グローバルブランドキャンペーン『もっと楽しいフィリピン』“食”をテーマに加えた新キャンペーンを展開

~同国のトップファーストフードチェーンJollibeeとパートナーシップを提携~

フィリピン政府観光省(正式英語団体名:Republic of the Philippines, Department of Tourism、以下DOT)は、2019年9月よりグローバルブランドキャンペーン『もっと楽しいフィリピン(It’s more fun in the Philippines)』において、食をテーマにした新しいキャンペーンの展開を発表しました。

 

DOTはフィリピンのトップファーストフードチェーンであるJollibeeとのパートナーシップ提携により、観光促進キャンペーンである「もっと楽しいフィリピン(It’s more fun in the Philippines)」の刷新を図ります。DOTは、クリスピーチキン「チキンジョイ(Chickenjoy)」で世界的に有名なJollibeeとの提携による「食べよう。もっと楽しいフィリピン(Eats. More Fun in the Philippines)」キャンペーンを通じて、世界中の食通や観光客の皆様にフィリピンへお越しいただき、ユニークなフィリピン料理を楽しんでいただくことを提案しています。 

「これはフィリピンの食を紹介する絶好の機会だと感じています。また同様の考えを、国を代表するファーストフードチェーンであるJollibeeと共有できて嬉しく思います。このキャンペーンを通じて、私たちの国が世界中の旅行者にとって最高の食事を楽しむための場所となるよう、ユニークなフィリピン料理にスポットライトをあててきます。このような政府によるパートナーシップを通じた民間部門の支援は、観光促進の大きな後押しとなります。 DOTとJollibeeのパートナーシップ提携により、多彩な料理とユニークな方法で世界中の人々にフィリピンの文化を体験してもらいたいと考えています。」(フィリピン政府観光省ベルナデット・ロムロ・プヤット大臣のコメント) 

キャンペーンのイメージ動画は、以下からご覧いただけます。
「食べよう。もっと楽しいフィリピン」キャンペーン イメージ動画
https://www.youtube.com/watch?v=ThDUeAJFidU

2018年、フィリピンへの海外旅行者数は720万人を超え、過去最高記録となりました。日本は、韓国、中国、米国に次ぎ第4位のマーケットとして、フィリピンを訪れた渡航者は、2016年には53万人、2017年には58万人、2018年には、63万人と好調に推移しています。日本からは、羽田、成田、大阪、名古屋、福岡、札幌からマニラ、セブ、クラーク間において直行便が運航しています。

フィリピン政府観光省では、消費者をターゲットとしたフィリピンの有する観光素材や魅力をお得なツアー情報やアクセス至便な予約サイトと連動した、日本市場に向けた観光喚起に繋がる施策を今後も実施してまいります。

フィリピン政府観光省 公式サイト: http://www.mottotanoshiiphilippines.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フィリピン政府観光省 >
  3. グローバルブランドキャンペーン『もっと楽しいフィリピン』“食”をテーマに加えた新キャンペーンを展開