.1ロボアドバイザー* の株式会社お金のデザイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:廣瀬 朋由、以下お金のデザイン)は、本日2017年2月16日にTHEOサービス開始1周年を記念して、2つのコンテンツを公開いたしました。
*日本国内の投資一任契約型のロボアドバイザーで、預かり資産額No.1 (2016年9月末時点 日本投資顧問業協会の統計資料より)

 

1.「#THEOってどうなの」


サービス開始から1年、THEOの無料診断体験者は24万人、お申し込みいただいた方は2万人を超えました。
01 : ユーザー属性
02 : 投資状況
03 : ロボアドバイザー
の3つの項目に分けて、THEOの今を、インフォグラフィックスで紹介しました。サービス開始後より20代、30代の資産形成層中心に支持いただいてきましたが、1年経っても変わらず”貯蓄から投資へ”新しいユーザー層の開拓を続けています。ハイライトは下記の通りです。



・THEOユーザーの89%が投資ほぼ未経験者
(投資経験が”ほとんどない”と”ある程度”の合計 2017年1月25日時点)
・ユーザーの過半数が20 - 30代。40代を入れると80%(2017年1月25日時点)
・81.4%のユーザーがプラス6.0%以上の収益性を確保
(2016/12/1 基準日の円建てで見た収益率データ。)
(追加のご入金をされたことがない全てのお客様の運用開始以来の運用成績2016年12月1月時点)

 

​詳しくはこちらをご覧ください。
https://theo.blue/donano


2. 「#私の資産公開」



実際にTHEOでの資産運用状況がどうなのか、今までもお問い合わせを多くいただいておりました。今回、サービス開始1周年を記念してお金のデザインの社員、19名のTHEOでの資産運用状況を公開いたしました。各自のポートフォリオ、及び日本円・アメリカドルでの運用実績をご覧いただけます。また、様々な業界出身のメンバーが各々がどのようなきっかけ・目的で始めたのか、自身の投資経験、運用してみての感想などのコメントも公開しています。





 

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。
https://theo.blue/shisan-kokai

 


THEOについて
THEO は、日本初の独自開発のロボアドバイザーによる個人向け資産一任運用サービスです。5つの質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが、世界の約6,000種類のETF(上場投資信託)の中から、最適な組み合わせを提案し、運用します。10万円から、スマホだけで手続きが完了し、運用報酬も1%(年率)と低コストではじめられる、新しい資産運用のカタチです。20代・30代を中心に利用が広がっています。

THEOの名前の由来について
画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの弟、テオドール・ヴァン・ゴッホから名付けられました。生前、絵が一枚しか売れなかったゴッホを経済的に支え、励まし続けたのがテオでした。テクノロジーによって、わかりづらい金融の仕組みを解放し、お金を将来の不安から希望に変えることで、自分らしく挑戦していける人を応援したい、そんな想いからTHEOと名付けられました。


■株式会社お金のデザインについて
名称    株式会社お金のデザイン(MONEY DESIGN Co.,Ltd)
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
所在地   〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル1階
代表者   代表取締役社長 廣瀬 朋由
事業内容  投資運用業および投資助言・代理業、第一種金融商品取引業
加入協会  一般社団法人日本投資顧問業協会、日本証券業協会
URL    https://www.money-design.com/
設立年月日 2013年8月1日
資本金 / 資本準備金 845,422,944円 / 2,508,396,045円(2016年12月21日現在) 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社お金のデザイン >
  3. グローバル資産運用 THEO [テオ] 1周年記念1年間のインフォグラフィックと社員19名のTHEOの運用を公開!