集金代行サービスのシンジケーション方式コミットメントライン契約を締結

~集金代行業務の取扱件数・金額増加に伴い、より安定的な資金調達を実現~

 高齢者の居住/生活/終活支援を通じて地域包括ケアシステム構築を推進するホームネットグループ(東京都新宿区、代表取締役 藤田潔)で、家賃債務保証事業を手掛けるエルズサポート株式会社(東京都新宿区、代表取締役 藤田潔、以下「当社」)は、株式会社三井住友銀行(東京都千代田区、取締役会長 宮田孝一)を主幹事(アレンジャー)、株式会社みずほ銀行(東京都千代田区、取締役頭取 藤原弘治)を副幹事(コ・アレンジャー)とする計5金融機関との間で、総額70億円のシンジケーション方式コミットメントライン契約を1月31日に締結いたしました。
【本契約の目的】
 本契約は当社の行う集金代行サービスに対し、従来はアレンジャーである三井住友銀行との当座借越契約に基づく融資により集金代行業務を行って参りましたが、集金代行サービスの取扱件数・金額増加に伴い、将来にわたって安定的な資金調達を行うために組成いたしました。

【シンジケートローン概要】
(1)契約形態      :シンジケーション方式コミットメントライン契約
(2)アレンジャー    :株式会社三井住友銀行
(3)コ・アレンジャー  :株式会社みずほ銀行
(4)参加金融機関    :株式会社三菱UFJ銀行 株式会社りそな銀行 西武信用金庫
(5)契約締結日     :2019年1月31日
(6)組成金額      :70億円
(7)コミット期間開始日 :2019年2月27日

【ホームネットグループ概要】
設立      :1991年12月 (ホームネット㈱)
本社所在地   :〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー13階
資本金     :9700万円 (ホームネット㈱)
代表取締役   :藤田 潔
 当グループは不動産オーナー向け家賃債務保証サービスを通した高齢者の居住支援、24時間365日体制での地域密着型見守りサービス、ICTによる定期巡回・随時対応サービス支援による高齢者の生活支援、更に家財整理や葬儀相談による 終活支援を通じ、厚生労働省が提唱する「地域包括ケアシステム」の構築を支援することで、「空室問題」と「高齢者住居問題」の解決に寄与します。

【エルズサポート株式会社概要】
社名      :エルズサポート株式会社(家賃債務保証業者登録 国土交通大臣(1)第18号)
設立      :2007年7月18日
本社所在地   :〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー13階
資本金     :90百万円
代表取締役   :藤田 潔
 住まいを借りる際に必要となる連帯保証人に代わって、入居者を保証する家賃債務保証システムにより高齢者の住み替えを支援すると同時に、安心・安全な賃貸経営をサポートします。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ホームネット >
  3. 集金代行サービスのシンジケーション方式コミットメントライン契約を締結