ダイバーシティとイノベーション・ファッションの現在~2020年に向けて、私たちを取り巻くダイバーシティについて考える~

2020年の東京大会を契機に心のバリアフリーへの関心が大きく高まりました。最新のダイバーシティに関する事例から課題を考察し、「レゴ®シリアスプレイ®」で共生社会の実現について考えるセミナーです。

一般社団法人コ・イノベーション研究所(本社:東京都墨田区、代表理事:橋本大佑)は、ダイバーシティxファッションxイノベーションをテーマとしたセミナーを、2018年10月16日(火)18時30分、10月23日(火)18時30分より、東京国際フォーラムガラス棟会議室にて開催いたします。ぜひ取材のご検討頂けますよう、ご案内申し上げます
COILセミナー Vol.17
ダイバーシティとイノベーション・ファッションの現在
~2020年に向けて、私たちを取り巻くダイバーシティについて考える~

 



近年、ダイバーシティへの関心が高まり、様々な取り組みが行われるようになってきました。ダイバーシティの推進により、多様な個人が能力を発揮する活力ある社会の実現が期待されますが、「障害者に声をかけよう」「LGBTを受け入れよう・理解しよう」という象徴的な取り組みには、一部の当事者から疑問の声が挙がっています。また外国人や障害者の離職率は高さからも、社会・企業におけるダイバーシティの推進にはまだ課題があるといえます。このセミナーでは、ダイバーシティの基礎や課題(障害などの表面的な属性への過剰な注目など)、東京2020の影響について解説し、2020年に向けて取り組むダイバーシティについて考察していきます。
※本セミナーは2日間にわたって開催します。第一回は10月16日(火)、第二回は10月23日(火)に開催します。チケットのご購入の際はお間違えのないようお気をつけください。

SDGsについて
本セミナーで取り扱う内容はSDGsの5、8、10に該当します。

 

 

セミナー概要
【日時】第一回 講義+パネルディスカッション
    2018年10月16日(火)18時30分~20時30分(開場18時15分)
    第二回 ワークショップ
    2018年10月23日(火)18時30分~20時30分(開場18時15分)
    ※第二回の講座は第一回に参加した方のみお申し込みいただけます。
     受講は両方の講座を受けられる方を優先いたします。
【会場】 東京国際フォーラム ガラス棟会議室 G408(第一回)/G605(第二回)
     〒100-0005 東京都千代田区丸の内三丁目5-1
【講師】 星加 良司
     (東京大学教育学研究科バリアフリー教育開発研究センター准教授)
     飯野 由里子
    (東京大学教育学研究科バリアフリー教育開発研究センター特任助教)
【講師兼ファシリテーター】 
     橋本 大佑
    (一般社団法人コ・イノベーション研究所 代表理事)
【主催】 一般社団法人コ・イノベーション研究所
【協力】 公益社団法人日本フィランソロピー協会
【定員】 36名(第一回)/20名(第二回)
【セミナー参加費】
     前売 第一回のみ参加 3,240円(税込み)/第一回・第二回共に参加 5,400円
     当日 第一回 4,000円(税込み)
     ※介助者の方は無料です。

セミナーの流れ
【第一回】 10月16日(火)18時30分~20時30分(開場18時15分)
ダイバーシティの基礎を構造的に学び、課題と今後について議論を深めます。
第一部(18時30分~19時30分)
講義「ダイバーシティの歴史と基礎的な構造について」
ダイバーシティの定義や歴史的な背景について基礎から解説します。
第二部(19時30分~20時30分)
パネルディスカッション「2020を契機としたこれからのダイバーシティ」
現在のダイバーシティの課題や東京2020がもたらした影響について議論を深めます。

【第二回】 10月23日(火)18時30分~20時30分(開場18時15分)
講師との対話やグループディスカッションを通し、関心のあるテーマについて更に学びを深めます。
ワークショップ
第一回の講座終了時にアンケートを取り、関心の高いテーマ(女性・外国人・障害者など)について講師との対話やグループディスカッションを行います。※ワークショップは下記写真のようにレゴⓇシリアスプレイⓇの手法を用いて実施する予定です。
 



講師プロフィール


星加 良司(東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター講師)
東京大学文学部卒業、同大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(社会学)。東京大学先端科学技術研究センターリサーチフェロー、同特任助教を経て現職。主な研究分野はディスアビリティの社会理論、多様性理解教育。著書に『障害とは何か』(生活書院、2007年)、『合理的配慮』(有斐閣、2016年【共著】他

 

飯野 由里子(東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター特任研究員)
ワシントン州立大学社会学部卒業、城西国際大学大学院人文科学研究科で博士号(比較文化)取得。専門はジェンダー/セクシュアリティ研究。著書に1980年代の日本のレズビアン運動を扱った『レズビアンである〈わたしたち〉のストーリー』(生活書院、2008年)、『合理的配慮』(有斐閣、2016年【共著】)。

講師兼ファシリテータープロフィール

橋本 大佑(一般社団法人コ・イノベーション研究所代表理事)
筑波大学で特別支援教育を学んだ後、渡独。現地日系企業に勤めながら障害者スポーツを学び、2009年に帰国。スポーツを活用した障害者の社会参加促進プログラムに取り組み、国内外で社会課題解決のためのスポーツ活用法や心のバリアフリーなどに関する講習を行う。2016年より現職。


COILセミナーについて
コ・イノベーションセミナー(COILセミナー)では、人格と個性を尊重して支え合い、多様性を相互に認め合える「共生社会」を解決すべき社会課題として捉え、多様なステークホルダーを巻き込み、解決につなげることで、社会的な価値だけではなく、経済的な価値を創出することを目的として、専門的な知識を持つゲスト講師の講演や、東京2020に関する最新トピックス、新しい時代における人材開発や組織開発に関するセミナーを実施します。

お問い合わせ・ご相談はこちらまで
一般社団法人コイノベーション研究所 (担当:橋本)
〒130-0026 東京都墨田区両国2-9-5 TKF第2会館3F
TEL. 03-6659-5775 FAX. 03-6659-5650
お問い合わせE-mail info@coil.or.jp
ホームページ www.coil.or.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人コ・イノベーション研究所 >
  3. ダイバーシティとイノベーション・ファッションの現在~2020年に向けて、私たちを取り巻くダイバーシティについて考える~