「週刊文春」完売号のスクープ記事を全文無料公開 森友自殺職員の遺書公開「買えなかった」「読めなかった」の声に応えて

  株式会社文藝春秋(本社:東京都千代田区、中部嘉人社長)は、完売となった「週刊文春」3月26日号の記事、「妻は佐川元理財局長と国を提訴へ 森友自殺<財務省>職員遺書全文公開 『すべて佐川局長の指示です』」を文春オンラインで全文公開します。
 3月18日の発売直後から大きな反響を呼び、2017年7月13日号以来の「完売」となったため、「買えなかった」「読めなかった」という声が数多く寄せられていました。
 当該記事は、『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』の著者である相澤冬樹さんのスクープです。



加藤晃彦編集長のコメント
「週刊文春」3月26日号は、おかげさまで完売となりましたが、「買えない」との電話を多数頂き、編集部として心苦しく思っております。そこで、相澤冬樹さん(大阪日日新聞記者)が執筆された「森友自殺 財務省職員 遺書全文公開」と赤木俊夫さんが遺された「手記」の合計12ページを、文春オンラインで無料で全文公開させていただくことといたしました。
発売中のメイン記事を無料で全文公開するのは、初めてのことです。完売により、記事を読みたい方が「週刊文春」を入手できない状況にあること、また赤木さんの遺された言葉をできるだけ多くの方に読んでいただきたいとの思いから、著者の相澤さんに全文公開を提案したところ、ご快諾をいただきました。
真面目な公務員だった赤木さんに何が起きたのか。ご遺族はなぜ「遺書」を、相澤さんに託したのか。ぜひ、多くの方に読んでいただきたいと思います。
また、「週刊文春」4月2日号では、相澤氏による続報「検察が握り潰した極秘ファイル 森友財務省担当上司の『告白』 『8億円値引きに問題がある』」を掲載いたします。
 

 

「週刊文春」3月26日号「週刊文春」3月26日号

(3月18日発売)より
妻は佐川元理財局長と国を提訴へ 森友自殺<財務省>職員遺書全文公開 「すべて佐川局長の指示です」

「すべて佐川局長の指示です」――森友問題で自殺した財務省職員が遺した改ざんの経緯【森友スクープ全文公開#1】
https://bunshun.jp/articles/-/36818

「まさに生き地獄」――55歳の春を迎えることなく命を絶った財務省職員の苦悩【森友スクープ全文公開#2】
https://bunshun.jp/articles/-/36819

「トシくんは亡くなって、財務局は救われた。それっておかしくありませんか?」財務省職員の妻が提訴した理由【森友スクープ全文公開#3】
https://bunshun.jp/articles/-/36820

自殺した財務省職員・赤木俊夫氏が遺した「手記」全文【森友スクープ全文公開#4】
https://bunshun.jp/articles/-/36821

 

「週刊文春」4月2日号「週刊文春」4月2日号

(3月26日発売)より
「8億円値引きは問題だった」森友事件 売買担当者が赤木さん妻に告白していた
https://bunshun.jp/articles/-/36823
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社文藝春秋 >
  3. 「週刊文春」完売号のスクープ記事を全文無料公開 森友自殺職員の遺書公開「買えなかった」「読めなかった」の声に応えて