約6割の女性が「夫の不倫相手へ慰謝料請求する」と回答。「不倫相手の会社や家族にバラす」「転居・転職を求める」という意見も複数。妻が不倫相手に求めるものと不倫がバレた場合のリスクを調査。

約6割が「夫の不倫相手へ慰謝料を請求する」と回答。その理由は、「しっかりと罪を償ってほしいから」等。慰謝料の請求以外で妻が不倫相手に求めることは、直接の謝罪や誓約書の作成、転職・転居など。

弁護士相談プラットフォーム「カケコム」を運営する株式会社カケコムは、女性100名を対象に、「夫の不倫相手に慰謝料請求をするかに関するアンケート」を実施しました。「自分の夫が不倫していたら、不倫相手に慰謝料請求をするかとその理由」「慰謝料請求以外で不倫相手に求めるものは何か」等を具体的にご紹介します。
昨今話題になっている不倫ですが、もし夫に不倫をされたら、あなたはどうしますか?
不倫相手に慰謝料を請求したいと思うでしょうか?それとも、謝罪のみで許せるでしょうか?

あるいは、もしあなたが既婚者と不倫していた場合、不倫相手の奥さんから慰謝料を請求される可能性はどのくらいあるのでしょうか?また、慰謝料を請求される以外にはどんな不利益を被る可能性があるのでしょうか?

今回カケコムでは、女性100名を対象に、「夫の不倫相手に慰謝料請求をするかに関するアンケート」を実施しました。「自分の夫が不倫していたら、不倫相手に慰謝料請求をするかとその理由」「慰謝料請求以外で不倫相手に求めるものは何か」等を具体的にご紹介します。

夫が不倫している、または夫の不倫の不倫を疑っている方や、既婚者と不倫している女性にとって、今後の行動の参考となれば幸いです。

調査概要は下記となります。
【調査概要:夫の不倫相手に慰謝料請求をするかに関するアンケート】

 



【不倫がバレて慰謝料請求される可能性はどのくらい?】
不倫関係が相手の奥さんにばれた場合、どの程度の割合で慰謝料請求される可能性があるのでしょうか。

カケコムでは、女性100名に「自分の夫が不倫していたら、不倫相手に慰謝料請求をするか」についてアンケートを行いました。
 



その結果、「自分の夫が不倫していたら不倫相手の慰謝料請求する」と答えた人は全体の60%にも及びました。

慰謝料請求する人の意見としては、下記のようなものがあります。

◆しっかりと罪を償ってほしいから
20代女性
  • もしも離婚した時の事を考えて不倫相手にもきちんとしてほしい。関わりたくない気持ちもあるけど自分のしたことを償ってほしい。あとは単純にひとの物に手をだしたらどうなるかを知って欲しい。夫にも同様に償ってもらいたい。
30代女性
  • 既婚者だと知りながら不倫関係にあった場合は断じて許さない。金銭的・社会的に制裁を受けさせたい。
10代女性
  • 不倫して悪いのは夫と相手です、自分がしたことの重大さや責任があることを分からせないといけないからです。

◆けじめをつけるため
30代女性
  • 離婚するしないは関係無しとして、一旦けじめをつける為です。それで「いけないことをしていた」という自覚が少しは出てくるかなと思います。
20代女性
  • 慰謝料の支払いが問題の線引きになると思うから。

◆自分の気が済まないから
30代女性
  • 夫が一番悪いと判断しますが、不倫相手が無傷でいることは納得がいかないので、請求する意思は示したいです。
30代女性
  • お金自体が欲しいわけではなく相手への恨みを晴らす一環として実施する。

◆離婚後の生活のため
30代女性
  • 冷静に考えれば相手も被害者なのかもしれない。慰謝料を請求しても怒りは収まらないだろうけど、これからの生活のため、そして貰って終わらせるためにも請求すると思います。


【慰謝料請求以外で不倫相手に求めるものは?】
夫に不倫をされた妻は、慰謝料請求以外で何を夫の不倫相手に求めるのでしょうか?
カケコムでは、女性100名に「慰謝料請求以外で不倫相手にしたいと思っていること」をアンケートしました。
様々な意見がありましたが、下記5パターンの意見が目立ちました。

◆二度と会わないよう誓約書を書いてほしい
二度と不倫を繰り返さないよう、夫と二度と会わないことを誓約させるという女性が多かったです。もし誓約書を交わしたあとに会った場合は慰謝料を請求する等、何らかの対処に対応することを合意させたいという方もいます。

