本日発売のデイリー新潮におけるGACKT氏(大城ガクト氏)に関する報道について弊社の見解

本日発売のデイリー新潮に掲載された下記標題の記事「怪しい仮想通貨を 煽った「GACKT」の売り口上 音声公開」について、以下のように弊社の見解をお伝えさせていただきます。


この報道については、“仮想通貨” という表記から弊社がその企画・開発に関与しておりますSPINDLEとの関連性を想像させる可能性がありますが、弊社並びにSPINDLEとは一切の関係がないことをお知らせいたします。
また、弊社としましては本記事の内容を重く受け止め、この報道について大城ガクト氏並びにSPINDLEプロジェクトに大城ガクト氏を派遣した氏が役員の一人である事業会社に事実関係についての説明を要求しているところであります。さらには、SPINDLEプロジェクトのAsia Strategic Adviserである大城氏に関する一連の報道が著しくSPINDLEの社会的な信用を毀損し、プロジェクトの推進を妨害するものと判断し、厳正に対処すべく処分の検討を進めてまいります。
関係者、およびSPINDLEプロジェクトを支持してくださっている皆様をはじめ、報道をご覧になった方々に対し、誤解や不安を煽るような結果になりかねないことに対し、まずはお詫び申し上げますとともに、弊社としての現状における見解をお伝えさせていただきます。
この件につきましては、また追ってご報告させていただきます。

2018年9月6日
BLACK STAR CAPITAL Ltd.
CEO 平井 政光

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BLACK STAR CAPITAL Ltd. >
  3. 本日発売のデイリー新潮におけるGACKT氏(大城ガクト氏)に関する報道について弊社の見解