プロ登山家・竹内洋岳が挑む❝#妄想エヴェレスト登山❞5月11日9時30分頃、植村直己さんと松浦輝夫さんが成し遂げた「エベレスト日本人初登頂」同日登頂に妄想で成功!

新型コロナウイルス感染症拡大で「エベレスト日本人初登頂50周年メモリアル登山」延期に伴い、お家で楽しめる「#妄想エヴェレスト登山」を日本初実況

日本人唯一の世界8000m峰14座完全登頂を達成したプロ登山家・竹内洋岳は、新型コロナウイルス感染症感染症拡大により、Stay Homeでも、これまでに無い、全く新しい形で登山を楽しんでいただけるコンテンツとして❝#妄想エヴェレスト登山❞を公式SNS上で開始し、日本人初登頂の日である本日5月11日(月)の9時30分頃に「妄想の中」でエベレスト登頂に成功しました。

日本人唯一の世界8000m峰14座完全登頂を達成したプロ登山家・竹内洋岳(所属:ハニーコミュニケーションズ)は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による緊急事態宣言が発令される中、Stay Homeでも、これまでに無い、全く新しい形で登山を楽しんでいただけるコンテンツとして2020年4月13日(月)より❝#妄想エヴェレスト登山❞をSNS上で開始し、日本人初登頂の日である本日、実際のエベレスト山頂付近の天気予報により登頂可能となったことで、サミットプッシュを行い5月11日(月)の日本時間午前9時30分頃(ネパール時間午前6時15分頃)に「妄想の中」でエベレスト登頂に成功しました。
※❝妄想エヴェレスト登山❞のエヴェレスト表記はハッシュタグ名となっています。

プロ登山家・竹内洋岳プロ登山家・竹内洋岳

 

エべレスト日本人初登頂の東南稜ルートエべレスト日本人初登頂の東南稜ルート


本来、竹内洋岳は、2020年という年が、冒険家の植村直己氏、登山家の松浦輝夫氏が日本人で初めて世界最高峰のエベレスト(8,848m)に登頂してから50年のゴールデンジュビリー、メモリアルイヤーであることを讃え、両氏がエベレスト登頂に成功した5月11日の同日登頂を目指す「エベレスト日本人初登頂50周年メモリアル登山プロジェクト」(https://honeycom.co.jp/hirotaka-takeuchi/everest50th/)を実施する予定でありましたが新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、止む無く本年の登頂は延期せざるを得なくなりました。

出発予定の直前まで、エベレスト登頂に向けて準備を進めていた竹内洋岳でしたが、日本でも徐々に新型コロナウイルス感染症が拡大し、ネパールでもロックダウンが延長される状況となり、リアルなエベレスト登頂は断念しつつも、1970年5月11日に植村直己氏と松浦輝夫氏がエべレスト登頂を果たし、日本人として初の偉業を達成したことを別の形で讃えられないかということ、また、外出自粛でStay Homeとなってしまったことでお家で過ごす方や、苦難のなか前線で戦っている方や、登山業界に関わる方々へも、何等かの形で楽しんでいただいたり、新たな登山の楽しみ方の1つのヒントにしていただければという思いで、SNS上で本人の実況のもとスタートしました。

この「#妄想エヴェレスト登山」は、過去の登山記録のトレースを行うトレース登山ではなく、竹内洋岳自身が実際のペースや様々な事象を想像し、行ってみたいルートや過去に行ってみて面白かった所などを含めた登山計画を実際に立て、その日程や工程を基に、どのような登り方をしていくかを想定し、その日その日の状況を想像しながら日々のアクションを自身のイメージでSNSを活用してレポートする方法で実施しています。今回は、実際の登山予定でもあった、4月13日(月)にネパールの首都・カトマンズに到着し、登山用具などのパッキング準備を始め、街の様子や食事など実際に本人が行ったであろうという設定で、過去に撮影した写真などを交えて、実況レポートを行っています。また、実際にネパールの僧侶(ラマ)へお願いをし、プジャ(お祈り)をロックダウン中の現地から日本へ向けて、リモートで実施して頂くなど、妄想の工程であっても、リアルが含まれたものになっています。

