日本防犯システム、セキュリティ・安全管理総合展『SECURITY SHOW 2019』に出展!

~進化し続ける日本のセキュリティスタンダードを提案~

株式会社日本防犯システム(本社:東京都港区、代表取締役:賀来 泉、以下 日本防犯システム)は、今年で設立15周年の防犯・監視カメラ専業メーカーで、MADE IN JAPAN製品の製造に力を入れ、全国10拠点より防犯・監視カメラの普及に努めております。

この度、日本防犯システムでは2019年3月5日(火)から8日(金)の4日間、東京ビッグサイトにて開催されるセキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW2019」に出展します。

SECURITY SHOW2019詳細URL:https://www.js-sys.com/topics/topics190131.shtml

当社ブース(東7ホール/ブース番号:SS7303)では、最新の防犯機器をはじめシーンに合わせたセキュリティソリューションを提案。日本の知恵と技術が結集された「Japan Security」をご紹介します。
犯罪撲滅への思いや、日本のものづくりへのこだわりを、ご体感いただけます。

■難攻不落の城をテーマに進化するブース
日本の城は、古来より「護り」の歴史と伝統を象徴する存在であり、いわば日本における「セキュリティの雛形」として広く認知されています。日本防犯システムでは、その「護り」の城を再現、日本古来の城内部に最新鋭の防犯機器とカメラシステムを展示いたします。
また、今回は3つの「ISHIN」(維新・威信・以心)をコンセプトに、進化し続ける日本のセキュリティスタンダードを提案します。

■主な出展内容
<屋外IR全方位ネットワークカメラ>
1台で360度くまなく撮影することが出来る新製品の9メガピクセル屋外IR全方位ネットワークカメラを展示。高画質で撮影した円形画像の一部を強力に歪み補正し、高解像度で複数画面に切り出せる高機能カメラとなります。

<アナログHD対応新型デジタルレコーダ3機種>
同軸アナログHDシリーズに、ポップアップ機能を搭載した「MADE IN JAPAN」レコーダが新登場。フルHDを優に超える5メガピクセルカメラと合わせて、ご体験いただけます。

 また、全方位カメラソリューション「ENJIN」によるデモンストレーションをはじめ、IPとアナログHDという異なる規格を統合した高効率な監視環境を構築、セキュリティソリューションを体感頂けるブース展開となっています。

 ■開催概要
展示会名 :セキュリティ・安全管理総合展『SECURITY SHOW 2019』
日  程 :2019年3月5日(火)~2019年3月8日(金)
開催時間 : 10:00~17:00(最終日のみ16:30終了)
会  場 :東京ビッグサイト(東7ホール)
主  催 :日本経済新聞社
ブース番号:東7ホール SS7303
 

【株式会社日本防犯システム:会社概要】
代表者 : 代表取締役 賀来 泉
所在地 : 〒105-6109
     東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービルディング9階
設 立 : 2004年8月
事業内容: 監視・防犯カメラシステム機器の開発・製造・販売
     デジタルビデオレコーダー機器の開発・製造・販売
資本金 : 8,000万円
URL  : https://www.js-sys.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本防犯システム >
  3. 日本防犯システム、セキュリティ・安全管理総合展『SECURITY SHOW 2019』に出展!