パパスマイルと大日本印刷がパートナーシップを締結

育児・保育に関する社会課題解決に向けBabyTech(ベビーテック)領域で共創活動を推進

テクノロジーで家庭を支え、子供の豊かな成長の促進を目指す株式会社パパスマイル(所在地:東京都千代田区 代表取締役:永田哲也)は、大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:北島義斉 以下DNP)とパートナーシップを締結し、共に、「BabyTech(ベビーテック)」領域における共創型の取組みを推進してまいります。
「BabyTech」は、主に妊娠期から未就学児までの子育てを支援するIoT・ICTサービス・製品の総称で、2016年に米国の電子機器の見本市「CES」で提唱され、さまざまな製品・サービスが展開されています。

株式会社パパスマイルは、日本唯一の「BabyTech」の専門メディア「BabyTech.jp」を運営し、「BabyTech」の啓蒙に向けて、優れたBabyTech商品を認定するコンテスト「BabyTech Award Japan2020」を開催しています。それと同時にBabyTech領域のコンサルティング・マーケティング、国内外BabyTech事業者のネットワーキングを行っており、DNPとのパートナーシップでより多くの企業様と共創型の取組みを推進していきます。

DNPは、家庭や保育教育施設だけでなく、買い物やお出かけ、移動中など、日常生活のあらゆる場面で、育児主体者や保育事業者のCX(カスタマーエクスペリエンス)の向上を目指します。また、さまざまな企業と共創し、テクノロジーを活用して、従来の子育てにとらわれない多様なアプローチにより、課題を解決していきます。
DNPが運営しているオープンイノベーションサイト「DNP INNOVATION PORT (https://www.dnp-innovationport.com)」で活動の進捗を発信し、パートナーを募集しながら、幅広いクライアントネットワークやスタートアップ企業との共創をBabyTech領域で推進していきます。

両社がBabyTech」で目指す提供価値
1.「安全・安心」
コロナ禍の衛生面の改善、ケガや事故などを減らすなど配慮の行き届いたテクノロジーの開発やモノづくり
2.「効率化」
育児を行う親たちや保育事業者等が求める情報や体験を効率的に提供するコミュニケーション
3.「楽しさ」
子どもと一緒に過ごす時間をストレスなく楽しく豊かにするための製品・サービス

■「BabyTech Award Japan 2020 powered by DNP 大日本印刷
国産ベビーテック商品やサービスを表彰するイベントで、2019年に国内で初めて株式会社パパスマイルが開始。25社30商品がエントリーされ、「授乳と食事」「学びと遊び」「安全対策と見守り」「妊活と妊娠」「健康管理」の6部門で大賞と優秀賞を選定しました。第2回目となる2020年は7月31日に書類による一次審査通過商品を発表しました。最終受賞商品は2020年11月16日に発表し、26日・27日に関連イベントを実施します。
今回のパートナーシップに関連し、DNPがイベントの冠スポンサーとなるプラチナスポンサーに決定しました。
これにより本イベントのタイトルは2020年9月17日より「BabyTech Award Japan 2020 powered by DNP 大日本印刷」となります。
https://babytech.jp/btaj2020home/
 




■大日本印刷株式会社によるニュース配信
 https://www.dnp.co.jp/news/detail/10158590_1587.html


※「BabyTech/ベビーテック」は株式会社パパスマイルの登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パパスマイル >
  3. パパスマイルと大日本印刷がパートナーシップを締結