SodaStream、ペットボトル汚染の削減を啓蒙する「プラスチック寿司」広告のビジュアルを公開

 世界No.1の炭酸水ブランドであるソーダストリーム株式会社(代表: ダニエル・バーンバウム、所在地:東京都渋谷区)は、2018年12月下旬~2019年1月上旬発行の全国紙、また2019年1月以降発行の雑誌にて掲載予定の広告ビジュアルを公開いたしました。
 

 「海を経て、やがて私にたどり着く」というキャッチコピーと共に寿司になったペットボトルを映し出した印象的なグラフィックの本広告は、「海に流れ込むプラスチックはやがて小さな粒子となり、海洋生物を危険にさらし、やがて私たちの食物連鎖に加わる。例えば、寿司という形で。」というメッセ―ジを以て、ペットボトルによる海洋汚染の危険性を啓蒙するものです。

 ソーダストリームのボトル1本で年間数千本ものペットボトルを削減することができることから、ソーダストリームはペットボトルの消費削減を企業のメッセージとして掲げています。

ソーダストリーム公式HP https://www.sodastream.jp/



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソーダストリーム株式会社 >
  3. SodaStream、ペットボトル汚染の削減を啓蒙する「プラスチック寿司」広告のビジュアルを公開