中国最大のSNS「WeChat」を活用した中国向け越境EC・観光情報発信の取り組み本格化 ACDと境港市観光協会が共同発表会を実施

ANAグループの物流ノウハウとデジタル技術を活かして日本の商品を世界に発信する株式会社ACD(東京都江東区、代表取締役:古居弘道)は、鳥取県の境港市観光協会(会長:結城豊弘会長)と連携をして、約12億人が利用する中国最大のSNS「WeChat(ウィーチャット)」を通じた観光情報の発信や名産品の販売を本格的に展開すると発表しました。

共同会見の様子(2021年4月5日、境夢みなとターミナル)

新型コロナウィルスの影響で訪日外国人が激減
境港市は「水木しげるロード」を抱え、年間300万人以上(2019年度)の観光客が訪れる人気の観光スポットです。しかし、新型コロナウィルスの影響で米子空港を発着する国際線が欠航となり、また境港への大型クルーズ船の寄港もなくなるなど特に海外からの客足は激減。2020年度は100万人を割りました。地元経済への危機感を覚えた同協会がコロナ禍でのPR策を模索する中、出会ったのがACDでした。

日本初のプラットフォーム「WeSearch」をはじめとする、ACDの提供サービス
グレートファイヤーウォールと呼ばれるネット検閲システムがある中国国内からは日本のSNSやWEBサイトの情報を閲覧することが困難であり、従来は現地の企業を通じて数百万円規模のシステム投資費用等が必要でした。そこでACDでは中国大手IT企業であるテンセントやアリババ社と提携して中国人を中心に約12億人が利用するSNS「WeChat」内にて商品・サービスの販売促進から注文管理まで可能なミニプログラムの開発・運用をSaaS型・月額定額で行う日本初のサービス「WeSearch」を日本企業・自治体向けに提供しています。

また、関税がゼロになる越境ECサイト「全日空海淘」での特産品販売や、2021年よりスタートしたWeChatの最新機能である短編動画配信サービスWeChat Channels(チャンネル)において、動画の企画から制作・撮影・配信までワンストップで提供する月額制サービスもあわせて提供を行っており、境港市観光協会では2021年3月よりこれらサービスを試験的に導入しています。

 

WeChat Channelsを活用して行われたLIVE配信では、2回の配信で2,200ものコメントが集まった。

越境ECサイト「全日空海淘」での特産品販売の様子。

アフターコロナを見据え、将来的な誘客を狙う
今後、ACDと境港市観光協会は連携してミニプログラムによる観光サイトの構築、ショートムービーやライブ配信による観光の促進、市の名産品の販売に継続的に取り組んでまいります。中国国内での境港市ファンを増やし特産品を購入いただくとともに、アフターコロナの将来的な誘客につなげる狙いです。

ACDと連携した同様の取り組みは山形県や一部企業でも始まっており、周辺の中海・宍道湖、大山圏域はもとより、境港市をモデルケースとして鳥取・島根両県でも今年度、幅広く展開していく予定です。

会社概要
「価値ある日本の情報と商品を世界に届ける」というミッションの下、ACDは革命的なソリューションによる越境EC事業の他、ミニプログラムによるOMO事業を展開しています。サイトの多言語化と多通貨対応、多彩な決済方法の選択、物流・発送フローの確立、ミニプログラムの開発支援といった、越境EC・インバウンドビジネスにおける包括的なサービスの提供と丁寧なサポート体制によりワンストップでのクロスバウンド施策を可能にし、多種多様な企業のビジネス展開を支援しています。

■社名:株式会社 ACD (ACD Inc.)
■代表:古居 弘道
■所在地:東京都江東区辰巳3-9-27 東京スカイゲート7階
■設立日:2016年3月1日
■事業内容:越境ECサイトプラットフォームの運営、
国際物流システムに関するサービスプラットフォームの運営
■URL:https://www.a-cd.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ACD >
  3. 中国最大のSNS「WeChat」を活用した中国向け越境EC・観光情報発信の取り組み本格化 ACDと境港市観光協会が共同発表会を実施