【8月4日】「出張ヒストリア!ゲーム開発勉強会2019」セッション内容公開!

UE4の制作事例や、コヤ所長、タミヤ室長の講演も!

Unreal Engine 4専門のゲームデベロッパー、株式会社ヒストリア(代表:佐々木瞬 本社所在地:東京都品川区)は、2019年8月4日(日)にゲーム開発者向けの勉強会を開催します。


「出張ヒストリア」とは、株式会社ヒストリアが開発に関わったタイトルなどを踏まえた内容で毎年行っているゲーム開発勉強会です。
今回もEpic Games Japanをはじめ、株式会社バンダイナムコアミューズメントのコヤ所長、タミヤ室長をお招きした豪華なセッションを予定!
Unreal Engine 4(以下UE4) の技術セッションや、7月12日(金)にオープンを迎えたMAZARIA(池袋)の誕生秘話、同施設で稼働中の"アスレチックVR PAC-MAN CHALLENGE(パックマンチャレンジ)"の話題も!
初心者~中級者の方にもわかりやすく紹介いたしますので、UE4に興味があるけど触ったことがない人や学生さんはもちろん、ゲーム企画志望の皆さんもぜひご参加下さい!
また、弊社主催ゲームコンテスト「第12回UE4ぷちコン」のテーマ発表も予定しております。
最速で情報をゲットしてコンテストに参加しましょう!
本公演への参加費は無料です!

お申し込みはこちら→ https://atnd.org/events/106967

■開催概要■
開催日 2019年8月4日(日) 12:30開場~18:30閉会
場所 日本工学院専門学校 蒲田キャンパス 31005教室
〒144-8655 東京都大田区西蒲田5-23-22
ハッシュタグ # 出張ヒストリア2019
URL https://atnd.org/events/106967


■タイムテーブル■

No. 時間 分数(予定) 発表者 タイトル
  12:30-13:00 30分   開場(入場開始)
1 13:00-13:15 15分 佐々木 瞬(代表取締役 / プロデューサー / ディレクター) オープニング
2 13:15-14:05 50分 株式会社バンダイナムコアミューズメント コヤ所長、タミヤ室長  「VR ZONE が MAZARIAになったワケ」
3 14:20-15:30 70分 株式会社バンダイナムコアミューズメント 濵野 孝正 (プロデューサー)
株式会社ヒストリア 制作スタッフ数名 (調整中)
「"アスレチックVR PAC-MAN CHALLENGE(パックマンチャレンジ)"制作事例 ~Oculus Questを使用した我々の挑戦~」
4 15:45-16:15 30分 株式会社ヒストリア 小林 大輔(背景アーティスト) 「COLORSプロジェクト、フォトグラメトリに挑戦してみた!」
5 16:15-16:55 40分 株式会社ヒストリア 小笠原 彰(建築ビジュアライズアーティスト/UE4アーティスト) 「UE4新機能リアルタイム レイトレーシングで建築ビジュアライズ」
6 17:10-18:00 50分 Epic Games Japan 斎藤 修 (テクニカルアーティスト) 「アーティストの為のプロファイル入門!~楽しいRenderDocの使い方~」
7 18:00-18:15 15分   エンディング
「第12回UE4ぷちコン テーマ発表」

 

 

■講演概要■ 

「VR ZONE が MAZARIAになったワケ」
株式会社バンダイナムコアミューズメント コヤ所長、タミヤ室長

3月末にフィナーレを迎えたVR ZONE SHINJUKU。その3カ月半後にオープンを迎える新施設「アニメとゲームに入る場所 MAZARIA」は、いかにして誕生したのか。名前を変えたその意味は。いつもの2人があることないこと面白おかしくお話しいたします!
※本セッションは、撮影およびSNS投稿禁止となっております。
※本セッションは、取材は可能ですが、記事の事前確認が必須となっております。
 一部内容については、記事にして頂けない内容も含まれております。
「"アスレチックVR PAC-MAN CHALLENGE(パックマンチャレンジ)"制作事例
~Oculus Questを使用した我々の挑戦~」
株式会社バンダイナムコアミューズメント 濵野 孝正 (プロデューサー)
株式会社ヒストリア 制作スタッフ数名 (調整中)

