シリコンバレー発!業界が抱える人手不足・労働問題の救世主となる“実用的”セキュリティロボットが誕生!巡回警備ロボット 『Nimbo』日本初上陸&先行リリース開始

株式会社全日警(本社:東京都中央区 代表取締役:片岡由文、以下全日警)とCBC株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:圡井宇太郎 以下 CBC)は、米国Turing Video社が開発した今までにない新しい警備ロボットの販売に向けて、2019年10月16日(水)に業務提携を決定しましたので、お知らせいたします。

 

 

 

『Nimbo(ニンボ)』について
「Nimbo」はシリコンバレー発のテクノロジーベンチャー企業Turing Video社が、セグウェイのように街や人に溶け込み本当に使われる実用的なロボットを開発したいという思いで開発したセキュリティロボットです。一般的なセキュリティロボット導入と比較して約7割のコストカットを実現、巡回エリアにおけるマップ作成などスマートフォンでの簡単操作が可能、さらに国内最小クラスのコンパクトなサイズ感であることが特徴です。

現在、人口減少や高齢化が社会問題となり、深刻な人手不足に直面しています。セキュリティニーズは高まる一方
で、それを担う人材供給が追い付かないというアンマッチが生じ、過酷な長期間労働も少なくありません。

こうした問題を解決するため、「Nimbo」は実用化に即した機能に絞り込んでいるため、大規模施設だけでなく中小規模施設でも実装可能なスキームを実現した導入障壁が低い“実用的”セキュリティロボットとなっております。
 

      <商業施設>              <空港>                <オフィスビル>

 

■4つのメリット
①コスト
 従来の警備ロボット : 5年リース契約が一般的。
 Nimbo       : 2年契約のため、他社製品の警備ロボット購入時と比較して約7割カットで導入可能。

②技術
 
従来の警備ロボット : 初期導入の際にルート作成の工事や技術者による設計が必要なため、導入にあたり非常に手間やコストが掛かる。
 Nimbo       : スマートフォンでの簡単操作でマップ作成やレイアウト変更対応が可能。

<スマートフォンでの簡単操作機能>
・警備エリアにおけるマップの作成
・パトロールルートMAPの作成
・リアルタイム映像確認
・双方向映像/音声通信機能
・テキスト読み上げ機能

 

③サイズ
従来の警備ロボット : 多機能型でハイスペックな警備ロボットは、大型のものが多く、通路が広い大規模施設でないと導入が難しい。

Nimbo       : 高さ660×長さ580×幅280mm とコンパクトなサイズ感の為、大規模施設だけでなく通路幅2~3mが平均の中小規模の商業施設や企業にも導入可能。
 

④モビリティ機能
工場やオフィスビルなど広い施設は徒歩での巡回が大変。「Nimbo」はモビリティ機能が搭載されており、切り替えボタンを押すだけでモビリティとして使用可能なため、商業施設や空港など徒歩での巡回が大変な広い施設での循環監視や、イベント時にも乗り物として使用可能。

<スペック>
〇サイズ    H660 x L580 x W280mm
〇重量     23kg
〇速度     最大4.8km/h
〇乗車時速度  最大18km/h
〇動作時間   約7.5時間 (※運用方法により異なります。)
〇アクセサリー チャージングステーション
〇充電時間   約5時間

 


■ 株式会社全日警の概要
1966年10月設立。53周年を迎えました。
提供業務は、オフィスや商業などの施設警備を主要業務として、羽田空港や関西空港などの空港保安警備、東海道新幹線の沿線警備や列車警乗業務、東京ドーム・甲子園球場等におけるイベント・雑踏業務、そして機械警備と、これまで社会の発展とともに様々な場面で実績を積み上げてきました。

会社名        株式会社全日警
本社所在地      東京都中央区日本橋浜町1-1-12
代表者(役職・氏名) 代表取締役社長 片岡由文
創業         1966年10月8日
資本金        494百万円
売上高(単体)     39,169百万円(2018年度)
従業員数       単体5,249人
企業ホームページ   https://www.zennikkei.co.jp/


■Turing Video Inc.の概要
アメリカのサンフランシスコにて2017年創業の【AI x ロボティクス】ベンチャー。
Segwayベースの警備用ロボット“Nimbo”を開発し、北米、ブラジル、オーストラリア等に展開中。

会社名        Turing Video Inc.
本社所在地      San Mateo California
代表者(役職・氏名) Co-Foundeer & CEO Song Cao 
創業         2016年
従業員数       単体30名
企業ホームページ   https://web.turingvideo.com


■CBC株式会社の概要
化学品を中心に取り扱う商社として創業し、これまで「創造商社」として、90年以上の歴史をもち、人々の豊かな暮らしに欠かすことができない「健康」「安全」「利便性」を提供することを目的に、化学・樹脂・医薬分野から電子情報通信・光学機器・介護分野に至るまで、多様な事業を展開してきました。
昨今は商社機能だけではなく、医薬中間体を製造する工場や自動車部品・光学レンズ製造など自社工場を所有し、メーカービジネスにも力を入れています。
グループ企業全体の売上は国内外あわせて約2000億円となり、グループのネットワーク力、情報収集力、連携力を活かしながら、多彩な取り扱いアイテムと多様なビジネススタイルであらゆるニーズに対応しています。

会社名        CBC株式会社
本社所在地      東京都中央区月島2-15-13
代表者(役職・氏名) 代表取締役社長 圡井 宇太郎
創業         1925年1月20日
資本金        5,100百万円
売上高(単体)     142,939百万円(2018年)
従業員数       単体437名 、グループ全体2779名
企業ホームページ   http://www.cbc.co.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CBC株式会社 >
  3. シリコンバレー発!業界が抱える人手不足・労働問題の救世主となる“実用的”セキュリティロボットが誕生!巡回警備ロボット 『Nimbo』日本初上陸&先行リリース開始