デジタル化が進む今こそ、やさしさにふれあうソウゾウ力を。3拠点同時開催・コンテスト企画「やさしさのカタチAward」がスタート、作品募集中!

キャンペーンムービーは今話題のフルリモート劇団「劇団ノーミーツ」作品! 3拠点の合計応募作品数に応じて寄付を実施。豪華審査員の参加、賞金も。

2020年11月3日から12月23日まで、Camp Inc.が参加しているプロジェクトのキャンペーン「やさしさのカタチAward」が開催、世代を超えて人々の感性に訴えかけ、心を豊かにするような「自然のやさしさを感じられるもの」を募集を開始しました。
当アワードは、パナソニックセンター東京が主催するオンライン展示会「ソウゾウするやさしい展」の一環として開催され、Twitterでの大喜利企画やnoteコンテストには、豪華クリエイターも参加します。AWRD(アワード)、Twitter、noteの3拠点での合計応募作品数に応じて、SDGsの達成に貢献している団体への寄付を実施します。Campは、PR戦略・企画・運用で参加しています。

「やさしさのカタチAward」キービジュアル「やさしさのカタチAward」キービジュアル

■ 「やさしさのカタチAward」とは

クリエイターと主催者をつなぐ共創プラットフォーム「AWRD(アワード)」で、世代を超えて人々の感性に訴えかけ、心を豊かにするような「自然のやさしさを感じられるもの」を募集するコンテストです。
テレワークやステイホームの呼びかけによってますますデジタル化が進む一方で、「自然」「ふれあい」「五感を刺激するもの」への恋しさは、世界中の人が感じているのではないでしょうか。当アワードでは、そんな今だからこそ切実さをもつアイデア、プロトタイプ、作品をを形式不問で募集します。クリエイターはもちろん、クリエイターを目指す学生の方や、身の回りのもので表現をすることが好きな方、ユニバーサルな体験を考えることに興味がある方などのご応募をお待ちしています。
 

  • ▼「やさしさのカタチAward」開催概要
    ・募集期間:2020年11月3日(火)〜12月23日(水)
    ・テーマ:#自然のやさしさを感じられるもの
    ・審査員:筧康明さん(東京大学准教授)、田中美咲さん(morning after cutting my hair, Inc. 代表取締役)、臼井重雄(パナソニック株式会社 デザイン本部 本部長)
    ・賞金総額:50万円
    ・応募サイト:https://awrd.com/award/sozo-yasashii/


■ 別企画「やさしい大喜利@Twitter」「やさしい物語@note」

「ソウゾウするやさしい展」キービジュアル「ソウゾウするやさしい展」キービジュアル

当アワードは、パナソニックセンター東京が主催するオンライン展示会「ソウゾウするやさしい展」の一環として開催され、他にTwitterやnoteをつかったコンテストも開催されます。noteコンテストでは、女優・声優の春名風花さん、コピーライターの阿部広太郎さんほか豪華クリエイターが審査員を務め、グランプリを受賞した方には賞金が授与されます。また、AWRD、Twitter、noteの3拠点での合計応募作品数に応じて、SDGsの達成に貢献している団体への寄付を実施します。
 

▼大喜利で楽しむTwitterコンテスト「やさしい大喜利」
【募集期間:2020年11月3日〜同年12月27日】
やさしさにまつわるお題に対して、大喜利形式でTwitter投稿を募集するコンテストです。 特設サイト上で約2週間ごとにお題が入れ替わり、「#やさしい大喜利」をハッシュタグにキャンペーンを盛り上げます。企画に参加するゲストクリエイターは、後日特設サイトやSNSで発表いたします。

▼やさしさをストーリーに乗せて伝えてみるnoteコンテスト「やさしい物語」
【募集期間:2020年11月3日〜同年12月7日】
エッセイ、小説、マンガなど書くことを通した投稿を募集するコンテストです。募集テーマは「#やさしさにふれて」。自分におきたエピソード、受け取ったことば、もらってうれしかったもの、よく考えられていると感じたサービスなど、やさしさにふれた作品を集めていきます。
審査員:春名風花さん(女優・声優)、阿部広太郎さん(コピーライター)
 
  • ▼「ソウゾウするやさしい展」全体概要
    ・期間:2020年11月3日(火)~12月27日(日)
    ・内容:オンラインをベースに、3種類のコンテストを実施します
    【1】大喜利で楽しむTwitterコンテスト「やさしい大喜利」
    【2】やさしさをストーリーに乗せて伝えてみるnoteコンテスト「やさしい物語」
    【3】やさしいアイデアを表現するAWRDコンテスト「やさしさのカタチ」


■ 11月3日(火・祝)オープニングイベント開催
「やさしいソウゾウのはじめ方――アイデアの裏側とソウゾウのしかたを探る」

11月3日開催オープニングイベント「やさしいソウゾウのはじめ方」キービジュアル11月3日開催オープニングイベント「やさしいソウゾウのはじめ方」キービジュアル

キャンペーン開催初日の2020年11月3日(火)には、世の中に面白いアイデアを仕掛け、想像力と創造力をもって多くの方にやさしさを届けているゲストを招き、やさしさについて語るトークイベントを開催します。ゲストがこれまで仕掛けてきたアイデアの背景や、普段のソウゾウの仕方、明日からできる発想方法など、ソウゾウリョクを豊かにするヒントを探る内容です。

 

  • ▼オープニングイベント「やさしいソウゾウのはじめ方――アイデアの裏側とソウゾウのしかたを探る」概要
    ・日時 :2020年11月3日(火)14:00〜16:00
    ・参加費:無料
    ・ゲスト:広屋佑規さん(劇団ノーミーツ主宰)、古谷知華さん(調香師・フードプロデューサー)、小国士朗さん(注文をまちがえる料理店発起人)
    ・参加申込:https://sozo-yasashii-opening.peatix.com/
    ・会場 :お申し込み後にご連絡するzoomのURLよりご入室ください


■「やさしさのソウゾウリョク」をかき立てるプロモーションムービー

2020年11月3日(火)より、やさしさのソウゾウリョクをかき立てる、キャンペーンのプロモーションムービーの配信を開始予定です。コラボレーションしたのは、「NO密で濃密なひとときを」をテーマに、稽古から上演まで一度も会わずに活動するフルリモート劇団「劇団ノーミーツ」(運営:株式会社Meets)。YouTube短編動画の再生回数は合計20万回以上、HKT48とのコラボレーションでも話題になった、新進気鋭の新しい劇団が表現する「やさしさのソウゾウリョク」をご期待ください。

■ AWRDについて
AWRDは、株式会社ロフトワークが運営する、クリエイティブなコンペティションやハッカソンを世の中に届けるプラットフォームです。プロジェクトを通して「主催者」と「クリエイター」をつなぎ、多彩なクリエイティブ・アワードや共創プロジェクトを展開します。https://awrd.com

 

◆ ​Camp Inc.について
Campは、パートナーの想いに向き合い、コミュニケーションデザインの観点で課題を見出し、その解決に取り組む、クリエイティブエージェンシーです。

コンテンツや場の編集、クリエイティブディレクション、イベントのトータルプロデュースなどさまざまなアプローチで、ジャンルを問わずインディペンデントに活躍する作家やクリエイターとともに、わたしたちの未来にとって必然性あるコンテンツをつくります。https://campinc.tokyo/

 

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Camp >
  3. デジタル化が進む今こそ、やさしさにふれあうソウゾウ力を。3拠点同時開催・コンテスト企画「やさしさのカタチAward」がスタート、作品募集中!