4月1日(水)、新たなコンセプトの仏壇店「きずなテラス」 リニューアルオープン

─ 家族やご先祖、地域の方同士の「きずな」を照らす、明るく開かれた空間 ─

冠婚葬祭互助会の㈱くらしの友〔本社:東京都大田区西蒲田8-2-12、社長:伴 良二〕は、仏壇や位牌、仏具などを販売する「くらとも仏壇 蒲田店」を「きずなテラス 蒲田店」として4月1日(水)にリニューアルオープンします。コンセプトも改め、従来同様に豊富な品ぞろえの仏壇・仏具のご案内はもちろん、これまでにない新たなサービスを展開します。
1.施設コンセプト
・コンセプトは、『家族やご先祖、地域の方同士の「きずな」を照らす、明るく開かれた空間』です。
・仏壇・仏具販売店としての機能の他、イベントスペースやコミュニティラウンジといった「交流スペース」や「個別相談ブース」を完備。地域の人や家族との集い・ふれあいの機会、また終活相談の場を提供することで、生活者の交流と心のやすらぎを実現します。

2.施設の特長
「交流スペース」と「個別相談ブース」が「仏壇仏具の展示スペース」に新たに付加された施設となります。
・交流スペースとして、3階「イベントスペース」では、様々なカルチャー教室や終活、相続などのお役立ちセミナーなどが5月より随時行われる予定です。また1階には、語らいの場としてご利用いただける「コミュニティラウンジ」を設置、セルフサービスコーナーよりご自由に日本茶をお召し上がりいただけます。
・3階には終活の「ご相談ブース」を設け、常時、専門スタッフが適切なアドバイスを行います。
・1階、2階には仏壇・仏具を豊富に展示します。購入検討者の多くが気にされるのが、気に入った仏壇と自宅のお部屋との調和。その不安解消のために和室と洋室のコーディネートルームを完備し、設置のイメージがつかみやすくなるようにしました。

3.立地特性
 大田区高齢福祉課によると2023年度(令和5年度)には区域の5人に1人が、75歳以上の後期高齢者になると予想されています。また大田区の人口は増加傾向にある中、1世帯当たりの人員は縮小傾向にあり、「単身世帯」や「夫婦のみの2人世帯」が増加している地域でもあります。
 蒲田周辺はくらしの友本社の他、くらしの友総合斎場や東京・蒲田プラザ・アペア(婚礼・宴会場)など、くらしの友グループの主要施設が点在している地域であり、当施設とのシナジーを活かして、新規顧客の開拓を目指します。

 

■「きずなテラス 蒲田店」概要

 

所在地:東京都大田区西蒲田7-49-9 サンライズカマタ アーケード街内
(JR線「蒲田駅」西口 徒歩約3分)
電話:03-3735-8801
敷地面積:179.39㎡、建築面積:148.32㎡
施設:
・1階・・・仏壇・小物販売、仏壇展示コーナー、コミュニティラウンジ
・2階・・・仏壇コーディネートルーム、仏壇・位牌展示コーナー
・3階・・・イベントスペース、ご相談ブース、互助会関連商品展示コーナー
 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社くらしの友 >
  3. 4月1日(水)、新たなコンセプトの仏壇店「きずなテラス」 リニューアルオープン