また、エベレスト登頂への登山ルートは、植村、松浦両氏がたどった南東稜ルートからとなっており、標高5,300mのベースキャンプからエベレスト山頂へと向かう竹内洋岳ですが、そこでのエピソードやアクシデントなどは、実際のエベレストの天候の状況などに合わせて実況しています。今回の”#妄想エヴェレスト登山”における天気予報は、実際に竹内洋岳が依頼をしている山岳気象予報士の猪熊隆之氏に協力を頂き、日々最新のエベレストの天気予報を見ながら登頂に向けた行動判断を行ってきました。この天気予報により実際に5月11日午前のエベレスト登頂が可能な天候状況となった事で、バーチャルではありますがサミットプッシュを行い登頂に成功する事が出来ました。この後も、ベースキャンプに戻るまで引き続き実況を行って参ります。

これらの模様は、facebook、twitterや特設サイトで公開されていきますので、引き続きお楽しみください。


■プロ登山家・竹内洋岳❝妄想エヴェレスト登山❞公開ページ

<主な投稿>

ベースキャンプの朝食ベースキャンプの朝食

キャンプテント内部キャンプテント内部

7300m地点に向かう竹内洋岳7300m地点に向かう竹内洋岳

■株式会社ハニーコミュニケーションズ会社概要
会社名:株式会社ハニーコミュニケーションズ
本 社:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目21-6 プラザF1ビル4F
代 表:代表取締役社長 戸田 知礼
資本金:6,000,000円
H   P:https://honeycom.co.jp/
設 立:2018年9月
事 業:・企業、各種団体、個人の広報コンサルティング及び代行業務
    ・ブランディング及びマーケティングコミュニケーション業務に関する企画、制作、管理、運営、販売及
     びプロデュース事業
    ・広告企画・制作・管理・販売・購買等に関する事業
    ・ウェブコンテンツ及びシステムの企画、制作、管理、運営、販売及びプロデュース事業
    ・セールスプロモション(SP)、販売促進企画、管理、運営業務
    ・イベント企画・制作・運営・管理業務
    ・ノベルティ企画・制作・販売業務
    ・各種映像制作・写真撮影業務
    ・アスリート・文化人のマネジメント業務

<参考資料>                    


竹内洋岳(タケウチ ヒロタカ)
プロ登山家(所属:ハニーコミュニケーションズ)
日本人唯一の世界8000m峰14座完全登頂者
立正大学客員教授

公式サイトURL:https://honeycom.co.jp/hirotaka-takeuchi/

1971年(昭和46年)生まれ
東京都出身
身長180㎝ 体重65kg


主な受賞歴
・2013年「文部科学大臣顕彰 スポーツ功労者顕彰」受賞
・第17回「植村直己冒険賞」受賞
・第15回「秩父宮記念山岳賞」受賞

8000m峰14座登頂の軌跡
1995年  1座目   マカルー(8463m)遠征隊に参加し8000m峰初登頂を成功
1996年  2座目   エべレスト(8848m)登頂成功
    3座目   K2(8611m)の登頂成功
2001年  4座目   ナンガパルバット(8126m)登頂成功 ※
2004年  5座目   アンナプルナ(8091m)登頂成功 ※
            6座目   ガッシャブルムⅠ峰(8068m)登頂成功 ※
2005年  7座目   シシャパンマ(8027m)登頂成功 ※
2006年  8座目   カンチェンジュンガ(8586m)登頂成功 ※
2007年  9座目   マナスル(8163m)登頂成功 ※
2008年  10座目   ガッシャブルムⅡ峰(8035m)登頂成功 ※
            11座目   ブロードピーク(8051m)登頂成功 ※
2009年  12座目  ローツェ(8516m)登頂成功 ※
2011年  13座目   チョ・オユー(8201m)登頂成功 ※
2012年  14座目   ダウラギリ(8167m)登頂成功 ※            ※無酸素登頂

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハニーコミュニケーションズ >
  3. プロ登山家・竹内洋岳が挑む❝#妄想エヴェレスト登山❞5月11日9時30分頃、植村直己さんと松浦輝夫さんが成し遂げた「エベレスト日本人初登頂」同日登頂に妄想で成功!