読書メーター×ダ・ヴィンチ 第4回 レビュアー大賞 エントリー開始

~課題図書は『マチネの終わりに』『Red』など話題作8作品~

株式会社トリスタ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋場一郎)が運営する日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』(発行: 株式会社KADOKAWA)が共同で開催するベストレビュアーを決定するコンテスト「読書メーター×ダ・ヴィンチ レビュアー大賞」のレビューエントリーの受付を10月1日(火)より開始しました。
●読書ファン注目のレビューコンテスト
「レビュアー大賞」は、指定された課題図書に応募されたレビューの中から「ベストレビュアー」を決定する企画です。
昨年開催した「第3回 レビュアー大賞」では、『コンビニ人間』を含む文庫8作品を課題図書とし、約2,000件の応募が集まりました。また、「読書メーター」と書店がタイアップして全国展開した「レビュアー大賞課題図書フェア」も同時に開催しました。

今回で4回目の開催となる「読書メーター×ダ・ヴィンチ レビュアー大賞」の課題図書は、11月1日の映画公開が待たれる平野啓一郎の『マチネの終わりに』や直木賞作家・島本理生の『Red』を含む話題の8作品。

レビュアー大賞本選では、課題図書8作品の各作品につき3名の優秀レビュアーを選出し、ユーザー投票でベストレビュアーを決定します。
『ベストレビュアー賞』として各1名(計8名)には10,000円分、『優秀レビュアー賞』として各2名(計16名)には5,000円分の図書カード(ネットギフト)を贈呈。
さらに、8名のベストレビュアーのなかから1名を 『ベスト・オブ・ベストレビュアー』に選出します。
ベスト・オブ・ベストレビュアーに選ばれた方は、副賞として自身のおすすめ本を読書メーターの特設ページで紹介できます。
また、今年もレビュアー大賞開催に伴い、「レビュアー大賞課題図書フェア」を開催する予定です。
 


〈第4回 読書メーター×ダ・ヴィンチ レビュアー大賞〉
【開催日時】
課題図書告知期間:2019年9月16日(月)12:00~9月30日(月)
エントリー募集期間:2019年10月1日(火)12:00~10月31日(木)23:59
投票期間:2019年11月11日(月)12:00~11月24日(日)23:59
最終結果発表日:2019年12月2日(月)

【URL】https://bookmeter.com/reviewer_awards/2019
【参加費】無料 ※参加には「読書メーター」の会員登録(無料)が必要です。
【実施場所】コンテストへの応募は読書メーター特設サイト上で承ります。

【課題図書】
『東京會舘とわたし』上・下(辻村深月/文藝春秋)
『マチネの終わりに』(平野啓一郎/文藝春秋)
『夏の終わりに君が死ねば完璧だったから』(斜線堂有紀/KADOKAWA)
『Red』(島本理生/中央公論新社)
『ザ・ボーダー』上・下(ドン・ウィンズロウ/ハーパーコリンズ・ ジャパン)
『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる/KADOKAWA)
『記憶喪失の君と、君だけを忘れてしまった僕。』(小鳥居ほたる/スターツ出版)
『今日は天気がいいので上司を撲殺しようと思います』(夕鷺かのう/集英社)

【主催・協力】
主催:ダ・ヴィンチ編集部、読書メーター運営事務局

◆第4回 レビュアー大賞 課題図書フェア
【開催日時】
2019年10月上旬~ 2019年11月中旬
【展開書店】
全国の対象書店にて展開予定
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トリスタ >
  3. 読書メーター×ダ・ヴィンチ 第4回 レビュアー大賞 エントリー開始