日本初、Bassetとニチガスが商用ブロックチェーン向け不正検知システムを共同開発

エネルギー事業分野のブロックチェーン活用における技術革新

株式会社Bassetは、日本瓦斯株式会社が開発するX-Roadとブロックチェーンを組み合わせた日本初の商用サービス「ニチガスサーチ」に対し、不正検知機構の技術提供をいたしました。今後Bassetの技術は、本サービスがエネルギー事業に向けて広く提供されていく際、安全な運用を支えてまいります。
日本瓦斯株式会社 (代表取締役社長: 和田 眞治) は、エストニアで開発された X-Road と暗号資産に用いられるブロックチェーン技術を組み合わせたサービスを日本で初めて商用化する取り組みを行っています。このサービスは、お客さまの情報検索や受付業務を統合的に管理することを目的として、昨年より社内で実運用が開始され、現在まで高度な情報セキュリティを維持しながらコールセンター業務のワンストップ化を実現してきました。
 

今回、株式会社 Basset は日本瓦斯株式会社と共同で、本サービスに組み込まれる形で用いられる不正検知システムを開発いたしました。このシステムは、改ざん不可能な状態でブロックチェーンに記録されたアクセス ログをリアルタイムで分析し、お客さま情報に関する莫大な量の記録から AI によって不正なアクティビティの兆候を事前に捉えることで、情報管理体制の安全をさらに高めるものとなります。本システムの開発にあたっては、Basset が持つブロックチェーン分析によるコンプライアンス技術が転用され、金融事業で用いられる不正検出エンジンと同等レベルのメカニズムが組み込まれました。
 

不正検知システム構成の概略図不正検知システム構成の概略図


今後、同社ではエネルギー業界における同時同量の課題の効率的解決、スマート メーター等の使用量計測 IoT デバイスからのデータ活用、および得られた情報に関するトレーサビリティおよび透明性の担保によるデータの民主化に取り組んでいくこととしており、Basset はそれを支えるエネルギーのトークン化や小売スマート コントラクトの開発、流通の最適化と安全な取引を支援する技術の開発を目指してまいります。

 

参考「ニチガスサーチ」イメージ参考「ニチガスサーチ」イメージ


【日本瓦斯株式会社について】
ガス事業を提供しながら、エネルギー業界におけるビッグデータ、IoT、AI など分野横断的なデジタル トランスフォーメーション (DX) を幅広く推進するため、日本を代表する先進的な取り組みを数々行っています。代表的なソリューションとして、クラウド基幹業務システム「雲の宇宙船」を開発。

関連プレスリリース


【株式会社Basset 会社概要】
暗号資産を始めとするブロックチェーンの分析技術を開発し、金融事業者を始めとした多業界におけるコンプライアンスを推進する RegTech 企業です。機械学習を適用し、データの流れを追跡して不正検出を行うアルゴリズムを開発しています。
社名:株式会社Basset(Basset Inc.)
代表:代表取締役CEO 竹井悠人
設立:2019年7月1日
事業:ブロックチェーン取引分析・監視ソリューションの開発・運用
URL:https://basset.ai/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Basset >
  3. 日本初、Bassetとニチガスが商用ブロックチェーン向け不正検知システムを共同開発