TOKYO TRIBE 速報!! 新トライブ「ハラヂュクJINGUS」を結成!&音楽監督にはKEN THE 390が就任!!

大注目のステージ版「TOKYO TRIBE」最新情報!!

ステージ版トライブ「ハラヂュクJINGUS」結成!!
原作「TOKYO TRIBE2」では、架空都市「トーキョーの中で、シヴヤ(渋谷)、ブクロ(池袋)、シンヂュク(新宿)など、「少し違うトーキョー」で巻き起こる抗争を描いている。今回のステージ化では、新たにハラヂュクJINGUSと称す、原宿にインスパイアされたステージ版だけのオリジナルトライブを結成し、新たなストーリー展開も待っているとのこと。公演に向け、オーディションも開催されていたところを見ると、パファーマンス力を生かしたその合格者が今回の"ハラヂュクJINGUS"に抜擢されている可能性が高そうだ。

KEN THE 390 が音楽監督に!グルーヴを加速する!!
そしてもう一つ、音楽監督にはKEN THE 390が名乗りを上げた。今回、出演と音楽監督という表と裏からステージを支える。また、個性豊かなダンサーたちにパフォーマンスと、ACE、DOTAMAといったフリースタイルラッパーたちを音楽的にボトムアップしていくのかも楽しみだ。
特設サイトのリニューアルも完了し、次々に新たなニュースが飛び込んで来る「TOKYO TRIBE」をチェック。

特設サイト : http://tokyo-tribe.com/
 

音楽監督:KEN THE 390 コメント


自分が連載当時、夢中になっていた「TOKYO TRIBE」の舞台化に参加させていただけることを、とても嬉しく思っています。自分が育ってきたHIPHOPカルチャーの魅力が、この舞台をきっかけにより多く伝わるように、全力で取り組ませていただきたいと思っています。

KEN THE 390
フリースタイルバトルで実績を重ねた後、2006年3月25日にインディーズレーベルDa.Me.Recorodsからアルバム「プロローグ」をリリース後、現在までにアルバム8枚、ミニアルバム4枚を発表。2012年に主宰レーベル「DREAM BOY」を設立。主催ライブイベントをスタートさせ、東名阪ツアーなど含め定期的に行う。2013年には、KREVAと共同プロデュースで「春の超ライブ祭り」を開催。また、自身のワンマンライブシリーズ、#ケンザワンマン も毎年開催。昨年はCDデビュー10周年を記念した「KEN THE 390 ALL TIME BEST」をリリース。活発なアーティスト活動を続けながら、現在はMCバトル番組"フリースタイルダンジョン"にも、審査員としてもレギュラー出演。タワーレコード主宰の「タワレボ」にて番組パーソナリティを務めるなど。その活動は自らのラップはもちろん、レーベル運営からイベントプロデュースにいたるまで、多岐にわたっている。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
<公演概要>

タイトル:TOKYO TRIBE
原作:井上三太(「TOKYO TRIBE2」)
構成:家城 啓之 演出:伊藤今人(梅棒)
振付:梅棒/Beat Buddy Boi/植木豪
音楽監督:KEN THE 390

キャスト:
梅棒
(伊藤今人/遠山晶司/遠藤誠/塩野拓矢/櫻井竜彦/楢木和也/野田裕貴)
Beat Buddy Boi
(SHUN/Toyotaka/RYO/SHINSUKE)
植木豪 宮澤佐江 當山みれい
ACE DOTAMA
KEN THE 390 and more
<東京公演>
会場:TSUTAYA O-EAST
公演期間:2017年9月29日(金)~10月8日(日)
チケット代金:指定  6,900円/スタンディング(1F・2F)4,900円(税込)
一般発売日:6月24日(土)
チケットに関するお問合せ:チケットスペース 03-3234-9999

<名古屋公演>
会場:ZEPP NAGOYA
公演日時:2017年10月11日(水)19時 ・ 12日(木)19時
お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052(320)9100(10時~18時)

<大阪公演>
会場:松下IMPホール
公演日時:2017年10月21日(土)13時/18時 ・ 22日(日)13時
お問い合わせ:キョードーインフォメーション 0520(200)888(10時~18時)

※未就学児入場不可 ※開場は開演の30分前

TOKYO TRIBE
漫画家の井上三太によるシリーズ作品。シリーズの代表作『TOKYO TRIBE2』は、架空都市“トーキョー”に生きる若者たちの日常、愛、友情を過激かつオシャレに描写。漫画読者のみならず、一大ストリートカルチャーと化してファッション、音楽にも多大な影響を与えた。人気は日本国内だけに留まらず、アメリカ、香港、ヨーロッパ各国でも翻訳出版されたりと、シリーズの累計発行部数は250万部を超える。作者の井上自身もヒップホップに造詣が深く、作品中にはヒップホップ、R&Bなど音楽の小ネタが散りばめられ、それと重なるようなスピーディーなストーリー展開、大胆なコマ使いが他の漫画にはない独特な世界観を持ち、時に映像を見ているかのような錯覚に陥る唯一無二の作品として今も愛され続けている。2014年には、鬼才・園子温監督によりラップミュージカルという手法を用いて実写映画化もされ、鈴木亮平、YOUNG DAIS、窪塚洋介、佐藤隆太、染谷将太ら豪華キャストを迎え、この年の話題作となっている。

STORY
架空都市トーキョーにはいくつもの「トライブ」が存在し、各々の街を縄張りとし日々を生きている。トライブのひとつ、シヴヤSARUのメンバーである海も、いつものように仲間達との変わりない日々を送っていた。そんな中、かつて海の親友だったメラが率いるトライブ、ブクロWU-RONZの手によってSARUのメンバーが凄惨な死を迎える。シヴヤSARUリーダーのテラは暴力による事態の解決を禁じたものの、そのテラ自身もメラの手によって殺害されてしまう。そして、海とメラの過去に関係するスンミ。シヴヤSARUとブクロWU-RONZの抗争、、、生み出された火種は再びトーキョー中を巻き込んだ抗争へと発展していく。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テレビ朝日 イベント事業センター >
  3. TOKYO TRIBE 速報!! 新トライブ「ハラヂュクJINGUS」を結成!&音楽監督にはKEN THE 390が就任!!