東京フィルハーモニー交響楽団が、黒柳徹子の司会で毎年8月15日に開催する「ハートフルコンサート2021」のチケットを5月29日より最優先販売開始

東京フィルハーモニー交響楽団が毎年8月15日に開催、ユニセフ親善大使・黒柳徹子のお話と名曲で人気を博している「ハートフルコンサート」。2021年は歌手の由紀さおりさんをゲストに迎えて開催します

 平素は公益財団法⼈ 東京フィルハーモニー交響楽団(理事⻑:三⽊⾕浩史/東京都新宿区)(以下、東京フィル)の活動に格別のご理解とご⾼配を賜り、誠にありがとうございます。

 東京フィルは、2021年8月15日(日)に、女優・ユニセフ親善大使・東京フィル副理事長の黒柳徹子の司会のもとで毎年恒例の「ハートフル コンサート」を開催いたします。チケットは、5月29日(土)から順次発売開始いたします。


 東京フィルの「ハートフル コンサート」は、黒柳徹子のお話とともに毎年8月15日の終戦記念日に開催を続けています。1990年にシリーズスタート、31年めを迎えた今年は歌手の由紀さおりさんをゲストに迎え、東京フィル桂冠指揮者・尾高忠明とともにお届けいたします。

 ユニセフ親善大使として37年前から発展途上国や紛争地域で活動し「世界の子どもの貧困をなくしたい」と語る黒柳。第二次世界大戦中に子ども時代を過ごした黒柳にとって、終戦記念日である8月15日は特別な日です。
 テレビ放送の黎明期から現在にいたるまでお茶の間の人気者として精力的に活動する黒柳と、特別ゲストの歌手・由紀さおりさん、そして日本を代表するマエストロ・尾高忠明とともに、世界の平和に思いを馳せるひとときをお届けいたします。

※今般の新型コロナウイルス感染症の感染状況に鑑み、開催にあたっては国および自治体による指針に基づき、できうる限りの感染対策を講じて開催いたします。今後、国や自治体などの要請により変更が生じる場合には、東京フィルのウェブサイト、SNS等でお知らせいたします。
 
  • ハートフルコンサート2021 公演概要
◎日時・会場
2021年8月15日(日)14:00開演(13:00開場) 東京芸術劇場 コンサートホール

◎出演
お話:黒柳徹子(女優・ユニセフ親善大使・東京フィル副理事長)
ゲスト:由紀さおり
指揮:尾高忠明(東京フィル 桂冠指揮者)
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

◎曲目
ドヴォルザーク(南安雄・編)/わが母の教えたまいし歌
いずみたく/夜明けのスキャット
ドヴォルザーク/交響曲第9番『新世界より』  ほか

◎料金(税込)
定価 S席¥6,200 A席¥5,100 B席¥4,100 C席¥3,600 車椅子席¥3,100
※東京フィルフレンズ会員は定価より1割引/優先発売対象

◎東京フィルフレンズ会員について
https://www.tpo.or.jp/tickets/friends.php

◎発売日
最優先(賛助会員・定期会員)5月29日(土)10時~
優先(東京フィルフレンズ)/WEB優先 6月5日(土)10時~
(WEB優先販売は6月14日(月)23:59まで)
一般 6月15日(火)10時~

◎問合せ
東京フィルチケットサービス03-5353-9522(平日10:00-18:00 土日祝休/発売日の土曜日は10:00-16:00)
東京フィルWEBチケットサービス https://www.tpo.or.jp/
 
  • 出演者について
黒柳徹子 お話

黒柳徹子(東京フィル副理事長)黒柳徹子(東京フィル副理事長)

 東京・乃木坂に生まれる。父はヴァイオリニスト、NHK交響楽団のコンサートマスター。日本 で初めてのトーク番組『徹子の部屋』は46年目をむかえる。著作『窓ぎわのトットちゃん』は 800万部というベストセラーの日本記録を達成。アメリカ、イギリスなどの英語圏、ドイツ、ロ シア、中国語圏、アラビア語圏など、35以上の言語に翻訳される。日本語版の印税で社会 福祉法人トット基金を設立。ユニセフ(国連児童基金)親善大使としてアフリカ、アジアなど を訪問。メディアを通して、その現状報告と募金活動などに従事。東京フィルハーモニー交 響楽団副理事長。文化功労者。
Instagram https://www.instagram.com/tetsukokuroyanagi/


由紀さおり ゲスト

 

由紀さおりさん由紀さおりさん

 1969年「夜明けのスキャット」でデビュー。1983年、映画「家族ゲーム」で毎日映画コン クールの女優助演賞受賞。1986年より姉、安田祥子と美しい日本の歌を次世代に歌い継 ぎたいと活動を続けている。2011年アメリカのジャズオーケストラPink Martiniとアルバム「1969」をリリース。世界的なヒットとなる。2012年 紫綬褒章受章。2019年 旭日小綬章受章。2021年2月、観世能楽堂(東京)にて、由紀さおり特別公演「夢の花-蔦代という女-」 を再演。6月11日に、初主演映画「ブルーヘブンを君に」公開予定。「由紀さおりコン サート“感謝”」全国ツアー中。


尾高忠明 指揮

 

尾高忠明 (C)Martin Richardson尾高忠明 (C)Martin Richardson

 東京フィル桂冠指揮者。現在NHK響正指揮者、大阪フィル音楽監督、BBCウェールズ・ ナショナル管桂冠指揮者、札幌響名誉音楽監督、読売日響名誉客演指揮者、紀尾井 ホール室内管弦楽団桂冠名誉指揮者を務める世界的指揮者。1991年度サントリー音楽 賞受賞。1997年英国エリザベス女王より大英勲章CBEを、1999年には英国エルガー協 会より日本人初のエルガー・メダルを授与された。2012年有馬賞(NHK交響楽団)、 2014年北海道文化賞、2018年度関西音楽クリティック・クラブ賞本賞、大阪文化祭賞、 日本放送協会放送文化賞、2019年第49回JXTG音楽賞洋楽部門本賞を受賞。


東京フィルハーモニー交響楽団 管弦楽

東京フィルハーモニー交響楽団 (C)上野隆文東京フィルハーモニー交響楽団 (C)上野隆文

 1911年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティコンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『名曲アルバム』『NHKニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏の他、2020年にはドキュメンタリー番組『情熱大陸』や『NHK紅白歌合戦』にも出演。また、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
 海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
 1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

◇東京フィルへのご支援をお願いいたします。◇
https://www.tpo.or.jp/support/support.php

東京フィル ウェブサイト&SNS
Homepage http://www.tpo.or.jp/
Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
Twitter https://twitter.com/tpo1911
instagram https://www.instagram.com/tokyophilharmonicorchestra/
 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京フィルハーモニー交響楽団 >
  3. 東京フィルハーモニー交響楽団が、黒柳徹子の司会で毎年8月15日に開催する「ハートフルコンサート2021」のチケットを5月29日より最優先販売開始