20代女性
  • また会うなどがあった際のことなどを書いた、契約書みたいなものを作成しておきたい。
30代女性
  • 謝罪は当たり前。連絡先の削除と、今後接触した場合はさらに慰謝料を請求する旨を記載した誓約書へのサイン。
30代女性
  • 今後一切関わらないとの書面を夫にも不倫相手にも書いてもらい、連絡先も消去してもらう。今後関係が続くのであれば、何かしらの制裁を受けてもらうことも書面に記載しておきます。口先だけの謝罪なんていらないです。

◆直接謝罪してほしい
30代女性
  • 実際に会って謝罪はしていただきたいです。思っていることがあればそのときに言ってもらいたいし、こちらも言いたいことを言えたらなと思います。
10代女性
  • 自分とその両親への謝罪です。
40代女性
  • 謝罪して頂ければそれだけでいいです。私は不倫は許せないタイプなので、夫とも離婚すると思いますので、夫も相手も多分、顔も見たくなくなると思いますので特にないですが。

◆今後一切関わらなければそれでいい
30代女性
  • とにかく関わりたくないので謝罪も不要。縁を切ってもらえればそれでいいです。
40代女性
  • 大人しく身を引く、金輪際姿を見せない。無理なら自分が夫と離婚するまでのこと。

◆不倫相手の知り合いや会社に不倫の事実をバラす
不倫相手にとってはかなりリスキーな意見ですが、「不倫相手の知り合いや会社に不倫の事実をバラす」と回答した女性もいました。会社に不倫の事実が知れ渡った場合、会社に居づらくなり、転職をせざるを得ない状況になる可能性もありそうです。

30代女性
  • 働いているなら会社に知らせるし、相手の親も呼んで目の前で謝罪させます。
30代女性
  • 相手の周りの人々に吹聴する。
40代女性
  • 不倫相手に家族がいれば、不倫をしていたこと、こんな苦痛を与えられましたということをすべて全てを話しておきたいです。

◆転職や転居をしてほしい
こちらの意見も不倫相手には負担が大きいですが、不倫相手に転職や転居を望む女性もいました。物理的に会いづらい距離まで離れてほしいという思いからのようです。

30代女性
  • 今後の精神的苦痛を考え、転職や転居も相手には望むと思う。
20代女性
  • 同じ職場であれば転職、近所であれば転居してもらうなど、とりあえず、もう会うことはないくらい遠くに行ってもらいたい。

◆その他
不倫相手に何かを求めるというより、好奇心から会いたいと感じる女性や、夫を譲るという回答をした女性もいました。

30代女性
  • 夫のどこが良かったのか、夫とどういうことをして、どんな話をするのか聞いてみたいです。
50代女性
  • どんな女性なのか会って話がしてみたいです。
40代女性
  • 不倫相手に夫を譲る。


【まとめ】
上記の調査でわかったことをまとめると、下記のとおりです。
  • 100人中60人、6割の女性は不倫相手に慰謝料を請求する可能性が高い。
  • 慰謝料を請求したい理由は、「しっかりと罪を償ってほしいから」「けじめをつけるため」「自分の気が済まないから」「離婚後の生活のため」の大きく分けて4パターンがあった。
  • 慰謝料請求以外で不倫相手に求めるものは、「二度と会わないよう誓約書を書いてほしい」「直接謝罪してほしい」「今後一切関わらなければそれでいい」「不倫相手の知り合いや会社に不倫の事実をバラす」「転職や転居をしてほしい」の大きく分けて5パターンがあった。
  • 不倫相手は、妻側から慰謝料を請求される可能性が高く、それ以外でも会社や知り合いに不倫の事実をバラされたり、転職や転居を求められるなどの大きいリスクがあることがわかった。

不倫や離婚については、弁護士に相談することで様々なトラブルを防げる可能性があります。
不倫や離婚に関するトラブルなどでお困りになった際は、ぜひカケコム在籍弁護士をお頼りください。
https://www.kakekomu.com/search?cat=1&page=1

データを引用される際は、必ずこちらのURL(https://www.kakekomu.com/media/22649/)をご記載いただきますよう、お願いいたします。

◆株式会社カケコム概要
  • 会社名:株式会社カケコム
  • 所在地:150-0043東京都渋谷区道玄坂2-11−4 ストークビル道玄坂801号
  • 代表者:代表取締役CEO 森川 照太
  • 設立:2016年5月2日
  • 会社URL:http://company.kakekomu.com/
  • 事業内容:トラブル解決のプラットフォーム「カケコム」の運営・開発
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カケコム >
  3. 約6割の女性が「夫の不倫相手へ慰謝料請求する」と回答。「不倫相手の会社や家族にバラす」「転居・転職を求める」という意見も複数。妻が不倫相手に求めるものと不倫がバレた場合のリスクを調査。