【大学生の本音調査 vol.2】”サマーインターンへ参加すればよかった”との回答が54%

コロナ禍における就活生の夏休みの過ごし方について22卒就活生へ聞きました

ハイクラス学生をメインターゲットとして就活支援を行う株式会社ウィビッド(本社:東京都渋谷区 代表取締役:相川絢 以下、ウィビッド)は、全国の2022年卒業予定(以下、22卒)の大学生・大学院生を対象に、夏休みの就職活動の過ごし方をテーマとした調査を実施したことをお知らせします。本調査は、コロナ禍における大学3年生または大学院1年生時の”夏休みの就職活動”の過ごし方を把握することで、次世代の就活生の過ごし方へ活かすことを目的としています。
※ハイクラス学生とは、難関大学に通う学生を指しています。

 

  • 調査結果まとめ
・難関大学に通う22卒学生の46%は、大学3年生または大学院1年生時の夏休みは”就職活動”に一番時間を費やしていた。
・回答者の半分以上が、「納得の行く就職活動を行うために夏休みにやっておけばよかったこと」は”サマーインターンへの参加”との回答
・オンライン選考が増えたことの利点として、”隙間時間で選考を受けられるようになったこと””遠方の企業でも選考を受けやすくなったこと”など、「選考の受けやすさ」が上位へ
・一方、オンライン選考による一番の欠点として、”一緒に働く人と直接会えずその会社イメージが湧かない””対面しないことにより相手の温度感が分からないこと”など、「どんな”人”と働くのか」という点への不安が上位へ
 
  • 調査結果詳細

■大学3年生または大学院1年生時の”夏休みの就職活動”について
・回答者全体の46%が、”夏休みは「就職活動」に一番時間を費やした”と回答(表1参照)

 

(表1)


・夏休みの「就職活動」の過ごし方は、「自分に興味関心がある業界・業種を知ること」に時間を費やしたという回答割合が一番高く、32%であった。(表2参照)
・一方で、就職活動において夏休みに必要だと感じていたことは、就職活動とは何かを知ることとの回答が全体の47%となり、実際の過ごし方とは異なる回答となった。(表3参照)

 

 

(表2)

 

 

(表3)

・納得のいく就職活動を行うために夏休みにやっておけばよかったことの回答割合が1番高かったのは、”サマーインターンへの参加”で54%(表4参照)
・2番目に高かったのは、”自己分析”で39%(表4参照)

 

 

(表4)


■新型コロナウイルスによる就職活動の変化
・インターン・本選考で一番多かった一次選考の実施方法は、”オンライン選考”との回答が100%(表5参照)

(表5)

・オンライン選考が増えたことで良かったことは、”隙間時間で選考を受けられるようになったこと”が39%、”遠方の企業でも選考を受けやすくなったこと”が37%(表6参照)
・一方、オンライン選考によって大変だったことは、”一緒に働く人と直接会ずその会社イメージが湧かないこと”で36%(表7参照)

 

 

 

(表6)

 

(表7)

 
  • 調査結果考察
大学3年生または大学院1年生の夏休みにおける就職活動は、「まず就職活動とは何か」を知ることが重要だと考えていた22卒学生の回答割合が高かったにも関わらず、納得のいく就活のためには「サマーインターンへ参加するべきだ」という回答割合が上回ったことから、初期段階で就職活動への知識を身につけることを意識しすぎず、実際にサマーインターンへ参加するなど足を動かすことが大切だったという意見が多いことが分かった。
また、コロナ禍でオンライン選考となったことにより、遠方の企業でも選考を受けやすくなったことや隙間時間で選考を受けられるようになったなど、”時間が確保されたことによる選考の受けやすさ”へのメリットを感じている22卒学生が一番多かった。

一方で、オンライン選考のデメリットとしては、相手の温度感が分からないことや働くイメージが湧かないことなど、”オンラインによるコミュニケーションの図りにくさ”を課題に感じている22卒学生が多いことが分かった。今後もコロナ禍における就職活動が継続されることが予想されるため、ミスマッチが少ない就職を促すためにもオンラインにおけるコミュニケーションについて企業側にも工夫が期待されると考える。

 
  • 調査概要
調査期間 :2021年7月10日(土)〜7月21日(水)
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :ハイクラス学生
調査地域 :全国
本アンケート有効回答者数:107名(2022年卒業予定学生59名、2023卒学生予定学生48名)

■株式会社ウィビッドについて
ウィビッドは「私が " 最高の私 " で、いられる世界を。」とのミッションのもと、新卒採用コンサルティング、新卒人材紹介、ハイクラスな学生に向けたキャリア支援をおこなっている会社です。毎年、3000名もの学生へのキャリア支援の実績があり、そのうち75%が旧帝大早慶以上、99%がMARCH・APU・関関同立の学生に利用いただいています。

■会社概要
会社名 :株式会社ウィビッド(英文名 Wivid Inc.)
所在地 :東京都渋谷区恵比寿西 1丁目33-6 JP noie 恵比寿西210
代表者 :代表取締役 相川 絢
事業概要:新卒採用コンサルティング、新卒人材紹介、ハイクラスな学生に向けたキャリア支援
HPサイト:https://wivid.co.jp
住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西 1丁目33-6 JP noie 恵比寿西210

【本件及びウィビッドに関する問い合わせはこちら】
株式会社ウィビッド
担当:大槻
電話:090-4991-9443
メールアドレス:shuya_otsuki@wivid.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウィビッド >
  3. 【大学生の本音調査 vol.2】”サマーインターンへ参加すればよかった”との回答が54%