MAZARIA(池袋)にて稼働中のOculus Quest(PCが必要無く、コードが無いタイプの新VRゴーグル)を使用したフィールドVRアクティビティ、"アスレチックVR PAC-MAN CHALLENGE(パックマンチャレンジ)"。
コードが無いというのは自由に歩き回れるというだけではなく、新たな価値を生み出していました。
前半では本タイトルを通じて得た、コードレスによりもたらされた新たなゲームデザインについてお話いたします。
また、後半ではハードウェアスペックとの戦いや、どのように複数人プレイを実現したかなどの技術的知見をシェア出来ればと思います。
※本セッションは、メディア以外の撮影は禁止となっております。
※本セッションは、取材は可能ですが、記事の事前確認が必須となっております。
「COLORSプロジェクト、フォトグラメトリに挑戦してみた!」
株式会社ヒストリア 小林 大輔 (背景アーティスト)

1人1ヶ月、自由なテーマで作品制作が行えるヒストリアの制度、COLORSプロジェクト。
今回は技術検証を兼ねて、手持ちカメラによるフォトグラメトリを行い、日本庭園の作成に挑戦しました。
フォトグラメトリとは、複数アングルから撮影した写真を解析して3Dモデルを生成する手法です。
撮影方法、3Dモデル化の工程、UE4での基本的なマテリアル、シーン構築まで
実際にアセットを制作してみて、得た事や失敗した事など、お話しさせて頂きます。
「UE4新機能リアルタイム レイトレーシングで建築ビジュアライズ」
株式会社ヒストリア 小笠原 彰 (建築ビジュアライズアーティスト/UE4アーティスト)

建築シーンでUnreal Engine 4.22で追加されたリアルタイム レイトレーシングを使ってどんな表現が出来るのか、また使用した場合の負荷などについてご説明します。
「アーティストの為のプロファイル入門!~楽しいRenderDocの使い方~」
Epic Games Japan 斎藤 修 (テクニカルアーティスト)

プロファイルって難しそう…、プログラマさんの仕事ですよね…。
と思っているアーティストの方!いいえ、難しいどころか実は楽しいんです!
本講演では、UE4に標準プラグインとして搭載されているRenderDocを使用して、基本的なGPUプロファイルの概要、方法などをご説明致します。
UE4の絵がどうやって出来ているのか、Photoshopのレイヤーを剥がすように一緒に見ていきませんか?


【注意事項】

  • 館内での飴やガムを含むお食事はご遠慮ください。お飲み物は蓋つきのペットボトルのみご利用いただけます。
  • 館内は禁煙となっております。
  • 自動車、自転車でのご来場は出来る限りご遠慮ください。会場は駐輪場・駐車場のご用意はしておりません。ご利用の場合は、公共の施設をご利用ください。
  • 当講演を予定しております10階31005教室・トイレ以外のフロア・教室への立ち入りはご遠慮ください。
  • セッションによって撮影・SNS等での共有がNGのセッションがございます。アナウンスの指示に従ってくださいますようお願い致します。

 

■運営スタッフ■

主催 株式会社ヒストリア(http://historia.co.jp/
共催  エピックゲームズジャパン (https://www.epicgames.com/site/ja/home
会場提供  日本工学院専門学校  蒲田キャンパス(http://www.neec.ac.jp/kamata/access/

 


【お問い合わせ先】

株式会社ヒストリア
〒141-0032 東京都品川区大崎5-6-2 都五反田ビル西館8F
TEL:03-3492-6506 FAX:03-6420-3630 MAIL:info@historia.co.jp
http://historia.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒストリア >
  3. 【8月4日】「出張ヒストリア!ゲーム開発勉強会2019」セッション内容公開!