Slack、働き方改革をテーマにしたオンラインイベント「Slack Workstyle Innovation Day Online」を開催

Slack Japan株式会社(本社:東京都千代田区、日本法人代表 佐々木聖治、以下Slack)は、Workstyle Innovation (働き方改革)をテーマに、「新しい働き方」のヒントを探るオンラインイベント「Slack Workstyle Innovation Day Online」を2020年6月24日(水)に開催することをお知らせします。
当日は、Slack Japan日本法人代表佐々木聖治によるオープニングセッションのほか、「リモートワーク・多様な働き方の推進」、「生産性向上」、「組織改革・カルチャーシフト・イノベーション創出」の3つのテーマに分かれて、株式会社NTTドコモ、学校法人近畿大学やSOMPOシステム株式会社をはじめとした、Slackの導入企業が8社登壇し、Slackを活用して実践している新しい働き方や、競争力の強化について紹介します。
本イベントはオンライン会場で開催されるので、会社やご自宅のデスクから参加可能となっています。リアルタイムでの配信となりますので、チャット機能を使って登壇者や Slack チームのメンバーに質問したり、参加者同士でのコミュニケーションも可能です。なお、コンテンツの配信は、オンラインイベント・プラットフォーム「EventHub」で行います。アプリなどのダウンロードは不要で、ブラウザから視聴可能です。
参加登録をした方には、イベントに参加しながら楽しんでもらえるSlackノベルティセットを、イベント当日までにご指定の住所へお届けします。また、ノベルティが不要な場合は、NPOカタリバ (https://www.katariba.or.jp/)への寄付を選択することもできます(先着500名限定)。Slack は、カタリバを通して、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い自宅で過ごす子どもたち向けのオンライン支援策に協力しています。

<イベント概要>
● イベント名:Slack Worksyle Innovation Day Online
● イベントHP:https://slack-wid.splashthat.com/
*ご参加希望の場合は、HP右上の「登録する」より事前登録をお願いいたします。
● 日時:2020年6月24日(水)13:00 – 17:00
● 対象:企業および事業所にお勤めの方


<当日のアジェンダ>
13:00 - 13:20 開場・受付
13:20 - 13:45 オープニングセッション:新しい働き方へシフトしよう —
Slackで実現するニューノーマル

Slack Japan 株式会社 佐々木 聖治、林 優
13:50 - 14:40 ユーザー事例セッション(プレゼンテーション)
*こちらはマルチトラックセッションです。どちらか一方の
テーマを選んで視聴してください。見逃したセッションも
視聴できるよう、後日録画を共有します。

テーマ:生産性向上 Slack だからできる業務改革|さら
なる成長に向けて生産性を上げるには

●スピーカー(登壇順)
 旭鉄工株式会社 木村 哲也 様
 アスクル株式会社 内山 陽介 様
 SOMPO システムイノベーションズ株式会社 内山 修一 様 
●モデレーター
 Slack Japan 株式会社 相川 仁夫

テーマ:組織改革・カルチャーシフト
組織のニューノーマルとは?先進企業が実践するカルチャー変革

●スピーカー(登壇順)
 株式会社マスヤグループ本社 浜田 吉司 様
 株式会社 リクルート 植田 裕介 様
 株式会社 NTTドコモ 中村 拓哉 様
●モデレーター
 Slack Japan 株式会社 澤木 祐介
 
14:40 - 15:00 休憩
15:00 - 15:40  ユーザー事例セッション(対談)
テーマ:リモートワーク ニューノーマル時代の多様な働き方、
学び方をリードする組織とは

●スピーカー
 学校法人近畿大学       世耕 石弘 様
 株式会社ユーザベース 稲垣 裕介 様
●モデレーター
 Slack Japan 株式会社  生垣 侑依
 
15:50 - 16:20 クロージングセッション:「New Normal」を生きる。
「個」と「組織」はどう変わるべきか
独立研究者・著作家・パブリックスピーカー 山口周 様
16:20 - 17:00 Q&A・ネットワーキング

 

Slackについて
Slack はチャンネルをベースとしたメッセージプラットフォームの先駆者です。私たちはこれまでビジネスコミュニケーションのあり方を大きく変えてきました。今や何百ものユーザー企業の皆さまが Slack を使ってチームの目指す方向を揃え、使うシステムを 1 カ所にまとめ、ビジネスを前に進めています。安全かつ世界最大規模の企業に対応できるエンタープライズ級の環境を提供できるのは Slack だけです。
たくさんのビジネステクノロジーが存在するなかで、Slack はまったく新しいレイヤーだと言えます。「一緒に働く」がより効率的になり、使っているすべてのソフトウェアツールやサービスを 1 カ所にまとめられ、必要な情報が簡単に見つかる場所。つまり Slack は仕事の中心なのです。
HP:https://slack.com/
公式画像素材:https://brandfolder.com/slack
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Slack Japan株式会社 >
  3. Slack、働き方改革をテーマにしたオンラインイベント「Slack Workstyle Innovation Day Online」を開催